誤って削除されたファイルを回復するための1行コマンド、Microsoftの無料ツール:Windows File Recovery

重要なファイルを誤って削除した後、ファイルを回復するために高価なソフトウェアを購入する必要があります。 実際、Microsoftは無料のファイル回復ソフトウェアを提供しており、Windowsで使用して、誤って削除した重要なデータを簡単に復元できます。

多くの人が誤って重要な文書を削除した経験があります。 データバックアップを行わない場合は、時々最初からやり直すか、高価なファイル回復ソフトウェアを使用してファイルを取得する必要があります。

しかし、コンピュータの原理について少し知っている人は、ファイルを削除するのは、ファイルに対応するディスクブロックに「新しいデータを書き込める」とマークするだけで、実際にディスクからデータを消去するわけではないことを知っているかもしれません。 したがって、対応するブロックが誤って削除された後も新しい書き込みがない場合は、元の誤って削除されたファイルを復元することは実際には難しくありません。
したがって、誤ってファイルを削除した後、市場に出回っているさまざまなファイル回復サービスと回復ツールに頼るだけでなく、Microsoftが最近リリースした無料のファイル回復ツールであるWindows File Recovery(以下、WFRと呼びます)も優れた選択肢です。

WFRはアプリケーションとしてMicrosoft Storeに載せっていますが、インストール後に実際にアプリケーションとしてパッケージ化されたコマンドラインツールであり、実際に使用される場合はコマンドラインスクリプトを介して実行する必要があります。これは、現在のほとんどのファイル回復ソフトウェアがビジュアルインターフェースがある特徴とは比べられません。 幸い、コマンド全体は実際それほど複雑ではありません。コマンドの構造を理解してコマンドを書けば、WFRを使用して、誤って削除されたファイルを復元できます。 ここでは、方法について説明します。

WFRは実際にはツールwinfrに基づいています。WFRを開くと、実際には管理マネージャーとしてCMDが開かれ、ファイルを回復するのは、次のコマンドを実行することです。
winfr source-drive: destination-drive: [/switches]
ここで、source-driveはファイルを復元する必要があるドライブ文字を指し、destination-driveは回復されたファイルを格納するために使用されるディスクを指します。 次の [/switches] は、さまざまな回復パラメータです。 スクリプトを実行すると、WFRは、回復ファイルが格納されているディスクの下に新しい回復フォルダーを自動的に作成します。

WFRには、デフォルト、セグメント化、署名の3つのファイル回復モードがあり、3つのモードは、異なる回復パラメータと異なるファイルシステムに対応しています。
たとえば、移動可能のドライブまたはUSBでは、ファイル形式がFAT、exFATの場合は、署名モードを使用する必要があります。NTFS形式の場合は、デフォルトモードが優先されます。 復元する必要があるファイルがかなり前に削除されている場合は、セグメントモードまたは署名モードを試す必要があります。 たとえば、USB(ドライブ文字はF :)にサフィックスはjpgを使用してイメージファイルを復元したいのですが、復元されたファイルの保存に使用されるドライブ文字はDドライブなので、WFRが起動した後に以下のコマンドを実行する必要があります。

winfr F:D:/ x / n * .jpg
このうち、/ xは署名モードが使用されることを示し、/ nの後のサフィックス名をいれるのは対応するファイルタイプを指定します。 このコマンドを実行すると、復元するかどうかを通知し、yを入力してスキャンを待ちます。スキャンが完了したら、yを再入力して確認します。WFRは、復元されたファイルを復元フォルダーにコピーします。

復元されたフォルダーから、Windows File Recovery の復元効果が良好であることを確認できます。フォルダーから削除された.jpgファイルが復元されるだけでなく、圧縮およびパッケージ化された一部の画像をスキャンして取得できます。 ここでもWFRの最大の問題が発生しました。時間パラメーターとビジュアルインターフェイスがないため、WFRは検索条件を満たしている復元可能なすべてのファイルを復元します。

WFRはかなりの数の復元パラメーターを提供するため、ディスク全体の復元を考慮しない場合は、個別のファイルまたは特定のフォルダーを復元できます。 たとえば、元々Dドライブにファイル形式がNTFSであるドライブフォルダ123を復元し、復元ファイルをCドライブにコピーする場合、コマンドは次のようになります。
winfr D: C: /r /n D:\123\
/ Rはセグメントモードを使用することを意味し、/ nは特定のファイル名とファイルディレクトリをスキャンして対象するディスクに復元することを意味します。

上記の例では、特定の操作におけるいくつかの基本的なパラメーターについて説明しましたが、一連の高度なパラメーターを追加して、さらに細かい操作を実行することもできます。
一般ユーザーの場合、WFRは無料ですが、操作はコマンドラインツールに完全に依存しており、直感性は限られています。ただし、コンピューターの操作員、またある程度のテクニックを持っているユーザーは、完全にコマンドライン操作が効率的で簡単です。
マイクロソフトが無料で提供していることを考えると、予備で軽量なファイル回復方法として使用することができます。

Windows File Recovery ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です