iPhoneは内蔵カメラでQRコードをスキャンし、ウェブページ/アルバムでQRコードをスキャンする方法

iOS 11以降、AppleはQRコードのスキャン機能を内蔵カメラに統合しました。追加の設定を開かずに、カメラをQRコードに移動するだけです。
カメラのiPhoneをオンにし、画面をQRコードに移動すると、iPhoneは以下に示すように「モバイルバーコード」通知を表示します。

これで完了です。 モードに切り替えたり、設定を開いたり、アプリをダウンロードしたりせず、カメラをQRコードに移動するだけで(指でタップして焦点を合わせる必要な場合もある)、QRコードを自動的にスキャンします。 上部に表示される通知をタップすると、QRコードの内容を開くことができます。 テストによると、App Store、連絡先、LINE、WebページのQRコードがサポートされています。
iPhoneを使ってネットサーフィンをしているとき、「QRコードをスキャン」のウェブページを見ると、iOS内蔵のカメラを使ってQRコードをスキャンできることは誰もが知っていますが、さすがにもう一台のiPhone使ってQRコードをスキャンできません。
ここで、皆様に簡単なトリックを教えます。内蔵のSafariはWebページのQRコードをスキャンできます!

iPhoneはQRコード画像をどのようにスキャンしますか?
まず、ウェブページは必ずSafariで開いてください。QRコード画像を長押しすると、「開く」、「新しいタブで開く」、「XXXで開く」などのSafariポップアップメニューが表示されます。

「開く」をクリックすると、iPhoneでQRコードを直接スキャンしてWebページを開くことができます。

通常のWebリンクと同様に、「共有…」、「閲覧リストに追加」、「リンクをコピー」なども使用できます。

ただし、この機能は、Safariを使用してウェブページを開くことに限ります。他に、Facebook、LINEを使用してリンクを開くなど、アプリの内蔵ブラウザーが使用されるため、QRコードをスキャンする機能がないため、Safariを使用することをお勧めします 。

QRコードがウェブページにない場合はどうなりますか?
QRコードがウェブページにある場合、画像を長押しすることでスキャンして直接開きますが、QRコードがLINEグループで送信される画像またはQRコードはアルバム内の写真の場合はどうなりますか?
現時点では、サードパーティアプリしか使用できません… QRコードリーダーアプリをダウンロードできます。
アプリに入ったら、スキャナーを見つけ、上の花のアイコンをタップし、アルバムのQRコードをタップします。

これにより、アルバムのQRコードが自動的にスキャンされます。

このアプリは、QRコードの生成、バーコードのスキャンなどにも使用できます。また、Widget から直接アクセスすることもできます。機能は非常に完備でかつ無料です。頻繁にQRコードをスキャンする必要がある場合は、ダウンロードすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です