20 October, 2020

iPhone8に基づいて作成された第二世代のiPhone SEと初代目のiPhone SEとの比較

第二世代のiPhone SEは、初代目のiPhone SEのアップグレードバージョンとして人気があります。そのため、著者は2016年にAppleが発売した初代目のiPhone SEと、iPhone 8に基づいて作成された第二世代のiPhone SEを比較します。

今回手に入れた第二世代のiPhone SEの外箱もiPhone 11と同じです

iPhone SEという名前の由来は、2016年に初代目のiPhone SEが発売された時に、当時Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるPhil Schillerは、「SE」は「特別バージョン(Special Edition)」を意味すると説明しました。

iPhone SEは「誰でも買えるiPhone」と呼ばれますが、実際、これはApple会社が小さいサイズのスマホに慣れたユーザーを中心し、新しいプロセッサに変換し、新しいOSに対応でき、手頃な価額でユーザーをスマホの買い替えに引き付けます。

例えば、2016年に発売された初代目のiPhone SEは、iPhone 6sと同じA9プロセッサ、iPhone 5sと同じデザインを採用していました。また、Apple Payなどのサービスも使用できます。元々4インチのディスプレイに慣れたユーザーが新しい製品に買い替えするためです。

側面には「iPhone」の文字のみが表示されています
中身は、スマートフォン、充電ケーブル、充電器、Lightningイヤホンが含まれます

今回発売された第二世代のiPhone SEは、同じ市場戦略を採用しています。今回は販売されている最小の画面サイズで、4.7インチの画面しかないiPhone 8に基づいて、iPhone 11と同じA13 Bionicプロセッサに置き換えられています。そして、iPhone 11と同じWi-Fi 6を採用され、背面カメラもiPhone 11と同じ1200万ピクセル広角レンズに置き換えられました。ソフトウェア演算に基づいてポートレートライティングをサポートされています。

ただし、既存のiPhone 11シリーズとはっきり区別つくため、第二世代のiPhone SEは超広帯域測位技術に対応できるU1チップが一つ減られ、他のレンズも縮減されるため、iPhone 11のナイトモードの低照度環境及びDeep Fusion機能に対応できません。

第二世代のiPhone SEは、ポートレート撮影にも対応した700万ピクセルの前面カメラを搭載し、背面カメラは、iPhone 11と同じ1200万ピクセル、f/1.8絞りの広角レンズを採用し、ソフトウェア演算のポートレートモード及び6種類のポートレートライティングに対応できます。そして、深度コントロール機能も使えます。

ただし、A13 Bionicプロセッサも搭載されているため、第二世代のiPhone SEは演算性能の向上及びハードウェアの拡張によって、もっと複雑なアプリを使えるようになります。安定したAI演算さえ対応できます。

他の部分(デザイン)、背面のアップルロゴは保留され、文字の部分が削除しました。本体はIP67の防水・防塵性能で、Qiワイヤレス充電機能を第二世代のiPhone SE搭載されています。そして、18W急速充電が搭載されるため、30分で50%の電量に達することが可能です。

背面のデザインは前よりシンプルになりました

2017年に発売されたiPhone 8と比べると、今回発売された新しいiPhoneのコスパはより良いです。

販売対象から見ると、第二世代のiPhone SEはiPhone 11以外の最も安いiPhoneになります。また、小さいサイズのディスプレイに慣れたユーザーにも対応でき、格安でAndroid端末と競争できます。又はiPhoneユーザーが予備のスマホとして入手します。

左側から右へ:初代目のiPhone SE、今年発売された第二世代のiPhone SE、iPhone 8
左側から右へ:初代目のiPhone SE、今年発売された第二世代のiPhone SE、iPhone 8
今年発売された第二世代のiPhone SEとiPhone 8の外観の比較
今年発売された第二世代のiPhone SE(左側)と初代目のiPhone SEの外観の比較
iPhoneSE専用のケースアクセサリー
ケースアクセサリーはほとんどiPhone 8に対応できます
本体はiPhone8と同じデザインなので、他のアクセサリーもiPhone8に対応できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です