iPhoneが起動できない原因分析と解決策

電源ボタンやホーム画面のボタンを押しても反応がなく、Phoneが電源を入れられない状況に遭遇した人が多いと思います。iPhoneが起動できない場合には黒い画面や白のアップルロゴで表示される可能性があり,この問題を引き起こす原因は様々です。以下では,iPhoneが起動できない原因を詳細に分析し,様々な解決策を提案します。

iPhoneが起動できない原因の分析について

多くのユーザは,iPhoneが電源を入れられない場合には,ハードウェアの故障だと考えますが,実際にはソフトウェアの故障や小さなソフトウェアエラーに起因することが多いです。iPhoneが電源を入れられない原因はさまざまですが、以下ではiPhoneが電源を入れられない原因を詳しく説明します。

ハードウェアの原因

サイドボタン(電源キー)の故障

iPhoneのサイドボタン(電源ボタン)が押されて戻ってこなかったりするなどの不具合が発生した場合、電源が入っていない状態ではiPhoneが正常に作動しなくなります。このような問題が発生した場合、アップルの修理センターに協力を求めるほかないです。

ディスプレイが故障

ディスプレイが表示できない場合はハードウェアの故障になりますが、どのようにiPhoneが電源を入れられないのはディスプレイの故障によるものと判断されるのでしょうか?iPhoneを強制的に電源を入れてみてください。ボタンが反応してロック音が聞こえたりしても画面が真っ暗になっている場合は、ディスプレイが異常になる可能性が高いです。スマートフォンが水に入ったりぶつかったりすると画面が正常に表示されない場合がありますので、修理に依頼することをお勧めします。

バッテリの残量が低すぎたり故障したりが原因

iPhoneが電源をオンにできない多くの原因のうち、最も多い原因の一つは電力不足やバッテリーの故障です。iPhoneが電力不足になると、突然黒画面になり電源が入らなくなり、iPhoneを充電するしかありません。バッテリーの電力不足以外に、バッテリー自体に問題がある場合、iPhoneが自働的にシャットダウンされます例えば、iPhoneの電量パーセント表示が間違っているため、ユーザーは電量が十分だと勘違いしているが、電力量が臨界点に達しているため、画面が急に黒画面になり、電源を入れられなくなります。

また、正規の電池を使用すると、正常に充電できない場合があります。 バッテリーの状態は、次のパスで確認できます:「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」「最大容量」の横にパーセンテージが表示されます。パーセンテージが表示されない場合は、バッテリーの状態のチェックを専門の修理選択しにテストの依頼をするようにをお勧めします。必要に応じてバッテリーを交換します。

注意:「バッテリーの状態」はiPhone 6以降のモデル、iOS 11.3以降に追加された新機能で、バッテリーヘルスステータスを表示できます。必要に応じてバッテリーを交換することをお勧めします。

ソフトウェアの原因

システムが故障

iOSシステムの更新・リセットに失敗したり、システムアーカイブファイルの破損などが原因でiPhoneの電源が入らなくなる可能性があります。システムの問題でiPhoneが正常に電源を入れられない場合は、Renee iPassFixソフトを使って強制的にシステムを復元させてみてください。詳細は第2部の説明をご参照ください。

マザーボードの破損

最も深刻で直面したくない状況は、マザーボードの破損によるiPhoneの電源が入らないことです。マザーボードの不具合の原因は、外力による沖突、携帯電話の浸水など様々であります。この場合、iPhoneは起働できないほか、次のような兆候が現れる可能性があります。

ディスプレイは黒色、青色、赤色で表示される。
iPhoneは白いアップルロゴで表示されるが、携帯電話を起働できない。
電力の消耗速度が異常になり、低電力状態になり、電源が入らなくなる。

iPhoneの黒画面/白いアップルロゴが表示され、正常に起動できないことの解決する方法

iPhoneが起動できないとき、最も多いのは黒画面と白いアップルロゴの状態です。潜在的な原因としては、電池の故障、電力不足、アプリケーションの崩壊、システム障害などが挙げられます。黒画面の状態でiPhoneを起動できないほか、白いアップルロゴ(Appleでロゴを立ち上げたまま)を起動することもあります。

白いアップルロゴが表示される原因について:

  • iPhoneはシステムソフトの更新期間中に不具合が発生する。
  • iPhoneは脱獄やCydiaでインストールされているアプリケーションに問題がある。
  • iPhoneは期間切れのiOSベータ版で実行し、そのベータ版に問題がある。
  • iPhone本体が破損している。

黒画面/白いアップルロゴが出てきた原因を分析して、次の5つの解決方法を試してみてください。

解決策1: iPhoneを強制的に再起動させる

iPhoneが起動できない場合の解決策として、強制的に再起動させることです。時には、問題はこれで簡単に解決されます。

iPhoneの強制的再起動操作は型番によって若干異なります。

iPhone8またはそれ以上のバージョン:「音量+」ボタンを押して素早く離します。さらに「音量-」ボタンを押して素早く離します。アップルのロゴが見えるまで、側面の「電源」ボタンを押します。

  • iPhone7, iPhone7 Plus: アップルロゴが見えるまで、上部(または側面)の「電源」ボタンと「音量-」ボタンを押します。
  • iPhone 6Sやその以前のバージョンでは、ロゴが見えるまでホームボタンと上部(または側面)の「電源」ボタンを同時に押します。

解決策2: iPhoneは少なくとも30分以上充電する

強制的にiPhoneを再起動させることができない場合は、iPhoneを電源に接続して充電し、十分な電力量を確保しておいてください。iPhoneが黒画面になったり、再起動が反応しなかったりするのは、バッテリーが完全に切れているからかもしれません。この場合、iPhoneを少なくとも30分充電してから電源を入れることをおすすめします。

Tipsでは、充電してから数分後に「充電」のインターフェースが表示されるはずです。一時間以内に「充電」インターフェースが表示されない場合は、充電口やUSBケーブル、電源アダプタに異常や破損がないかを確認するか、他のケーブルと電源アダプタを直接交換して充電してみてください。

それでもiPhoneが電源を入れられない場合は、次のような方法を試してみてください。

解決策3: 復元モードによるiPhoneの更新を試みる

復元モードに入りiPhoneを更新することで、様々なiOSシステムの不具合を修復することができます。もちろんiPhoneが起動できないという問題も含まれます。この方法のメリットは、デバイス上のファイル情報を変更せずにiOSを再インストールすることを試みることができます。もしあなたのiPhoneがiOSシステムのソフトウェアを更新しているときに発生する問題であれば、通常はこの方法で解決できるが、ハードや脱獄の問題は解決できません。復元モードに入る前にiTunesを最新バージョンに更新する必要があります。そうでないと更新に失敗する可能性があります。

具体的な操作手順は以下のとおりである。

1、パソコンでiTunesを開き、USBケーブルを介してiPhoneに接続します。

2、以下の操作を行ってiPhoneを復元モードに入ります。

  • iPhone 8またはそれ以上のバージョン:「音量+」ボタンを押して素早く離し、さらに「音量-」ボタンを押して素早く離します。そして,復元モード画面とiTunesポップアップメッセージが表示されるまで,側面の「電源」ボタンを押します。
  • iPhone 7とiPhone 7 Plusモデルでは、「電源」ボタンと「音量-」ボタンを同時に押して、iPhoneが再生モード画面やiTunesでメッセージをポップアップするまで押し続けます。
  • ホーム画面ボタン付きiPhone 6sまたはそれ以前のバージョンは「電源」ボタンとホーム画面ボタンを同時に押して、iPhone表示復元モードインターフェースとiTunesでポップアップメッセージが表示されるまで押し続けてください。
iPhoneが復元モードに入る

3、最後に、iTuensソフト上で「更新」をクリックすると、iTunesはiPhoneのiOSシステムを更新します。

iPhoneの更新で問題が解決できない場合は、「iPhoneをリセットする」をクリックしてみてください。注意しなければならないのは、iPhoneをリセットすれば、デバイスのすべてのデータや設定が完全に削除されるということです。事前に情報をバックアップしなければ、失われた情報は回復できません。

解決策4: DFUモードによるiPhoneを復元

復元モードのほかに、アップルはDFUモードというもう一つの高度な機能を提供しています。DFUモードでは修復不可能なシステム障害を修復できますが、iPhoneのデータがすべて消去されます。

具体的な操作手順は以下のとおりです。

1 、まず,iPhoneをDFUモードに入れる。

異なるモデルのiPhoneはDFUモードに入る操作の仕方も異なります:

iPhone 6s及びその以前のバージョン、iPhone SE

a、USBケーブルを使って装置をパソコンに接続し、iPhoneをシャットダウンします。

b、装置の電源を切った後、装置の「電源」ボタンを3秒間押し、その後装置のホームボタンを同時に押し、両ボタンを10秒間押したままにします。

c、「電源」ボタンを離しますが、メイン画面のボタンを約5秒間押したままにします。画面が黒のままになって、iTunesポップアップ表示ウィンドウが表示される場合は、iPhoneが現在DFUモードになっていることを示します。

iPhone 7とiPhone 7 Plusデバイス

a、USBケーブルを使ってデバイスをパソコンに接続し、iPhoneをシャットダウンします。

b、「電源」ボタンを3秒押し、「音量-」ボタンを押し、2つのボタンを同時に10秒間押し続けます。

c、「電源」ボタンを離すが、「音量-」ボタンはそのまま5秒間押し続けます。デバイスがDFUモードになると,画面上には何も表示されなくパソコンのiTunesではiPhoneに接続できるようにメッセージがポップアップします。

iPhone 8およびその以後のバージョン

a、USBケーブルを使って装置をパソコンに接続します。「音量+」ボタンを押して、「音量-」ボタンを押します。

b、「電源」ボタンを押し、黒画面になる瞬間に「音量-」ボタンを押し、2つのボタンを5秒間押し続けます。

c、5秒後、「電源」ボタンを離し、「音量-」ボタンを押し続けます。

d、iTunesポップアップが提示されるまで、装置画面が真っ黒で何も表示されない場合、装置はすでにDFUモードに入っていることになります。

2、最後に、iPhoneがDFUモードに入ると、iTunesがポップアップウィンドウが開きます。「回復」をクリックし、iTunesの復元完了を待ちます。

解決策5:アップルのアフタサービスに連絡する

以上の4つの方法でiPhoneを正常に起動させることができない場合、iPhoneにはハードウェアの問題やその他のより深刻な問題がある可能性があります。その際の最良の解決策はアップルのアフタサービスに連絡し、修理してもらいます。

iPhoneの画面に赤い線がある問題の解決方法

あなたのiPhone画面が黒画面で赤のラインが表示されたとき、iPhoneにハードウェアの問題があることを示しています。iPhoneが地面に叩きつけられたり、別の衝撃を受けたりした場合、発生の可能性はさらに高くなります。通常、このような状況に遭遇した場合、まず電源を再起動して試します。もし問題が解決できない場合、アップルのアフタサービスに連絡するか、または公式許可修理センターに送って検査・修理することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です