iPhoneの「フロントカメラミラーフリップ」機能をオンにする方法を教えします。自撮りの左右逆問題を解消します

iPhoneのユーザーなら、iPhoneカメラで自撮りした写真と撮影後の写真が左右逆になることはご存知だと思いますが、それほど問題にはならないかもしれませんが、写真と同じにしたい場合もあるでしょう。

Appleは皆のニーズに応じて、iOS14にカメラ設定を追加しました。「フロントカメラミラーフリップ」機能が有効になっている限り、自撮りの画面と撮った後の写真と同じ角度になり、左右逆になりません。次、実際やってみましょう!

序文
この機能は、iPhoneのiOS14バージョンをアップグレードした後にのみ利用できます。 現在、iOS14は2020年9月まで正式にリリースされると予想されていますが、待つことができない場合は、最初にベータテスト版をダウンロードできます。このチュートリアルを参照してください。

iPhoneにiOS14 Betaをダウンロードしてインストールする方法

「フロントカメラミラーフリップ」をオンにします。

まず、設定で「フロントカメラミラーフリップ」の機能をオンにする必要があります。オンすると、自撮りの画面と撮影した写真と同じになります。次の手順に従ってください。
•「設定アプリ」>「カメラ」>「フロントカメラのミラーフリップ」を開きます。

有効化前(ミラー反転していない)
この機能を有効にする前に、フロントカメラで撮影すると次の結果が表示されます。撮影時のiphone画面は、撮影後の写真とは逆になります。

有効化後(ミラー反転)
カメラのフロントレンズのミラーフリップ機能をオンにすると、自画像と撮影後の写真が同じ角度になります。

まとめ
これはiOS14の小さな新しいカメラ機能ですが、多くの人の自撮り際の悩みを解決します。自撮り写真と撮影時の画面が逆とのことが好きでなければ、まず設定でこの機能がオンにしてください。そうすると自撮り写真と撮影時の画面が同じ角度になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です