Macユーザーのログインパスワードをリセットする5つの方法

パスワードを忘れてMacにログインできないときは慌てる必要はありません。また、システムを直接再インストールする必要もありません。最初にこれらの5つの方法でパスワードを取得すると、正常にログインできます。

ユーザーのIDを認証する主な方法として、ユーザーパスワード(ログインパスワードとも呼ばれる)は、OS Xで使用する最も重要なパスワードの1つです。ユーザーアカウントにログインするとき、インストーラーを使用してアプリケーションをインストールするとき、及び特定の重要な変更があるときに使用されます。

日常の使用では、ユーザーのパスワードを忘れないようにするために、パスワードの設定中にパスワードのリマインダーを設定して、パスワードを忘れた後により早く思い出せるようにしたり、或いはユーザーパスワード、FileValut 2リカバリキーなどを1PasswordまたはLastPass等プロフェッショナルなパスワード管理アプリケーションに保存します。

しかし、それでも、私たちはパスワードを紛失したり忘れたりする状況が発生する可能性がありますので、ユーザーのパスワードをリセットするためのいくつかの方法を知る必要があります。

FileVaultを有効にしていないユーザー

方法1:Apple IDでリセットする

OS X Mavericks(10.9)以降のシステムバージョンでは、AppleがApple IDと管理者パスワードを統合しました。これにより、Apple IDを使用してユーザーパスワードをすばやくリセットできます。

この方法を使用してユーザーのパスワードをリセットする前に、MacがApple IDにログインしていることを確認する必要があります。また、[システム環境設定-ユーザーとグループ-ログインオプション]で[Apple IDを使用してパスワードをリセットすることを許可」をチェックください。

このアイテムをチェックしていない場合は、次の方法を使用してください。

1、ログインウィンドウで「パスワードを忘れた場合は Apple IDを使用してリセットする/マスターパスワードを使用してリセットする」というプロンプトウィンドウが表示されるまで、パスワードを3回続けて入力します。

2、「Apple IDを使用してリセットする」の右にある小さな矢印をクリックします。 次にApple IDとパスワードを入力し、「パスワードのリセット」をクリックします。

3、 [パスワードのリセット]ウィンドウで、新しいユーザーパスワードとパスワードプロンプトメッセージ(選択可能です)を設定および確認し、完了したら[パスワードのリセット]をクリックします。

4、リセットが完了したら、Macを再起動し、新しいパスワードでログインします。

方法2:マスターパスワードのリセットを使用する

以前に設定していてマスターパスワード(Master Password)を覚えている場合は、マスターパスワードを使用して管理者および通常のメンバーアカウントのユーザーパスワードをリセットすることもできます。 具体的なリセット方法は「方法1」と同様であり、ここでは繰り返す説明はしません。

方法3:別の管理者アカウントを使用してリセットする

Macの別の管理者アカウントの名前とパスワードがわかっているなら管理者アカウントを使用してパスワードをリセットすることができます。

1、別の管理者アカウントの名前とパスワードを使用してログインします。

2、「システム環境設定-ユーザーとグループ」に入り、小さなキーアイコンをクリックして、ロックを解除するパスワードを入力します。

3、ユーザーリストからパスワードをリセットする必要があるユーザーを選択し、[パスワードのリセット]ボタンをクリックして、指示に従って新しいパスワードをリセットします。

4、パスワードをリセットした後、アカウントからログアウトし、新しいパスワードでアカウントに再度ログインします。

方法4:OS X回復モードでリセットする。

1、Macをシャットダウンします。

2、Command + R(⌘R)組み合わせのキーを押したままで、電源ボタンを押して、記号が表示されてリカバリモード(Recovery Mode)に入ります。ます(もちろん、最初に電源ボタンを押して、起動音が聞こえた後、すぐに⌘Rキーを押し続けてもOKです。)。

3、[日本語を主要言語として](または他の言語)を選択し、右矢印をクリックします。 「ユーティリティ」メニューバーの「ターミナル」を選択します。

4、端末にコマンド「resetpassword」(注:連続して書き込み、すべて小文字)を入力します: Enterキーを押して確認します。

5、表示される[パスワードのリセット]ウィンドウで、パスワードを含めた起動ディスクのボリューム,リセットしたいユーザアカウントを順に選択します。新しいユーザーパスワードを入力して確認し、パスワードプロンプトを設定します(オプション)。 「リセット」をクリックします。

6、メニューバーのをクリックして、「再起動」または「シャットダウン」を選択します。 次回起動するときに、新しいパスワードでログインできます。

FileVaultが有効になっているユーザー

FileVault 2を有効にしたMacユーザーの場合は[ユーザーとグループ]ウインドウに「[ユーザーがApple IDを使用してパスワードをリセットできるようにする]表示されません。 以前にFileVault 2をセットアップするプロセスで「iCloudアカウントでディスクのロック解除を許可する」をオンにした場合のみ、iCloudアカウントを使用してディスクのロックを解除し、パスワードをリセットできます。 具体的なリセット方法は「方法1」に似ているため、ここでは繰り返す説明しません。

FileVault 2のセットアップ中に「復旧キーを作成して、iCloudアカウントは使用しない」を選択し、リカバリキーを保存すると、リカバリキーを使用してユーザーパスワードをリセットできます。

1、ログインウィンドウで「?」をクリックし、プロンプトウィンドウで「パスワードを忘れた場合は、「リカバリキー」を使用してパスワードをリセットする」が表示されます。

2、右側の小さな矢印をクリックすると、パスワードフィールドが「リカバリキー」フィールドに変わります。

3、リカバリキーを入力し、画面の指示に従って新しいパスワードを作成します。 完了したら、「パスワードのリセット」をクリックします。

4、リセットが完了したら、Macを再起動し、新しいパスワードでログインします。

ユーザーのキーチェーンをリセットする

OS Xユーザーアカウントには、パスワードを介してアクセスするローカル暗号化されたキーチェーンがあり、パスワードは通常、アカウントのユーザーパスワードです。 したがって、ユーザーのパスワードがリセットされると、新しく設定されたパスワードはキーチェーンのパスワードと一致しなくなり、アクセスできなくなります。 このため、初めてログインする際、プロンプトに従って、キーチェーンパスワードを更新またはリセットする必要があります。

  • キーチェーンの古いパスワードをまた覚えている場合は、[キーチェーンパスワードの更新]を選択して、以前にキーチェーンに保存したパスワード情報を復元します。
  • 古いパスワードを忘れた場合は、[新しいキーチェーンを作成]を選択してください。
  • システムプロンプトを無視する場合は、[ログインを続行する]を選択できます(注:これ以降、多くのアプリケーションが「よく」古いキーチェーンのパスワードへのアクセスを要求するため、これを行わないことを強くお勧めします)。

その他

他のユーザーが悪意を持ってユーザーのパスワードをリセットするのを防ぐにはどうすればよいですか ?デフォルトでは、Macを(理論的には)使用できる人なら誰でもリカバリーモードに入り、ターミナルコマンドを使用してユーザーパスワードをリセットできます。 したがって、悪意のあるリセットを防ぐために、「Macの「ファームウェアパスワード」保護を追加」の記事を参照して、ファームウェアパスワードを設定し、他のユーザーがリカバリモードに入って操作することを防ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です