24 October, 2020

Microsoft Office Click-to-Runプロセスは、ネットワークとディスクの使用率が高い問題の解決策

著者はコンピューターの運行スピードが遅いことに気が付いき、タスクマネージャーによって、Microsoft Office Click-to-Run (OfficeClickToRun.exe)はネットワークとハードドライブの使用率が高いことを発見しました。それでは、Microsoft Office Click-to-Runは何ですか?

Microsoftは次のように述べています。

Click-to-Run はインターネット経由でソフトウェアをインストールするための仮想化技術の一つです。 Click-To-Runを使用すると、Office 2010をインターネット経由でダウンロードする時、必要な時間が大幅に短縮され、必要な操作も削減されます。顧客はOfficeを簡単に試用または購入できます。インターネットに接続すると、Click-To-Runはソフトウェアパッチを自動的にダウンロードしてインストールするため、Officeがいつでも最新バージョンを保持できます。Click-To-Runは仮想化テクノロジーを使用するため、消費者は複数のOfficeのバージョンを保持できます。

簡単に言えば、これはOfficeの自動更新機能です。つまり、Microsoft Office Click-to-RunはバックグラウンドでOfficeを自動的に更新するため、ネットワークとハードディスクの使用率が高いです。著者はMicrosoft会社がこの点でうまくやっていないと考えています。少なくとも、今すぐ更新するかどうかをユーザーに確認する必要があります。

原因が分かると、気楽に解決できます。

方法1:Officeの自動更新機能を無効にします。

Officeの→ファイル→アカウント→更新オプション→を開き、更新を無効にします。

ハードディスクの使用率を高くせずにOfficeを最新の状態に保持したい場合は、次の方法2を参照してください。

方法2:Process Lassoツールを使用して、システムプロセスを調整し、Microsoft Office Click-to-Runの優先順位を制限できます。

Process Lassoは、特別なデバッグプロセスのシステム最適化ツールです。主な機能は、特別なアルゴリズムに基づいて各プロセスの適切な優先順位を調整し、システムの使用率を軽減する目的を達成することです。これより、ブルースクリーン、アニメーションの一時停止、プロセスの応答の停止、プロセスのCPU使用時間過多などの状況が避けられます。また、プロセスブラックリストなどの追加機能もあります。Process Lassoは、バックグラウンドでリアルタイムにシステムを最適化し、既存のシステム構成を自動的に変更することはありません。通常の家庭ユーザーやプロの作業環境に適しています。

もちろん、タスクマネージャで優先順位を設定することもできますが、毎回も設定する必要があり、すごく面倒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です