iPhoneで撮った写真やビデオをコンピュータに転送する方法

一枚か数枚のiPhoneの写真をWindowsコンピュータに導入するには、iTunesやサードパーティのツールを使用せずに、2つの方法を使用することをお勧めします。( 低解像度での写真のダウンロードを避けるために、Phoneのストレージスペースを最適化するを開いている場合は、「設定」>「ダウンロードして元のファイルを保存する」をオンにしてから操作してください。

写真の導入方法:Windowsの「ファイルマネージャー」を使用してiPhoneの写真を導入します。

ステップ1
iPhoneをUSBケーブルで接続すると、電話に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか」のメッセージが表示され、「許可」をクリックしてロック解除パスワードを入力してください。パソコンに「Apple iPhone」ディスクが表示され、クリックしてください 。

ステップ2
その中にたくさんのフォルダが表示されます。最新の写真はどのようにして見つけますか? 次のステップでは、隠されたテクニックを教えます。
注:「このフォルダーは空です」がフォルダーに表示されている場合、iPhoneデバイスが「許可」を押していないことを意味します。
ステップ3
右上の検索ボックスに「IMG」と直接入力すると、iPhoneのすべての写真が撮影日順に自動的に配置され、コピーしたい写真が日付から検索されます。
ステップ4
導入する写真が見つかったら、写真を右クリックしてコンピューターにコピーします。

すべての写真を導入する場合は、この方法はお勧めしません。2番目の方法の方がより早く導入できますのでお勧めします。

写真を一括で導入する方法:Windowsの「組み込み写真」を使用してiPhoneの写真を導入します。
過去数年間、Windowsシステム自体が進化し続けています。Windows 10はiOSの写真管理機能はますます強力になっていますが、ほとんどのiPhoneユーザーは、前述の方法のみ使用します。実際、Windowsは別の方法で iPhoneの写真を一括でコンピューターに導入し、組み込みの機能を使用して管理することもできます。以下ではWindows 10を例として示します。

ステップ1
まず、Microsoft StoreからiTunesソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ダウンロード後、「開始」をクリックします。 iTunesスタンドアロンバージョンまたはMicrosoft Storeバージョンをすでにインストールしている場合は、この手順をスキップしてください。

iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続し、iTunesを開いて、iTunesがiPhoneデバイスをキャプチャできるかどうかを確認します。 iPhoneデバイスに「このデバイスを信頼する」というプロンプトが表示されたら、「信頼」をクリックしてiTunesが電話にスムーズに接続できます。iTunesの上部に「携帯電話の図形」が表示されます。図形をクリックして、iPhoneを確認します。接続が成功した場合は、iTunesを閉じてください。

ステップ2
次に、Windowsの検索ボックスに「写真」と入力すると、写真アプリケーションが表示されます。「開く」をクリックしてください。

ステップ3
初めて使用するときは、ウェルカムプロンプトが表示されますが「現在、使用します」をクリックしてください。

ステップ4
右上隅にある「導入」>「USBデバイスから」をクリックします。

手順5
この時点で、iPhoneデバイス内のすべての写真とビデオが自動的に検索されます。また、データの大きさによって、かかる時間が異なってきます。

手順6
[導入するアイテムを選択してください]画面が表示された場合は、フル検索が完了しています。黙認はすべての写真が選択されている状態です。手動で写真を選択して導入したい場合は、右上隅をクリックしてすべての選択をキャンセルできます。保存したアイテムを変更してフォルダをさらに調整したい場合は、「導入設定」をクリックしてください。
保存したいフォルダデータを導入することをおすすめします。例えばハードドライブDに写真をバックアップすることに慣れている場合は、パスを変更してください。導入したアイテムのグループ化を設定する方法もあります。ツールが日付、月、年に従って自動的に分類します。同時に、[アイテムを導入後にデバイスからこれらのアイテムを削除する]チェックすると、コンピューターに導入した後に写真がiPhoneから自動的に削除されるようになります。
導入中にエラーが発生場合
導入中に「接続中に問題発生」と表示された場合、「再試行」を押し続けても導入が続行されない場合はどうすればよいのでしょうか。(発生しなかった場合はスキップしてください)
iPhoneデバイスに戻り、iOSの[設定]> [写真]をクリックし、「MACまたはPCに転送」オプションを[元のフォーマットのまま]に変更し、USBケーブルを取り外して再接続すると、写真の導入が続行されます。

ステップ7
導入が終了後、実際の写真はWindows「写真」アプリから確認するか、バックアップフォルダーを直接開いて元の写真を見ることもできます。
また、写真をクリックして写真のデータ情報を表示することもできます。この方法で導入されたファイルがすべて元のファイルであり、処理中に変換されてないことを証明しています。

上記の2つの方法は、iPhoneの写真をWindowsコンピュータに簡単に導入してバックアップできます。実際には、他のサードパーティツールを使用しなくても実現できます。もちろん、次回新しい写真を導入する際、Windowsの写真を使用するだけで、iTunesをインストールして開く部分を省略できます。操作方法はいたってシンプルでWindowsの写真から直接閲覧することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です