ホーム > >

Kotlin Android 環境の構築

Kotlinプラグインをインストールする

3.0(preview)バージョン以降、Android Studio はKotlinプラグインをインストールします。

[Settings](Mac for Preferences)パネルを開き、右側にある[ Plugins ]オプション(ショートカットCtrl +、Macの場合はcommand +)を見つけ、検索ボックスに「Kotlin」を入力して検索し、[Search in repositories](repositoriesで検索)をクリックして、インストールします。インストールは完了後にAndroidStudioを再起動する必要があります。

新しいプロジェクトを作成する

[Start a new Android Studio project ]または[File | New project]を選択します。ほとんどのオプションにはデフォルト値があります。「Enter」キーを数回押すだけでいいです。

Android Studio 3.0には、現在のダイアログボックスでKotlinサポートを有効にするオプションがあります。これより、(Configuring Kotlin in the project)というステップをスキップできます。

Androidバージョンを選択してください。

作成する必要のあるActivityスタイルを選択します。

Activityに名前を付けます。

Android Studio 3.0では、Kotlinを使用してactivityを作成することを選択できるため、(Converting Java code to Kotlin)というステップが必要ではありません。

以前のバージョンでは、最初にJavaを使用してactivityを作成し、次に自動変換ツールを使用して変換します。

JavaコードをKotlinに変換する

Android Studioを再起動し、新しいAndroidプロジェクトを作成し、デフォルトのMainActivityを追加します。

MainActivity.javaファイルを開き、メニューバーからCode | Convert Java File to Kotlin Fileを順番に呼び出します。

変換が完了した後、Kotlinで記述されたactivityが表示されます。

プロジェクトでKotlinを構成する

このファイルを編集する時に、Android Studioは、現在のプロジェクトにKotlinが構成していないことを示すメッセージを表示します。メッセージに従って操作すればいいです。またはメニューバーで[Tools]を選択できます。

構成を選択すると、次のダイアログボックスが表示されます。インストールされている最新バージョンを選択すればいいです。

Kotlinが構成された後、アプリケーションのbuild.gradleファイルが更新されます。この場合には、apply plugin: ‘kotlin-android’が追加されていることが分かります。

プロジェクトを同期するには、プロンプトボックスで[Sync Now]をクリックしてもいいし、[Sync Project with Gradle Files]コマンドも実行できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です