iPhoneの写真を分類し、毎日撮影した多数の写真を整理します

iPhoneの「写真」プログラムを開きます。写真を保存する場所は「フォトカメラ」と「フォトギャラリー」です。iPhoneで撮影した写真とスクリーンショットは、自動的に「カメラフィルム」に保存され、 iPhoneのすべての写真は「フォトギャラリー」にバックアップされます。 コンピューターで写真を管理するという以前の概念に従っている場合、「同期された写真はすべてフォトライブラリに保存されるため、「フォトライブラリ」に直接サブデータカテゴリを作成すればよい」と考えるかもしれませんが、iPhoneの写真管理ロジックはそうではないようです。

iPhoneの写真管理ロジックは、サブカテゴリフォルダを「フォトギャラリー」とは独立した「フォトアルバム」として扱うことであり、フォトギャラリーはすべての未分類の写真を保存する役割です。新しいアルバムは自分で追加して 写真をカテゴリ別に整理します。写真をアルバムに分類した後も、「フォトギャラリー」にバックアップが残り、同じ写真を複数のアルバムに同時に保存できます。 「フォルダ」より、本の「タグ」のような概念に近いです。

「写真」にアルバムを追加する場合は、iTunesと同期するだけでなく、iPhoneの「写真」の右上隅にある「編集」を直接クリックし、左上隅にある「追加」をクリックします。 アルバムの名前を入力すると、アルバムに分類する写真を選択して、最後に「完了」をクリックします。写真の場所を移動する場合は、まず「写真」のメイン画面の右上にあるアイコンを押し、1枚ずつ写真を選択してから、[追加]をクリックし、写真を追加するアルバムを選択して入れます。 「フォトギャラリー」を開くと、サムネイルインデックスがクリアな画像を閲覧できるので、枚数が多すぎなければ、別のアルバムカテゴリーを作る必要がないようです。
あなたのiPhoneに、「アルバムの中のアルバム」機能を使用して並べ替えてない写真がたくさんありますか?この機能を使用すると、携帯電話の中にある山ほどの写真が適切に分類されます。 次にアルバムを開いて古き良き時代を思い出したいときは、時間をかけて探す必要はありせん。

まず、iPhone画面左上の「写真」アイコンをクリックします。

左上の「+」アイコンを長押しします。

「フォルダ追加」を選択してください。

新しく追加したフォルダーに名前を付け、「保存」を選択します。

新しく追加したフォルダに名前を付けて開き、右上の「編集」をクリックします。

このとき、左上の「+」を長押しします。

「フォルダを追加」を選択して名前を付けます。

この時点で、名前を付けた「新しいフォルダー」にクリックして入ります。

右上の「編集」をクリックします。

左上隅の「+」アイコンをタップして(長押ししないでください)、このアルバムに新しいアルバムを追加することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です