ホーム > >

iPhoneを充電しても応答しないか、充電できません。 9つの技による完璧な解決策

iPhoneが充電できないのはなぜなのかと尋ねることがよくあります。LightningケーブルがUSBポートまたは充電用の電源に変更されても応答がありません。このような問題が発生した場合は、以下の方法で原因を確認し 、iPhoneが充電されない問題をすばやく解決できます。

Lightningケーブルケーブルが正規品ではない、またはMFi認定に合格していないもの

iOS 7以上では、ケーブル正規品でないケーブルから充電できないように厳しく保護設置されています。 まず、Lightningケーブルケーブルが正規品であるかどうか、またはLightningケーブルがMFi認証に合格しているかどうかを確認します。別のケーブルケーブルで試してみてください。オンラインで超低価格で購入した正規品のLightningケーブルケーブルと称するケーブルは、偽物に間違いがありません。通常、このようなケーブルはiOSのアップグレードしたら充電やデータ伝送ができなくなります。

Lightningケーブルが破損しているかどうか

現在使用中のLightningケーブルに深刻な破損があり、内部のワイヤーさえも見える場合は、火災の危険を回避するために、直接交換することをお勧めします。

iPhoneのLightningコネクタが汚れている

ズボンの内ポケットにiPhoneを入れることが多いので、iPhoneのLightningコネクタに小さな綿などがコネクタ内に入ってしまうことがあります。Lightningケーブルが差し込んだり、外したりすると、綿はどんどん詰まります。 充電は次第に遅くなり、最終的には充電できなくなってしまいます。懐中電灯を持ってiPhoneのLightningコネクタを照らして、異物が詰まっているかどうかを確認することをお勧めします。遺物が詰まっていれば、まずiPhoneの電源を切り、つまようじまたはペーパークリップを使用して綿または糸を引っ掛けて出します。

iPhoneのLightningコネクタにゴミが付着していて、それを取り除くことができない場合は、無理に取らないでください。充電ポートを損傷すると、デバイスの修理が必要になります。

パソコンのUSBポートを変更するか、コンセントに変更します

パソコンのUSBで充電する場合、パソコンのUSBポートが古くなって、正常に充電できないことがあります。別のUSBポートに変更するか、コンセントを使用して充電してください。

デバイスを強制的に再起動する

上記に問題がないことが確認された場合は、iOSデバイスを再起動することをお勧めします。

iPhone X、iPhone 8、またはiPhone 8 Plusの場合:音量アップボタンを押してすばやく離し、音量ダウンボタンを押してすばやく離します。 次に、アップルのロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone 7またはiPhone 7 Plusの場合:Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンと音量ダウンボタンを同時に10秒以上押し続けます。

iPhone 6s以前のモデル、iPadまたはiPod touch:ホームボタンと上部(またはサイド)ボタンを同時にAppleロゴが表示されるまでに10秒以上押し続けます。

デバイスが充電されずに長時間放置している

iPhoneを長期間使用せず、電力が完全に消耗している場合は、コンセントで1時間以上iPhoneデバイスを充電してから、電源を入れて、正常に起動できることを確認することをお勧めします。

どのように充電しても応答がない場合は、アップル正規修理センターに直接送って修理することをお勧めします。保証期間内であれば、正規のリチウム充電式バッテリーに直接交換できます。

ワイヤレス充電が原因で充電できない

iPhoneを不明または非Qi認定のワイヤレス充電器で充電した場合は、できるだけLightning伝送ケーブルを使用することへの変更をお勧めします。安価のために、iPhoneバッテリーに早くも問題を引き起こさないように注意してください。

電量が80%で止まり、フル充電ができない

Appleは、充電中にiPhoneが熱くなることがあります。熱くなりすぎると火災危険の回避とバッテリーの寿命を延ばすために、電力が80%に達した後に充電を制限する場合があることを公式に確認しています。 温度が下がると、iPhoneは再び充電されます。iPhoneと充電器を涼しい場所に移動してみてください。

過去に水に浸されたことがある

過去にiPhoneデバイスを地面に落としたり水に浸したりして、電話の内部部品に損傷を与える可能性がある場合、Apple認定の修理センターに直接送ることをお勧めします。エンジニアにハードウェアが故障しているかどうかを確認してもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です