Pdfに書き込みが必要な場合、印刷してから手書きにせず、 pdfにデジタル署名をすることはより簡単

私たちの日常生活では、登録用紙や申込書など、たくさんの用紙に記入する必要があります。 皆の時間を節約するために、多くの組織が公式ウェブサイトでオンラインダウンロード用のフォームを提供するようになりました。その後、フォームに記入してこれらの組織に送信するだけで済みます。 これまで、多くの組織から提供されていたダウンロードファイルはword形式でしたが、Microsoft Officeソフトウェアがインストールされていれば、簡単に書き込みできます。 ただし、大抵重要な申請書、特に正式な文書は、pdf形式でダウンロードされることが多いです。 pdfには、wordに比べて次のメリットがあるためです。

PDFはクロスプラットフォームに最適です。 基本的に、使用しているシステムやデバイスに関係なく、PDF形式がサポートされています。

PDFは各システムやアプリにおいても一致性が優れているため、表示、印刷には基本的に同じスタイルを実現できます。

サイズがより小さいため、伝送に適しています。

訂正することは複雑で、誤った変更や訂正によるコンテンツのエラーはほとんどありません。

このため、PDFは重要な文書や申請書の一番の選択肢になりました。 しかし、修正が容易ではないためでもあり、多くの場合、申請者は文書をそのまま印刷し、手動で署名し、郵送することしかできません。 手間や時間がかかり、郵送による書類の紛失リスクもあります。 PDFファイルの内容を直接に書き込みできますか? 実際、PDFの編集は思っているほど面倒ではありません。ここで、PDFを書き込みする方法をいくつか紹介します。これらの方法は基本的に無料です。

まずはPDF業界のリーダーAdobe Acrobat DC

新しいバージョンのAcrobatDCは、インターフェイスを再設計し、よりモダン的で、複数のプラットフォーム(Windows、Mac OS、iOS、Android)のインターフェイススタイルが統一されているため、プラットフォーム間での使用がより容易になります。

PDFの書き込みに焦点を当てるまず、Acrobat DCを開いてから、インターフェースの右側にある「ファイルを開く」をクリックして、書き込みしたいPDFファイルを開きます。

PDFインターフェースを開く

下の図が示すように、Edit PDFをクリックし、書き込み状態に入ります。

PDFインターフェースを書き込みする
  • 段落、テキスト段落、画像を自動的に認識し、ボックスで選択して表示します。 テキストの内容を変更するには、任意のボックスをクリックします。
  • 上部の[テキストを追加] / [画像の追加]機能を使用して、ページの任意の場所に新しいテキストと画像を追加できます。
  • ツールバーの右側で、選択したテキストと画像の形式と位置を調整できます。

まとめ:基本的には一般的な修正が可能で、修正効果は非常に良いです。 ただし、いくつかの欠点もあります。たとえば、テキストを追加または削除することが多い場合、複数のボックスのレイアウトは編集に対して不便です。

「オンラインPDF書き込みツール」を使用する

この方法が最も便利で最速の方法だと思います。オンラインのPDF書き込みツール「Sejda」を使用して、書き込み後にコンピューターにダウンロードするだけです。 まず、SejdaのWebサイトを開き、中央の[PDFファイルをアップロード]をクリックして、書き込みするPDFファイルをアップロードしてください。

クリックしてSejdaのWebサイトを開く

次に、ここで写真の挿入や電子署名の書き込みなど、直接テキストを書き込みできます。終了したら下部にある[変更を適用する]をクリックします。

さらに、「ダウンロード」をクリックして、書き込みしたPDFファイルをコンピューターにダウンロードします。

Googleドライブで開く

「Googleドライブ」を使用している場合は、この方法を検討してください。 PDFをクラウドドライブにアップロードしてファイルを開き、上部にある[アプリで開く]をクリックして、[LuminPDF]を選択します。

Lumin PDFを使用する前に、まずアカウントを接続する必要があるため、中央の[Googleドライブに接続]をクリックしてください。

接続が完了したら、PDFを再度開き、「LuminPDF」を選択します。

そして、PDFをオンラインで書き込みできます。ページを書き込みしたり、テキストを追加したり、写真や電子署名を挿入したりできます。

PDFからWordへ

4番目の方法は、オンラインツールを使用してPDFをWordファイルに変換して書き込みし、PDFファイルにエクスポートすることです。

PDFをWordで直接に開けばよいのではないでしょうかと思うかもしれません。 実際には可能ですが、著者自身の経験によれば、コードが文字化けすることがよくあります(もちろん試してみることができます)ので、書き込みする前にWordに切り替えることをお勧めします。

クリックして、PDFからWordへオンラインツールを開く

まず、オンラインツールを開き、PDFからWordへ変換の項目を見つけて、「PDFをWORDに変換」をクリックします。

次の画面で、「ファイルを選択」をクリックします。

そして、「出力フォーマット」を選択してから、下の「変換開始」ボタンをクリックします。

次のページで保存ファイルをクリックして、ファイルをパソコンに保存されます。

そしたら、Wordファイルを書き込みできます。編集が終了後、[ファイル]> [名前を付けて保存]をクリックし、ファイル形式を[PDF]に変更して、PDFファイルとして使えるようになります。

Adobe iIllustratorでPDFを開く

Adobe Illustratorソフトウェアを使用している場合、PDFファイルをAIに直接ドロップして開くことができます。 ページを開くときにすべてのページをインポートするか、ページ数範囲をカスタマイズで選択できます。

PDFをインポートした後、「テキストの追加」または「画像の追加」を使用して、必要なコンテンツを挿入できます。

編集後、「ファイル」>「名前を付けて保存」をクリックし、フォーマットを「Adobe PDF」に変更して完成です。

デジタル署名する方法

もちろん、このPDFの書き込み方法にも問題があります。誰でもPDFを書き込みして送信できますが、この申請書が確実にあなたが送信したものであると確認するにはどうすればよいのでしょうか。 それでも印刷してから手動で署名しますか? 実際、PDFはすでにデジタル署名をサポートしていて、安全です。

従来の手書きの署名と同様に、デジタル署名は、署名されたドキュメント内の署名者の身元の信憑性を検証する必要があります。 PDFドキュメントにデジタル署名するには、次の2点を確認する必要があります。1つは、ドキュメントが確かに署名者によって署名されていること、もう1つは、ドキュメントが署名されてから受信されるまでコンテンツが変更されていないことです。 文書署名証明書は、署名者の本当の身元を確認できるだけでなく、電子文書の完全性と信頼性を保証することもできます。 次は、文書署名証明書を申請した後、PDF文書にデジタル署名する方法です。 一般に、次の3つのステップに分けることができます。

  • safenetドライバーをダウンロードして、インストールする
  • Adobe Acrobatをインストールする
  • PDFファイルにデジタル署名

例として、Sectigoドキュメント署名証明書の書き込みを取り上げます。

1、SafeNetドライバーをダウンロードしてインストールし、Ukeyをアクティブ化します。

Ukeyを使用してドキュメントにデジタル署名する前に、SafeNetドライバーをダウンロードしてインストールする必要があります。

SafeNetAuthenticationClient-x64-10.3.msiをダウンロードしてインストールしてください。このファイルは、Windows64ビットシステムに適用できます。

プロンプトに従ってSafeNetドライバーのインストールを完了し、Ukeyトークンをアクティブ化します。 他のWindows、MAC、Linux、およびその他のシステムの場合は、次のアドレスからダウンロードできます。

https://support.sectigo.com/Com_KnowledgeDetailPage?Id=kA01N000000zFLx

2、Adobe Acrobatソフトウェアをダウンロードしてインストールする。

個人のドキュメント署名と企業のドキュメント署名の両方がAdobePDF形式の署名をサポートしています。ここで、Adobe PDFドキュメントのデジタル署名をご紹介します。 まず、Adobe Acrobatソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください。 インストールが正常に完了したら、次のようなページが開かれます。

3、PDF文書にデジタル署名する

3.1、上記の2つの手順を完了したら、Adobe Acrobatソフトウェアで署名する必要のあるドキュメントを開き、Ukeyをコンピューターデバイスに挿入し、パスワードを入力します(パスワードは、CAが証明書を発行した後に電子メールで送信されます)。 下図が示したようになります。

3.2、右側のメニューの[ツール]の下にある[証明書]アイコンをクリックし、[デジタル署名]をクリックしてから、マウスを使用して、ために署名する場所をクリックして範囲を選択します。

ポップアップダイアログボックスで、使用する証明書の署名を選択します(コンピューターに複数の証明書がある場合)。そして、パスワードを入力して続行をクリックします。

パソコンに一枚の証明書しかない場合は、次の図のように表示され、続行をクリックしてください。

次に、左下にパスワードを入力して、署名をクリックします。

最後に、保存して、ファイルの上部に「証明済みであり、すべての署名が有効です」と青く表示されると、ファイルが署名されていることになります。

注意点:ダイアログボックスで、証明書の詳細を確認する場合は、[証明書の詳細を表示]をクリックして表示します。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です