25 September, 2020

フォルダのパスワードを設定する方法

一部の重要なファイルまたはプライベートファイルがコンピューターに保存されています。これらのファイルを他人に見られたくないです。 一番の方法はこれらのファイルを暗号化することです。ここで、フォルダにパスワードを設定する方法教えたいします。

方法1

1、Win+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、explorer.exeを入力して、OKをクリックします。

2、暗号化するファイルまたはフォルダを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

3、 [全般]タブで、[詳細設定]をクリックします。 [内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]チェックボックスをオンにします。

注意事項

1、暗号化できるのはNTFSパーティションのファイルとフォルダーのみであり、FATパーティション上のファイルとフォルダーは無効であることに注意してください。 圧縮ファイルまたはフォルダーは暗号化することもできます。 圧縮されたファイルまたはフォルダーを暗号化する場合は、ファイルまたはフォルダーが解凍されます。

2、「システム」としてマークされたファイルは暗号化できません。また、systemrootディレクトリにあるファイルも暗号化できません。3.フォルダを暗号化するとき、システムはそのサブフォルダを同時に暗号化するかどうかを尋ねます。 [はい]を選択すると、そのサブフォルダーも暗号化され、その後フォルダーに追加されたすべてのファイルとサブフォルダーは、ファイルの追加時または圧縮時に自動的に暗号化されます。

方法2

1、暗号化する場所で、新しいフォルダを作成します。たとえば、Dドライブの中に123フォルダを作成します(名前は関係ありません)。

2、暗号化されたファイル(バッチファイル)をダウンロードし、フォルダ123にコピーします。

3、解凍後、ダウンロードしたファイルlocker.batを右クリックし、「編集」(開くではない)を選択し、「ここでパスワードを変更しました」という行を見つけ、これらの単語を削除して、自分のパスワードに変更します 。たとえば、123456。この行のコードは、if NOT %pass%== 123456 goto FAIL保存ファイルです。

4、locker.batをダブルクリックすると、123フォルダーの下にPrivatedeフォルダーが表示されますこのフォルダーは暗号化されたフォルダーであり、非表示にするすべてのファイルがここに配置できます。

5、再度locker.batをダブルクリックすると、このフォルダをロックするかどうか尋ねられます。Yと入力してEnterキーを押してください。 その後、Privateフォルダが消えました。 このフォルダを開く場合は、locker.batをダブルクリックし、設定したパスワード(123456)を入力すれば、そのフォルダが表示されます。

方法3

1、開けないフォルダを作成します。win+Rキーを押して、cmdを入力してOKをクリックします。

2、次の画面で作成するディレクトリの場所に入りします。例えば:cd / de:\ Program Filesなど

3、mkdir newfolder .. \のように、名前が「.. \」で終わるフォルダを作成します。

4、この時点で、PCを開いてe:\ Program Filesフォルダーに入ると、「newfolder。」という名前のフォルダーが見つかりますが、開くことも削除することもできません。 フォルダーの内容を確認する場合、またはファイルを書き込む場合は、cmdの下で操作を続行します。

5、cmdを開き、例えばcd / d “e:\ Program Files”と入力してディレクトリに入ります。

6、このフォルダーde8dot3の短いファイル名、dir / xを確認します。

7、「newfolder」の前に「NEWFOL〜1」のような名前が見つかります。 cd newfol〜1と入力してこのディレクトリに移動し、copy、move、mkdirなどのコマンドを使用して、ファイルのコピー、ファイルの移動、新しいフォルダーの作成などを行うことができます。cmdコマンドがわからない場合は、 「start explorer newfolder..\」コマンドを実行してこのフォルダを開きます。通常のフォルダ操作と同じように、そこに物を置くことができます。

方法4

現在、使用している圧縮ツールは主にwinrar、winzip、7-zipなどです。これらのツールはすべて暗号化機能を備えています。 ファイルが多すぎず、ファイルが大きすぎない場合は、圧縮ツールで圧縮して暗号化することをお勧めします。また、ウイルスによる損傷を防ぐこともできます。 ファイルサイズが大きすぎると、圧縮と解凍に時間がかかりすぎると、手間がかかります。

ここでは、7-zipを使用してファイルを暗号化する操作について簡単に説明します。rarなどについては、基本的に同じです。

1、暗号化するファイルまたはフォルダーを選択し、右クリックして7-zipを選択し、圧縮アーカイブに追加します。

2、ファイルに名前を付け、形式として7zまたはzipを選択します。

3、圧縮レベルは「最速圧縮」を選択してください。

4、他のオプションのデフォルトを使用し、[暗号化]にパスワードを入力して、[ファイル名を暗号化する]を選択します。形式がzipの場合、[ファイル名を暗号化する]が選択できません。圧縮フォルダ 中にあるファイルが確認できますが、ファイルを開いたり解凍したりすることはできません。次に[OK]をクリックします。

方法5:暗号化ツールで暗号化する。

現在、パスワードを使用したり、偽装方法を使用したり、ファイルを暗号化するツールは数多くあります。Google「暗号化ソフトウェア」を検索すると、そのようなツールが沢山見つかります。

方法6:究極の暗号化方法ーNTFS暗号化

あなたのパーティションがNTFSパーティションでない場合は、次のコマンドを使用してNTFSパーティションに変換してください。

convert x: /fs:ntfs

x:はドライブ文字です。

NTFS暗号化は、Windowsユーザーアカウントに基づいています。つまり、システムにログインしてファイルを暗号化すると、暗号化後、このユーザーだけがファイルにアクセスできます。 したがって、この方法を使用するには、まず自分用のユーザーアカウントを作成してパスワードを追加し、他のユーザーは他のユーザーアカウントでシステムにログインしてください。

暗号化する方法は簡単です。

1、自分のアカウントでシステムにログインし、暗号化するファイルを選択して右クリックし、プロパティを選択します。

2、セキュリティを選択し、[詳細設定]をクリックして、許可カードを選択し、下のチェックボックスのチェックマークを外すと、ポップアップが表示され、削除を選択してください。

3、セキュリティに戻り、[編集]をクリックしてユーザー名を入力し、[OK]をクリックして、権限を「フルコントロール」を選択します。

上記の2〜3のステップは、NTFSアクセス制御することです。これにより、ユーザーのみがアクセス権限を持ち、より安全です。

4、[全般]を選択し、[詳細設定]をクリックして、[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]を選択します。

5、[適用]をクリックします。との警告メッセージが表示された場合は、[ファイルとその親フォルダを暗号化する]を選択します。ファイルの内容のみを暗号化する場合は、[ファイルのみ暗号化]を選択して、ここまでフォルダが暗号化されます。

NTFS暗号化は証明書を使用してアクセスが正当かどうかを確認するため、システムを再インストールした場合、暗号化されたファイルは開かれないため、証明書をバックアップする必要があります。

1、Win+Rキーを押して、「ファイルを指名して実行」でcertmgr.mscを入力します。

2、「証明書の現在のユーザー」、「個人」を選択すると、右側にユーザーの自己発行証明書が表示されます。

3、証明書を右クリックし、「すべてのタスク」を選択してエクスポートし、プロンプトに従って操作すればよいです。システムを再インストールする場合は、別のユーザーを作成し、ログイン後に証明書をダブルクリックし、プロンプトに従ってインポートすればよいです。 その後、暗号化されたファイルに再びアクセスできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です