22 September, 2020

LGはバッテリー駆動のPuriCare空気清浄機マスクを正式にリリース

外国メディアの報道によると、LGは空気浄化機能付きマスクPuriCareを正式にリリースしました。PuriCareバッテリーで動作し、空気を運び、および入れ替わるための2つのファンを備えています。

PuriCare電気マスクにはフィルターが内蔵されており、ファンを使用してユーザーの呼吸を支援できます。 さらに、このマスクには、ユーザーの呼吸数を検出し、それに応じてファン速度を調整できるセンサーも装備されています。

ただし、LGはマスクがコロナウイルスを防ぐことができるかどうかを明確に述べておらず、現在のところ、空気を浄化できることが示されているだけです。 外国のメディアが関連機能について直接尋ねたとき、LGはコロナウイルスの防止についてコメントせず、認証とテストをまつ状態だと述べています。これらの手順を完了した後、LGは完全な機能と詳細を発表する予定です。

LGはこのマスクがコロナウイルスを防止する機能を持っているかどうかを明確に述べていませんが、外国のメディアはこのパンデミックのためにマスクが開発されたと推測しています。電気マスクの開発当初の狙いは、通常のマスクに取って代わるものであるとのことで、PuriCareの空気清浄マスクは再利用できるため、足りなくなった使い捨てマスクの需要を抑えることができます。

さらに、今年7月にLGが初めてマスクを発表し、ソウルの大学病院に2,000個を寄付すると発表したとき、同社の幹部は、マスクが医療スタッフの助けになることを望んでいると述べました。このマスクを使用することで、数時間マスクを着用する必要がある医療スタッフにとって楽になるため、このマスクはコロナウイルスを防止する機能を備えている可能性が非常に高いです。

電動マスクの換気に扇風機を使用しているため、通常の動作を維持するにはバッテリーが必要です。 LGによると、PuriCare空気浄化マスクのバッテリー容量は820mAhで、低電力モードでは最大8時間、高電力モードでは2時間使用できます。

そして、LGは電気マスクの記者会見でマスクが発売される時期と価格帯を明かさず、この電気マスクが今年の第4四半期に「特定の市場」で発売する予定と述べただけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です