Power BI:初心者でも気楽にレポートをビジュアル化する

Microsoftは、Power BIが短く時間でデータをきれいなチャートに変換できると主張しています。やってみませんか?

まず、Excel形式のデータを用意します。

これは平成2年から17年まで10個の地域の産業別就業者数です。次にはPower BIによって産業別就業者数を分析しましょう!

最初は、Excel形式のデータを取得します。

[データの変換]を選択し、Power Query エディタに入ります。

これは2次元テーブルです。分析の利便性から、2次元テーブルを1次元テーブルに変換する必要があります。この操作はPower BIを使用すれば簡単です。ここでは、3つの産業構造のデータをフィールドに変換し、地域と年の列を選択し、[変換]タブから[その他の列のピボット解除]をクリックします。

これより1次元のテーブルになり、最後の2つの列の名前を変更し、[閉じる]をクリックして適用します。

データが適用されると、右側のフィールドにこのテーブルのフィールドが表示されます。

ここまでデータが整理され、チャートを生成します。

各産業のデータを視覚的に確認するために、まず、産業構造データのマトリックスチャートを作成します。

すごく簡単でしょう。対応するフィールドをチャート編集ボックスにドラッグするだけで、フィールドをドラッグしてドーナツチャートを生成します。

これらの2つのチャートは、産業構造に従って分類されており、年を入っていません。年を入る方法を見てみましょう。

実際、スライサーを作成しました。年の切片をクリックすると、他の2つのチャートのデータを制御できます。これは、チャートのインタラクティブです。まず効果を見てみましょう。

年度データだけでなく、過去20年間の推移も確認するため、積み上げ面積グラフを作成します。

ここから見ると、GDPの伸びは主に第二次・第三次産業の拡張によるものであり、第一次産業の規模は基本的に変わらず、その割合は年々減らしていることがわかります。

ローデータは、本土の10地域産業データであり、今まで地域はまだ入れていないです。今の年次スライサーと同じように、地域に応じて地域スライサーを作成し、操作画面でドラッグしてこれらのチャートの位置を調整し、上部にタイトルを記入して完了です。効果を見てみましょう。

速いでしょうか。熟練している場合には、約5分ほどこのような視覚化チャートを生成することができます。さすがのMicrosoftです。 このチャートは所々に改善することが必要ですが、昔のやり方で1〜2時間費やす結果よりかなり時間を節約しています。

Power BIが数回クリックするだけでデータからチャートに生成するプロセスを体験しました。すごく速いです。

Power BIの魅力はそれだけではありません。このチャートを他のユーザーとさらに共有して表示し、[発行]をクリックして、チャートをPower BIウェブサイトに発行できます。

ウェブサイトで[WEBに公開]を選択します。

一連のURLが生成され、受信者に送信します。受信者は、スマホやタブレットでこのレポートを表示できます。このレポートは静的ではなく、オプションをクリックでインタラクティブが可能です。

このチャートのURLは次のとおりです。クリックして表示します。

https://app.powerbi.com/view?r=eyJrIjoiMTNiNDVkOGUtZTE1NS00MDY1LWI1ZjQtMTRjMTZjOTdiNTUxIiwidCI6ImEyNmU2OGNmLTZiYWUtNGIwNS04MzE1LWFjYzc1NTY5NjY4NSIsImMiOjEwfQ%3D%3D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です