ホーム > >

Kotlin入門

Kotlinは、Androidの世界にあるSwiftと呼ばれ、Java仮想マシン上で実行される静的に型付けされたプログラミング言語であり、JetBrainsによって設計および開発され、オープンソース化されています。

KotlinはJavaバイトコードまたはJavaScriptにコンパイルできるため、JVMのないデバイスで実行できます。

Google I/O 2017で、GoogleはKotlinをAndroidのアプリの開発言語として発表しました。

最初のKotlinプログラム

Kotlinプログラムファイルは、hello.kt 、app.ktなど、つまり、.ktで終わります。

最小バージョン


package hello                      //  オプションのパッケージ
 
fun main(args: Array<String>) {    // パッケージレベルの表示関数、パラメーターとして文字列の配列を受け入れます
   println("Hello World!")         // セミコロンは省略できます
}

オブジェクト指向


class Greeter(val name: String) {
   fun greet() { 
      println("Hello, $name")
   }
}
 
fun main(args: Array<String>) {
   Greeter("World!").greet()          // オブジェクトウを作成することにはキーワード new が必要ではありません
}

Kotlinを選ぶ理由

  • 簡潔:ボイラープレートコードの量を大幅に削減します。
  • 安定性:nullポインター例外などのエラーのクラス全体を回避します。
  • 相互運用性:JVM、Android、およびブラウザの既存のライブラリーを最大限に活用します。
  • ツールの使用は可能:任意のJava IDEまたはコマンドラインを使用して構築できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です