プライバシー漏洩を防ぎ、古いコンピュータを安全に処分する方法

3C社会に入った今、3C機器の交代率はますます高まっていますが、古いコンピューターを売却・譲渡・廃棄する前に、コンピューター内の重要なデータの漏洩を防いでいますか?
古いコンピュータを安全に処理する方法をいくつか紹介します。

古いコンピューターを処理する前に確認する重要な事項

  • コンピュータに保存されてる重要なデータ。
  • パソコン処理後の情報漏洩防止の注意事項
  • データを復元できないようにするために、事前に注意すべき点
  • コンピューターの処理方法と注意事項

コンピュータに保存されている重要なデータ

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了するため、通常はオペレーティングシステムをアップグレードすると同時に、新しいコンピューターに買い替えすることも計画しています。 新しいコンピューターへのデータ転送が完了したら、古いコンピューターの安全な取り扱い方法も確認する必要があります。
古いコンピューターを処理する場合、最も重要なことは、ハードディスクドライブ(HDD-Hard disk drives)とソリッドステートドライブのデータ(SSD-Solid state drives)が第三者の手に渡るリスクを回避することです。
いわゆるハードディスクとは、読み書磁気ヘッドきヘッドにより磁性体の極性を変化させることによりデータを記録するディスク状の記憶装置である。 もう1つは、半導体フラッシュドライブ(フラッシュメモリ)をストレージデバイスとして使用し、電圧値をコントロールしてデータを保存するソリッドステートドライブです。 コンピュータには通常、内蔵ハードディスクとソリッドハードディスクが搭載されています。または、そのうちの1つがここにデータを記録します。 アドレス帳、個人情報、写真、ビデオ、ドキュメントだけでなく、クレジットカード情報やインターネットサービスの認証情報(アカウントとパスワード)も含まれる場合があります。 このような重要なデータを含むコンピュータが勝手に処理されると、未知の第三者に盗まれると悪用される可能性が高いです。

コンピュータ処理後の情報漏えい防止の注意事項

ハードドライブの種類に関係なく、ハードドライブ内のデータを完全に消去したい場合、選択したファイルとフォルダーをゴミ箱に捨てて「ゴミ箱を空にする」だけでは意味がありません。 このようにハードディスクを初期化すると、データ自体はまだコンピュータに存在し、削除されていません。 データ回復ソフトウェアを使用すれば、表面上に表示されないデータは簡単に回復できます。 では、情報漏えいを防ぐために、コンピュータを処理する前にどのような行動を取るべきでしょうか。

<HDDハードディスク>

HDDハードディスク内のデータを上書き、消磁、および物理的な破壊により完全に消去します。

上書き方式ーデータ消去ソフトを使用
データ消去ソフトウェアを使用している限り、ランダムな文字でハードディスクを複数の回上書きするため、データ回復ソフトウェアを使用しても元のデータを復元できません。

消磁方式・消磁装置
ハードディスクは磁力を利用してデータの読み取りと書き込みを行うため、強い磁場に置かれている限り、データを強制的に消去できます。 データを消去する専門家は、強力な磁力破壊装置を使用します。

物理的破壊ーハードディスクを機械で破壊

データ消去の一部の専門業者は、ハードドライブ破壊装置の圧力を利用してハードドライブを破壊し、ハードドライブを読み取り不能にすることでハードドライブ上のデータを保護しています。 しかし、個人的にハンマーやパンチを使ってハードドライブを破壊したい場合は、この試みをおやめください。 実際には、損傷したハードディスクの半分からデータを回復することができ、損傷プロセス中にCD内の部品やガラス片によって怪我されることは非常に危険です。
データ消去ソフトウェアを使用している限り、ランダムな文字でハードディスクを複数の回上書きするため、データ回復ソフトウェアを使用しても元のデータを復元できません。

<SSDソリッドステートドライブ>

SSDソリッドステートドライブのデータを暗号化する
ソリッドステートドライブへの書き込み回数は制限されています。ソリッドステートドライブのさまざまなストレージ方法により、上書きだけではデータの読み取りが阻止できませんが、暗号化することでデータを読み取ることができなくなってから、初期化してデータのセキュリティをより確実にすることができます。 Windowsオペレーティングシステムには暗号化ツール「BitLocker」が組み込まれており、Macオペレーティングシステムには暗号化ツール「FileVault」が組み込まれているため、誰でも直接使用できます。
暗号化:元データは一定の法則により異なる情報に変換され、暗号を解かない限りデータが取得できません。 データを暗号化する場合でも、デコードする場合でも、変換には鍵と呼ばれる情報の法則が必要です。 したがって、暗号化に使用される鍵とペアになっていない場合、または同じキーがない場合、第三者は元の情報が取得できません。 暗号化に関しては非常に大きく、暗号化とデコード化に使用されるキーは同じでも異なっていてもかまいません。 インターネット上の暗号化技術は、情報漏えいや改ざんを防ぐために広く利用されています。

物理的手段を使用してソリッドステートドライブを破壊する

ソリッドステートドライブにデータを記録するフラッシュメモリは複数ありますが、それらがすべて破壊されなければ、データの一部を復元することができます。 ソリッドステートドライブの破壊を完全にするために、データを消去する専門業者が所有する特別な機械に委託してください。
データを回復不能にする方法をより重要なのは、事前の注意事項です。
必ず必要なデータを新しいマシンや外部記憶装置、クラウドサービスなどに保存し、転送先が正しいかどうか、ファイルをスムーズに開くかどうかを確認してください。 同時に、パスワード管理ソフトウェアを使用して、使用しているネットワークサービスのパスワードを新しいマシンに転送してください。 また、データ消去ソフトをご利用の際は、パソコン周辺の機器をすべて取り外してください。 このように接続すると、データが完全に消去できない、または必要なデータが削除または破壊されない可能性が高くなります。 作業を開始する前に、すべての手順を完了してください。
会社で定められたルールに従って、職場で使用するコンピューターを扱ってください。 新しいコンピューターにデータを転送する場合、会社の許可なしのデバイスやクラウドサービスを使用することは固く禁じられています。

コンピュータの処理方法と注意事項

コンピュータを処理する際に最も重要なことは、重要なデータがハードドライブとソリッドステートドライブから流れ出ないようにすることです。 処理方法は非常に多様化しており、販売、割引、譲渡、廃棄物処理の4つの方法があります。 どちらの方法でも、続行する前にデータが消去されていることを確認する必要があります。専門業者に依頼する場合は、複数の業者と比較して、信頼できるサービスを選択する必要があります。 データ消去サービスもありますが、できる自ら限り消去してから、業界に依頼する方が安全です!

パソコンに不慣れな未成年者や、インターネットに慣れていない家族に譲渡した場合、安全に使用できる環境を整えることが最も重要です。 重要なのは、ウイルス対策ソフトウェアをインストールして最新のバージョンにアップグレードし、オペレーティングシステムとソフトウェアを最新バージョンにアップグレードすることです。 このようにして、オンライン詐欺やウイルス感染する可能性を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です