ホーム > >

新しいiPad Pro 2020レビュー、LiDARセンサー、キーボードがポイント

昔、Appleは最新世代のiPad Proを突然に発売したが、外観はほとんど変わっていませんが、多くの内部機能が強化されています。アップルは多くのラップトップよりも強力であると述べています。 使ったらは本当そうなんですか? この記事では最新世代のiPad Proについて全面てきに紹介していきます。

Apple iPad Pro(2020)11インチ/ 12.9インチ

お問い合わせ:アップル(0120-993-993)

  • プロセッサApple A12Z  8コアバイオニックスプロセッサ+組み込みM12コプロセッサ
  • メモリ6GB RAM
  • ストレージ容量128GB / 256GB / 512GB / 1TB
  • 画面サイズと仕様:11インチ2388 x 1668ピクセル解像度/ 12.9インチ2732 x 2048ピクセル解像度、Liquid Retinaディスプレイ
  • レンズ仕様:メインレンズ:広角1200万ピクセル、f / 1.8絞り値+ 1000万ピクセル、f / 2.4 125度視野角+ LiDAR センサー、全面カメラ:700万ピクセルFaceIDレンズ
  • 最大10時間の連続使用
  • ボリューム247.6 x 178.5 x 5.9mm(11インチ)、280.6 x 214.9 x 5.9mm(12.9インチ)
  • 重量471g(11インチWi-Fiモデル); 473g(11インチWi-Fi + LTEモデル); 641g(12.9インチWi-Fiモデル); 643g(12.9インチWi-Fi + LTEモデル)

メリット

  • 本体は軽量で、持ち運びや使用が簡単
  • 120Hz HDR画面は依然として最高の表示効果
  • マウス/トラックパッドおよびキーボードと連携して、コンピューターのように使用する
  • LiDAR センサーはARパフォーマンスを次のレベルに引き上げる
  • ほとんどの仕事と娯楽のニーズを満たすのに十分である

欠点

  • デザインの90%は前世代と同じ
  • 新しいプロセッサーのパフォーマンスは大幅にアップグレードされていない

点数92点

  • デザインと手触りは92点
  • ディスプレイ95点
  • パフォーマンス90点
  • 効率92点
  • 使用時間90点

iPad Pro 2020開封レポ

新世代のiPad Proの使用経験を共有する前に、開封レポして中身を確認してみましょう。

新世代のiPad Proの使用経験を共有する前に、開封レポしてみましょう。iPadPro 2020 12.9インチバージョンと専用のスマートキーボード保護カバーを手に入れました。
iPad Pro 2020の箱は基本的に前世代とそれほど変わらないと見てわかります。
そして、箱から新旧のiPad Proのどちらであるかを知りたいなら、箱の背面にあるステッカーから確認できます。iPadPro 2020の場合は、第4世代(4th Generation)と表示されます
箱を開けるとすぐに本物のiPad Proが目に入りました
次は、アップル製品の通常の説明書とアップルのロゴステッカーが入っています。今回はLTE版なので、SIMカードスロット取り外しピンも入っています
次は充電アダプターとUSB-Cケーブルです
プラグは従来の3ピンプラグであり、充電出力レートは9V2Aをサポートしています
その後は専用のスマートキーボード保護カバーです
iPad Pro 2020専用に設計されているため、カバーのレンズ位置は、四角いデザインを采用しています
2つの異なる角度で配置できます
キーボード保護カバーですのでもちろんキーボードも内蔵していますが、前世代と同じほとんどキーストロークのないキーボードです。ハサミ型の構造を采用した一定のキーストロークを持つスマートキーボードを手に入れたければ、5月までにお待ちください
キーボード保護カバーは、マグネット方式でiPad Proに接続されています
接続ポイントは、iPad Proの背面にある金属ボタンです
キーボード保護カバーをつけても、Apple Pencil(第2世代)は磁力でマシンの側面に引き付けられ、ペンの充電や持ち運びに便利です

外観は前世代と90%同じです

ボディデザインについては、iPad Pro 2020は基本的に前世代のiPad Proに似ています。それでも正方形のレンガのようなデザインです。色はまだ前世代のスペースグレーとシルバー色で、本体の材料は依然としてスクラブメタル仕様のままです。手触り感がよいです。 また、重量は前世代とほぼ変わらなく、非常に軽量で持ち運びが便利です。 前世代との唯一の違いは、レンズがデュアルレンズ設計になっており、右側にLiDAR センサーが追加されているため、前世代の円形レンズのデザインが、iPhone 11 Pro / Pro Maxのような正方形のレンズモデルに変更されています。 グループデザインですが、レンズの部分ではコンベックスしたデザインであるため、保護カバーを使用しない場合、iPad Proをテーブルの上に平らに置くことはできません。

iPad Pro 2020のデザインは、2年前に発売されたiPad Proと90%まったく同じです
前世代と同様に、ディスプレイは(比較的)4辺の細い枠で設計されており、Touch IDもありません
ログインするには、このフロントミラーを使用してFace IDでiPad Proのロックを解除する必要があります
本体はレンガ型、四角は丸みを帯びたデザインです
ボディはやはりスクラブメタルデザインで、背面の中央に大きなAppleロゴが付いていますが、唯一の違いは、レンズがデュアルレンズデザイン(超広角レンズが追加されました)にアップグレードされたことと、レンズにLiDAR センサーが追加されたことです
なお、レンズはコンベックス設計ですので、本体をテーブル上に平らに置いた場合、レンズ部分が若干浮き上がります
本体はまた非常に薄いので、持ち運びや使用に便利です
本体上下には全世代と同じく4スピーカーオーディオです。音量は保証されています。 本体の下部には前の世代と同じくUSB-Cスロットを使用しています
本体右側にはボリュームボタンとSIMカードスロットがあります(トップボタンは上部右側にあります)
SIMトレイはシングルSIMカードのみに対応で、デュアルSIMを使用する場合は、サブSIMはeSIM機能を使用します

LiDARはフォーカス速度を向上させます

上記では述べたように、iPad Pro 2020と前世代の最大の違いはレンズです。 もちろん、1,200万画素広角レンズから1,200万画素広角レンズと1,000万画素超広角レンズの組み合わせにアップグレードしましたが、LiDARのおかげでフォーカス速度が速くなりました。特に被写体を近距離と遠距離の間で切り替えるには、iPhoneを使用すると0.5秒の遅延が感じられ、前後に焦点を合わせようとします。iPadProの方が明らかに速くなっています。

今回新たに追加されたLiDARセンサーは、公式によると、LiDARセンサーを使用して、光が投射されて物体に折り返されているのにかかる時間を測定し、距離を測ります。光の飛行時間を直接測定します。これにより、屋内から5メートルの距離までの反射光と、屋外から5メートルまでの反射光を測定します。 フォトンレベルまで正確に検出し、ナノ秒の速度で実行できます。このセンサーを使用すると、AR効果は以前のiPadまたはiPhoneよりも優れています。NASAは将来の火星着陸ミッションにもこの技術に適用予定であると当局者は述べています。

ご覧のとおり、上下のレンズはそれぞれ1,000万画素超広角レンズおよび1,200万画素広角レンズであります。右側のコンポーネント、上部の白い部分はTruToneフィルライト、下の大きな丸点はiPad Pro 2020レンズの重要なポイント:LiDARセンサーです

高速で正確な測量でARエクスペリエンスを向上させます

LiDARセンサーは、フォーカスを改善するだけでなく、モノの測定やARゲームのプレイにも役立ちます。iPadPro 2020が例えば製品の展示や住宅のデザインなどの商用目的で使用される場合、実用的だと思います。

LiDARセンサーを使用して、iPad Pro 2020でAR関連のプログラムを使用すると、精度と効果が向上します
ドアの大きさを測るのにアップル独自の計測APPを使ってみたところ、実に正確で測定速度も非常に速く、基本的に線を引くとデータが表示されます
また、AR育成ゲームAR Dragonでは、ゲーム内の仮想ドラゴンとトップボールゲームをプレイする際、正確でミスも少ないですまた、仮想ドラゴンは本物のように平らな地面に立つことができて、空中に立つ状況が発生しません。iPadPro 2020は、ARの計算において確かに非常に正確であることがわかります。古いAR APPとの非互換性についても心配することがありません

新しいカーソル機能をマウスとして使用できます

iPad Pro 2020のもう1つの魅力は、iPadOS 13.4オペレーティングシステムがプリロードされていることです。このOSの最大のアップグレードは、誰もがBluetoothマウスまたはトラックパッドとBluetoothワイヤレスで接続できることです。マウスカーソル機能とキーボード保護カバーを組み合わせることで、ラップトップを使用ているような気分になります。

iPad Pro 2020にはiPadOS 13.4がプリロードされており、TrackPadを使用してBluetooth接続で制御できます
接続すると、上図のようにパソコンのマウスと同じようにカーソルが半透明のドットで表示され、パソコンでの操作方法でiPadを操作できます
カーソルがAPPアイコンに移動するとドットが消え、APPアイコンが少し拡大され、カーソルがこの位置にあると示されています
APPを開く場合は、カーソルをAPPアイコンに移動し、トラックパッドをクリックしてプログラムを開きます

このデザインにより、外出先で作業したいときにいつでもどこでもテキストを編集したり、グラフやフィルムを編集したりすることがより便利になります。 この操作方法は、指を使ってiPadをタッチするよりもはるかに便利です。少なくともテーブル上で使用するときは、ずっと腕を上げてコンテンツを指でドラッグする必要はありません。

これで、ラップトップを操作しているように、キーボードとTrackPadを使用してカーソルを動かすことでこれらの機能を実行できます。使いやすさは間違いなく快適です。Macのようなジェスチャーコントロールもサポートしています。たとえば、3本指で上にスワイプしてメインインターフェイスに戻ったり、2本指で開閉すると、写真をズームインまたはズームアウトしたりできます。これらのジェスチャーコントロールは、ユーザーにさらに操作の便利さをもたらし、このは非常に価値のあるデザインになります。

これまで、iPad Proを使用してフィルムを編集する場合、編集する素材をクリックしたい場合は、指で操作する必要があり、腕を上げたままでの姿勢で長時間で操作すると少し疲れます
TrackPadをサポートした後は、マウスを使用しているように操作できるので、とても便利で快適です
さらに、iPadOS 13.4はTrackPadのジェスチャーコントロール機能もサポートしています。ウェブページやファイルを閲覧するときと同じように、2本の指で上下にスワイプするだけでページをめくることができます
トラックパッドでは、2本の指で開閉して表示内容を拡大・縮小することができます
3本の指で上にスワイプして離れずにTrackPadに留まると、プログラム切り替え画面が開きます
また、3本の指で素早く上に向けてスワイプして、TrackPad表面から離れることで、ホーム画面に戻ることができる

ただし、キーボードに関しては、Macほど多くのショートカットキーをサポートしていません。たとえば、Photoshopを使用している場合、コンピューターバージョンのショートカットキーはサポートしていなく、すべてのプロセスはカーソルで実行する必要があります。このような相異があるため、iPad Pro 2020は Macの80%ぐらいのエクスペリエンスが達するのではないかと考えられます。。、OSの設計とサポートは常に異なるレベルであるため、100%達成するのは依然として困難です。

キーボードとトラックパッド(TrackPad)のどちらに接続しても、iPadOSの設定はmacOSほど多くないため、使いやすさについては、iPad ProはMacを完全に置き換えることができません

画面の品質は良好です

ディスプレイについては、iPad Pro 2020はまだ11インチと12.9インチのオプションを備えています。Liquid Retinaの画面で、解像度はで、それぞれ2388 x 1668(11インチ)と2732 x 2048(12.9インチ)です。 品質に関しては、iPad Pro 2020の画面表示は非常に良好であり、HDRフォーマットをサポートしているため、映画を視聴するのに非常に適しています。また、以前と同じ内蔵4ユニットスピーカーは、映画を視聴するときのサウンドの楽しみも保証できます。 もちろん、Liquid Retinaスクリーンの表示品質の保証に加えて、視野角は依然として非常に高いです。側面から見ても、画面の表示品質が低下していません。全体的に画面のパフォーマンスは依然として優れています。

iPad Pro 2020 12.9インチ版をテストしましたが、ディスプレイはLiquid Retinaスクリーンを使用しています
細いフレームデザインを採用し、四角は丸くなっています
ウェブの閲覧にはとても優れており、文字はくっきりしていて、写真の色もナチュラルです
Netflixを開いて、HDR効果なしとHDR効果付きで閲覧しても、効果は非常に優れています。4ユニットスピーカーが内蔵されているため、音声効果も劣りません
一般的なYouTube 1080p解像度のビデオを閲覧する場合でも、効果は非常に良好です
また、Liquid Retinaの画面は視野角が大きいというメリットもあり、画面を横から見ても画質に影響はありません
最後に、著者はプロの画面テストツールSpyder5を使用して、iPad Pro 2020画面の色精度をテストしました
著者は室内条件でをテストしました。最初の画像はTrue Toneがオンになっていて、2番目の画像はTrue Toneがオンになっていないホワイトバランス値です。True Toneをオンにすると、通常の部屋のホワイトバランス値は5688Kであり、暖色に偏っていて、目に優れた効果があります。True Tone機能をオフにすると、ホワイトバランス値は7203Kになります。少しクールに感じますが容認できる範囲内にあり、明るさが大幅に改善されています。回覧する画面のコンテンツは白の要素が多い場合、True Toneをオフにしたほうがより見やすいです

まとめ:2世代ごとにグレードアップする価値があります

Apple制品をずっと使っているユーザーは、必ずしも世代ごとにアップグレードする必要はなく、2世代ごとにアップグレードするだけで十分だと思っています。今回は2年後、Appleは再び新しいバージョンのiPad Proを発売しました。外観は2年前と同じですが、2年前のモデルのメリットはそのまま維持され、新しいハードウェアとデュアルレンズ+ LiDARセンサーの組み合わで、iPad Proが一定の魅力を保っています。何年も前に購入した第1世代または第2世代のiPad Proをお持ちの場合は、この世代にアップグレードする価値があります。数年前のモデルと比較して、今日のiPad Proは効率・パフォーマンスともに強化されており、P3色域のスクリーンだけでも入手に値します。

しかし、前世代(つまり、第3世代)のiPad Proを既に持っている場合は、予算が限られている場合は、5月に発売された優れたキーボードから始めることを検討できます。まず、ユーザーエクスペリエンスをアップグレードして、簡単な事務処理を行うことができます。 フィルム編集でも問題なく、USB-Cスロットが1つ追加されたので、周辺機器を変装して接続するのに便利で、ノートパソコンを使っているような感覚です。 効果的なパフォーマンスが必要だと感じたときに、アップグレードを検討するのは遅すぎません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です