Live Photosで撮影して閲覧する方法

iOSシステム本体のカメラには、実際には多くのテクノロジー機能が使用されていません。 たとえば、携帯電話で長時間露光の写真を撮りたい場合、ほとんどの人の最初の反応は、それができないか、またはサードパーティアプリを使用する必要があると感じます。実際では本体のカメラだけでこの操作を完成できます。 次のいくつかの記事では、iOSシステムの独自のカメラでこんなことでもできるかと見落とされがちな機能と手法について詳しく説明します。

2015年にiPhone 6sが登場した後、Live Photo(実況写真)はiPhoneのカメラの基本機能になりました。 しかし、3年が経過した今でも多くの人がこの機能が必要ではないかと感じており、普段この機能を使用している人の5%未満、たまにこの機能を使用していたとしても誤操作の場合が多いです。

動作原理

ライブフォトは、シャッターを押す前後1.5秒以内に画面と音声を記録します。つまり、3秒間の短いビデオが表示されます。 その配置は写真とビデオの間にあり、いくつかの特定のシナリオでうまく使用すれば効果的です。

撮影/閲覧

ライブフォトの撮影方法は非常に簡単です。カメラアプリケーションを開き、写真モードで画面上部の3番目のアイコンを点灯して、ライブフォトモードに入ります。 次に、iPhoneをしっかりと持ち、クリックして写真を撮ると、写真が完成します。

ヒント:シャッターを押す前後1.5秒以内にスマートフォンをできるだけ安定させてください。そうしないと、写真がこのようにブレます。

写真を動かしてみましょう

アルバムに入り、カメラロールで撮った写真を開き、画面をしっかりと押し続けると、写真が動きます。

壁紙として使用

左下隅の矢印⬆️をクリックし、「壁紙に設定」として使用することを選択します。 このようにして、ロック画面が押されたときに動く壁紙になります。

写真効果を追加します

上記は非常に基本的な操作ですが、以下が重要です! !
アルバムで撮影したライブ写真を見つけ、画面を上にスワイプすると、Live、ループ、バウンス、長時間露光という4つの異なる写真効果が表示されます。 ほとんどの人はこの操作は知りません。これらの撮影モードに適したものについてお話しましょう。

ライブ
ライブフォトの元の様子であり、撮影したものそのまま表示されます。

ループ
写真をループさせます。 流れる水や滝など、無限にループするシーンに適しています。

そよ風が吹くプールなど
コンサートで光るスティック
沸騰している火鍋も最適、普通の写真よりリアリティです

バウンス
Live Photoを繰り返し再生します。 最初に通常どおり再生し、次に逆方向に再生します。

長期間露光
交通状況、花火、その他のシーンの記録に適した、一眼レフカメラの長時間露光の効果を実現します。 これらのシーンを撮影するときは、三脚を使用するかカメラを固定して、写真がより安定して美しくなります。たとえば、以下の写真はサードパーティのアプリを使わず、完全にシステム自体のカメラとその編集機能で撮影し編集したものです。悪くないでしょう?

写真を編集します。
通常の写真と同様に、iPhoneでもLive Photosを編集できます。 写真の右上隅にある編集ボタンをクリックすると、写真をトリミングしたり、色調を変更したり、ミュートするかどうかを調整したりできます。写真効果が追加されていないライブ写真の場合は、編集ボタンをクリックした後で上部のライブアイコンをクリックして、普通の写真に変えることができます。 また、写真の下にあるスライダーを動かして、最も気に入るフレームを選択し、通常の写真として保存することもできます。

多くのiPhoneユーザーのカメラは、デフォルトで「ライブ写真」モードをオンになっていることが多いです。そのため多くの写真が無意識に「ライブ写真」として撮影されるため、ダウンロードして使用するときに、トランスコーディングの問題に直面する場合があります。 iOSのアップデートにより、「ライブ写真」を手動で閉じることができます。
今iPhoneで人気の「ライブフォト」機能は非常に巧妙です。撮影の前後1.5秒で撮影されるため、連続した一連の写真がGIFのような動的画像ファイルを形成し、写真をより鮮やかにすることができます。動物や子供などの生き生きとした物体や、風や草の中を動く物体の撮影に特に適しています。しかし、ユーザーは普通の写真を撮りたいだけで、誤って「ライブフォト」機能をオンにすると少し面倒です。
幸いなことに、iPhoneではユーザーが撮影した写真の「ライブ写真」機能をオフにできるようになり、標準の普通の写真に戻ることができます。
カメラアプリで写真を撮るときにライブフォト機能をオフにする場合は、カメラ画面の上部中央(HDRおよび時間ボタンの中央)の円形記号が白であることを確認してください。これは、ライブフォト機能がオフであることを示しています。円形記号が黄色の場合は、ライブフォト機能がオンであることを示します。 それをクリックすると白くなります。
iOS 10.2ベータ版から、「設定」ー「カメラ」ー「設定を保持」ページが追加されました。「設定を保持」ページの中の「LivePhotos」がオフにすれば、今後、カメラアプリを開いても、ライブフォト機能は自動的にオンになりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です