ホーム > >

Kotlin Eclipse 環境の建築

EclipseはMarketplaceによってKotlinプラグインをインストールし、Eclipseを開き、 Eclipse Marketplace…メニューを順番に選択して、Kotlinプラグインを検索します。

Eclipseを再起動し、 Window -> Open Perspective -> Other…を順番に選択します。Kotlinオプションが表示されている場合、インストールは成功しています。

新しいプロジェクトを作成する

File -> New -> Kotlin Projectを順番に選択して、Kotlinプロジェクトを作成します。

作成した後、プロジェクトの構造は次のようになります。

次には、srcフォルダをクリックしてKotlinファイルを作成します。”.kt”を記述する必要はありません。デフォルトで自動的に追加されます。任意の名前を付けることができます。ここではhelloというファイルを作成します。

次には、hello.ktファイルにいくつかのコードを記述します。 Eclipseには、この操作をすばやく実行できるためのテンプレートが用意されています。mainと入力してEnterキーを押すだけでいいです。

アプリケーションを実行する

次には、hello.ktの編集ボックスを右クリックし、Run As -> Kotlin Applicationを順次に選択して実行します。

正常に実行した後、結果がConsoleウィンドウに表示されます。

ここまで、最初のKotlinコードが正常に実行しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です