24 September, 2020

iTunesからiPhoneに音楽を追加する方法

iPhoneを使って音楽を聴きたい場合、通常のAndroidフォンやMP3とは異なり、音楽をコンピュータにドラッグするだけでスマートフォンに保存できません。専用の同期ソフトウェア「iTunes」を使用する必要があります。 音楽データベースを作成して電話に同期したら、聴きたい曲をiPhoneに取り込むことができます。 この手順は、 iPhone を長く使用したことがあるユーザーにとっては非常に簡単ですが、iOSを初めて使用するユーザーにとっては慣れるまでに少し時間がかかる場合があります。 したがって、この記事では、iOSを初めて使用するユーザーに、お気に入りの曲をiTunes経由で携帯電話にドラッグする方法を説明します。早速見てみましょう!

ステップ1 – iPhoneを接続してiTunesを開く
コンピューターから携帯電話に音楽を取り込む前には、ケーブルを使用して接続し、携帯電話の画面のロックが解除されているときにiTunesを開きます。

注意!iTunesでファイルを追加する場合は、元のデータベースから同期する方法をドラッグ方式に変更してください。iTunesホームページにアクセスし、一番下にスワイプして[音楽とビデオを手動で管理する]をオンにしてください。そうすると、 ドラッグするだけで、お気に入りの音楽をスマートフォンに取り入れることができます

ステップ2-「プレイリスト」を追加する
次に、「我的裝置上」ー「音楽」をクリックし、「播放列表」に音楽アイテムに追加して、iTunesを介してIPHONEに音楽をドラッグする前の予備操作を完了します。

ステップ3:音楽のドラッグを開始します。
準備作業が完了後、iTunesに好きな曲をドラッグして、最後にこれらのファイルをiTunesを介して携帯電話に保存し、好きな音楽を聴くことができます。

注意!音楽を取り入れる際、「iCloud Music データベース」を同期できないなどの場合、必ず「設定」>「ミュージック」>「iCloud Music データベース」から「iCloud Music データベース」のオプションをオフにしてください。そうするとデータベースが自動的に同期されることからデータベースを手動で同期するようになり、音楽のドラッグをよりスムーズにすることになります。

iTunesを元の同期方式からドラッグ方式に変更する最大の利点は、ファイルへのアクセスがより便利になることです。これにより、AndroidフォンからiOSフォンに切り替えたユーザーが新しい 同期ソフトウェアに慣れるまでの苦労をせず、より早くマスターできます。 iPhoneに音楽を取り入れる問題があれば、上記の手順に従って試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です