ホーム > >

Kotlinコマンドラインによってコンパイルする

Kotlinコマンドラインのコンパイルツールのダウンロードリンクは次に表示されます。

https://github.com/JetBrains/kotlin/releases/tag/v1.1.2-2 最新のバージョンは1.1.2-2です。

ダウンロードすることには最新の安定バージョンを選択できます。

ダウンロードが完了した後、指定したディレクトリに解凍し、binディレクトリをシステム環境変数に追加します。 binディレクトリには、Kotlinをコンパイルして実行するために必要なスクリプトが含まれています。

SDKMAN!

より簡単なインストール方法は、OS X、Linux、Cygwin、FreeBSD、およびSolarisシステムでも使用できます。コマンドは次のとおりです。

$ curl -s https://get.sdkman.io | bash

$ sdk install kotlin

Homebrew

OS Xシステムでは、Homebrewを使用してインストールできます。

$ brew update
$ brew install kotlin

MacPorts

MacPortsユーザーである場合は、次のコマンドを使用してインストールできます。

$ sudo port install kotlin

最初のプログラムを作成して実行する

次のコードでhello.ktという名前のファイルを作成します。

fun main(args: Array<String>) {
    println("Hello, World!")
}

Kotlinコンパイラを使用してアプリケーションをコンパイルします。

$ kotlinc hello.kt -include-runtime -d hello.jar
  • -d: コンパイル出力の名前を設定するために使用されます。classまたは.jarファイル、あるいはディレクトリにすることができます。
  • -include-runtime:.jarファイルにKotlinランタイムライブラリを含めて、直接実行できるようにします。

使用可能なすべてのオプションを確認する場合は、次のコードを実行してください。

$ kotlinc -help

実行する

$ java -jar hello.jar
Hello, World!

ライブラリにコンパイルする

生成されたjarパッケージを他のKotlinプログラムに使用する必要がある場合は、Kotlinランタイムライブラリを含めることは必要ではありません。

$ kotlinc hello.kt -d hello.jar

この方法で生成された.jarファイルにはKotlinランタイムライブラリが含まれていないため、ランタイムを実行する場合、classpathにあることを確認する必要があります。

kotlinコマンドを使用して、Kotlinコンパイラによって生成された.jarファイルを実行できます。

$ kotlin -classpath hello.jar HelloKt

HelloKtとは、コンパイラから生成したhello.ktファイルのデフォルトクラス名です。

REPL(Interactive Interpreter)を実行する

次のコマンドを実行してインタラクティブ shellが取得でき、有効なKotlinコードを入力すると、結果がすぐに表示されます。

コマンドラインによってスクリプトを実行する

Kotlinは、ファイル拡張子が.ktsのスクリプト言語として使用できます。

例えば、list_folders.ktsというファイルを作成します。コードは次の通りです。

import java.io.File

val folders = File(args[0]).listFiles { file -> file.isDirectory() }
folders?.forEach { folder -> println(folder) }

実行中には-scriptオプションによって対応するスクリプトファイルを設定します。

$ kotlinc -script list_folders.kts <path_to_folder>
$ kotlinc -script list_folders.kts 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です