29 October, 2020

iOS 13向けに最適化されたバッテリー充電とは何ですか? 循環を減らし、バッテリーの劣化を防ぐことができる方法

2019 Apple 開発者大会(WWDC 2019)では、iOS 13のいくつかの新機能について言及されていません。iOS13にアップグレードすると、バッテリーの設定に「最適化されたバッテリーの充電」があることに注意してください。以下のテキストで説明するように 、この機能はiPhoneバッテリーの劣化速度を低下させる可能性があります。また、毎日の充電モードも学習できます。この機能は一体どういう役割を果たしていますか、一緒に見てみましょう。

iOS 13に最適化されたバッテリー充電

iOS 13の公式テキスト機能の説明によると、バッテリーの経年劣化を抑えるため、iPhoneは毎日の充電モードを学習し、80%に達すると、必要になるまで充電が完了するのを待ちます。
「最適化されたバッテリーの充電」機能は必須ではありません。ユーザーは「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」に移動してこの機能をオフにすることもできます。バッテリーの寿命を常に気にしている場合は、この機能をお勧めします。 この機能をオンにすると、より安心してiPhoneを充電します。

ただし、Appleの機能の説明を読んだ後は、誰もが混乱していると思います。iPhoneのバッテリーは、80%が充電されると充電が停止し、残りの20%はいつ完全に充電されるのかと疑問を思います。 この方法でバッテリーを充電すると、毎回完全に充電する必要があるユーザーは、不安を感じることになります。バッテリーが1日使用するのに足りず、すぐに再充電して、80%でストップされることになるからです。
では、この機能はどのように動いているでしょうか? なぜAppleはこの奇妙な設定をしたのですか?

「最適化されたバッテリー充電」機能について説明する

実際、「最適化されたバッテリー充電」機能の主な目的は、バッテリーの寿命を延ばすことです。バッテリーの状態が80%以下になっていると、バッテリーが古くなっていることを意味し、バッテリー交換の準備をする時期でもあります。バッテリーは消耗品ですが、 Appleはユーザーがバッテリーの状態データを毎日時々チェックし、しばらくすると、バッテリーの状態が異常であるかどうか、バッテリーが異常に速く消費されているかどうかバッテリーの寿命に悩むことを望んでいません。
したがって、バッテリー寿命の問題を軽減するために、AppleはiOS 13に「最適化されたバッテリー充電」機能を追加しました。主に機械学習機能を使用して、ユーザーの通常の使用習慣を自動的に記憶します。例えば、使用していない時にデバイスがまだ充電されていると、 最大フル充電状態を80%までに制限されています。通常の使用期間に近づくとすぐに、低速充電状態になり、フル充電されます。

たとえば、一部のユーザーは、仕事や睡眠時間にiPhoneを充電することに慣れています。このとき、「最適化されたバッテリー充電」メカニズムが動き、学習モードは、ユーザーが使用されなくても、毎日特定の時間帯に携帯使用しなくても充電をしたり充電は100%に達しても充電が続行されることがわかります。このようにゆっくりと充電すると、実際にはバッテリーの寿命に影響を与えるため、iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」機能は秘書のようなもので、この時間の100%までフル充電する必要はなく電力の80%に達していれば、それでよいです。起床または退社の数時間前からフル充電を開始します。

ただし、この機能は、オンにしてからすぐに起動しません。、システムが充電の傾向を分析して動作を開始するまで約1か月ぐらいが必要です。
このスマートな方法でバッテリーを管理すると、iPhoneの不適切な充電または放電の習慣を効果的に改善し、低バッテリー状態への電力消費を防ぐことができます。また、急速充電により100%まで完全に充電できます。電力制限を80%までにすると、充電サイクルを減らすことができます。バッテリーの商もをさらに減らし、寿命を延ばすことができます。なぜ80%までにしているかと不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、こちらの記事で明らかにします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です