Microsoft Compatibility Appraiserはシステムの速度を低下させる。無効にする方法は?

Win10の使用中に、Microsoft Compatibility TelemetryプロセスがCPUを大量に占有し、パソコンがフリーズすることが判明しました。

Microsoft Compatibility Telemetryは、Microsoftの情報収集を行うプログラムです。ほとんどのWindowsユーザーは、Windows 10をインストールすると、デフォルトでMicrosoft Customer Experience Improvement Programに参加しています。これには、情報収集プログラムが情報をテレメトリしてMicrosoftに送信する必要があります。 Microsoft Compatibility TelemetryはWindows10のサービスであり、Windowsデバイスと関連ソフトウェアの動作に関する技術データを定期的にMicrosoftに送信し、Microsoftはこれらのデータを使用してユーザーエクスペリエンスを最適化します。

閉じる方法は次のとおりです。

方法1:タスクスケジューラのMicrosoft Compatibility Appraiserを無効にする

ステップ1

スタートボタンをクリックして、リストからWindowsシステムツール、Windows管理ツールをクリックします。

ステップ2

表示された「コンピューターの管理」ウィンドウで、「システムツール―タスクスケジューラ」―「タスクスケジューラライブラリ」―「Microsoft」―「Application Experience」

ステップ3

右側に開いたウィンドウで、Microsoft Compatibility Appraiserを見つけ、マウスの右ボタンをクリックして[無効にする]を選択します。

ステップ4

コンピューターを再起動します。

方法2:診断データを「必須の診断データ」設定する

このオプションを使用すると、Windows 10によるユーザーデータの収集を制限できますが、完全に無効にすることはできません。

ステップ1

[設定]> [プライバシー]をクリックします。

ステップ2

「診断&フィードバック」をクリックして、診断データを「必須の診断データ」に設定します。

この操作により、Windowsに送信されるデータが制限されるため、ユーザーデータがハッキングされる可能性が低くなります。

方法3:グループポリシーエディターでMicrosoft Compatibility Telemetryを無効にします

ステップ1

タスクバーのフォームに「gpedit」と入力し、「グループポリシーの編集」をクリックしましょう。

ステップ2

ローカルグループポリシーエデイターが開かれ、「コンピューターの構成」―「管理用テンプレート」―「Windowsコンポーネント」―「データ収集とプレビュービルド」順にクリックします。

ステップ3

[利用統計情報の許可]をダブルクリックします。

ステップ4

[無効]を選択し、[OK]をクリックします。

方法4:レジストリエデイターを使用して修復します

ステップ1

Windows + Rを同時に押してから、ファイル名を指定して実行で「regedit」と入力し、[OK]をクリックします。

ステップ2

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?と尋ねられ、[はい]をクリックします。

ステップ3

レジストリエデイターで [HKEY_LOCAL_MACHINE]> [SOFTWARE]> [Policies ]> [Microsoft]> [Windows]> [DataCollection]順にクリックします。

ステップ4

DataCollectionを右クリックして、[新規]> [DWORD(32ビット)値(D)]を選択します。

ステップ5

DWORD(32ビット)値の編集で、値のデータを「0」に設定し、「OK」をクリックします。

Microsoft Compatibility Telemetryをオフにしても、システムの使用には影響しません。 もし、システムの占有率が高すぎる場合は、上記の方法を試してこのサービスをオフにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です