ホーム > >

macOSで画面を録画しながら録音する方法は?

Apple Macで画面を録画するときに録音はいろんな方法があるのですが、それらのほとんどは1つのオーディオソースしか録音できません。 パソコンで再生した音声を録音するとマイクの音声は録音できません。 ここでは、複数のオーディオソースの同時録音をサポートする完璧な方法を提供します。

Apple Macで録音するときに音が出ない場合はどうすればよいですか? 多くのユーザーがパソコンの画面を録音する同時に、マイクの音も録音する必要があります。Macのシステムサウンドとマイクの音両方を録音する問題を解決するには、LoopBackをインストールし、システムのサウンドを出力から入力に変えて、 元の出力の音を直接録音できるようにします。

LoopBackソフトウェアを開きます。インターフェイスは非常に進シンプルで、デバイス、LoopBack Audio、Output Channels、モニタに分かれています。

内部録画ビデオとして、通常はLoopBack Audioの部分のみを使用します。LoopBackは、コンピューター内のソフトウェアおよびデバイスからの音声をキャプチャし、それらを混合および調整するためにオーディオトラックを個別に表示します。

たとえば、youtubeで動画を再生して、曲を音楽プレーヤーで放送して、このプラス記号(+)をクリックするとこれらのプログラムをすべてのLoopBack Audioに追加します。

左と右のチャンネルがリズムに合わせて動いていることは、LoopBackが別々のオーディオをキャプチャしたことを示しています。

次に、ビデオを録画するソフトウェアで音源をLoopBack Audioに変更すると、先ほど追加したプログラムからの音声を録音できます。

図に示すように、QuickTime Playerの画面記録設定で音源をLoopBack Audioに変更します。

1、まず、スタートボタンを押して、アプリケーションリストから、[QuickTime Player]を開きます。

2、メニューバーの [ファイル] に[新規スクリーンの録画]を見つけて、[録画]ウィンドウが開きます。

3、赤いボタンをクリックして録音を開始します。録音する前に、前の方法に従って音源をLoopBack Audioに変更します。

4、メニューバーの[停止]ボタン或いは[Command + Control + ESC]をクリックすると録画を停止します。

5、録画を停止すると、QuickTime Playerは記録されたビデオを自動的に開き、再生、編集、または出力できます。

たとえば、Mac画面記録のScreenFlow設定では、図に示すように、音源をLoopBack Audioに変更します。

レコーディングすると、LoopBackのトラックが動いていますが、私たち自身は音が聞こえません。その理由は、LoopBackで録音するとき、デフォルトではミュートされるためです。音を聞く場合オプションからミュートを解除します。

マイクを使用して原稿を読む場合は、図に示すように、マイクをオンにする必要があります。

上記は、Apple Macで録画する際に音声が記録されない場合、の対策方法です。役に立つなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です