ホーム > >

Perlの紹介

Perlは機能豊富なコンピュータープログラミング言語であり、100個以上のコンピュータープラットフォームで実行され、メインフレームからポータブルデバイスまで、ラピッドプロトタイピングから大規模でスケーラブルな開発まで広く適用できます。

Perl言語の応用範囲は広くて、CGI以外、グラフィックプログラミング、システム管理、ネットワークプログラミング、金融、生物学、およびその他の分野で使用されます。 その柔軟性に対して、Perlはスクリプト言語のスイスアーミーナイフと呼ばれます。

Perlとは何ですか?

Perlは、Larry Wallによって設計され、限無しに更新および維持されているプログラミング言語です。

Perlには、高級な言語(Cなど)の強い機能と柔軟性があります。 実際には、ご覧のとおり、多くの機能はC言語から借用されています。

Perlはスクリプト言語と同じです。Perlはコードを実行するため、コンパイラーとリンカを必要としません。やるべきのはプログラムを書いて、Perlにそれを実行するように指示すればいいです。 つまり、Perlは、プログラミングの小さい問題に対する迅速な解決策や、大きなイベントに原型を作成して、潜在的な解決策をテストするのは理想的なことです。

Perlは、スクリプト言語のすべての機能(sedやawkなど)を提供しますが、それ以外の機能も備えています。 Perlは、sedからPerlおよびawkからPerlのトランスレータもサポートしています。

要するに、PerlはCのように強くて、awkやsedなどのスクリプト言語のように便利です。

Perlのメリット

  • CやPascalなどの「高級な」言語と比較して、Perlは、汎用変数、動的配列、ハッシュテーブルなどのより便利なプログラミング要素を直接提供します。
  • Perlは動的言語の柔軟な特性を備えており、C/C++、Basic、Pascalなどの言語から文法規則を借用して、多くの冗長な文法を提供します。
  • Perlは、変数の型の統合、操作の詳細を隠すという点で、他の高級言語(Pythonなど)より良いです。
  • 他の言語から多くの文法を借用した結果、他のプログラミング言語からPerlに切り替える編集者は、プログラムをすばやく作成してタスクを完了することができます。これより、Perlは使いやすい言語になります。
  • Perlは拡張可能です。中央倉庫であるCPAN(”the Comprehensive Perl Archive Network”包括的なPerlアーカイブネットワーク)を通じて、必要な多くのモジュールを見つけることができます。
  • Perlのmod_perlモジュールはApache webサーバーでPerlインタープリタを使用することが許可します。

Perlの欠点

Perlプログラムは非常に自由に書くことができるので(たとえば、変数は宣言なしで書くことができます)、Perlの柔軟性と過剰な冗長構文が(write-only)という評価を取得しました。ただし、書き込む文字数を減らすと、(エラーを報告せずに)予期しない結果が生じる可能性があります。多くのPerlプログラムのコードは読みにくいです。同じ機能を実現するプログラムのコードの長さは、10倍または100倍異なる可能性があるため、維持することが難しいです。

同様に、Perlの特徴は一部のPerlプログラマーが構文を忘れてしまうことに導くかもしれません。その結果、Perl説明を頻繁にチェックする必要があります。

推奨される解決策は、プログラムでuse strict;とwarnings;を使用し、コードの使い方を統一して、「ハードコーディング」を使用する代わりにライブラリを使用します。 Perlは、PythonやRubyなどの言語のようにコードをよく書けます。

多くの場合、perl.exeプロセスは多くのメモリを占有します。一時であるが、感じ悪いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です