iPhoneマイクはどこですか?

新版のiPhoneには、通常3〜4個のマイクが搭載されています。ここでは、各マイクの位置と機能について説明します。

APPLEファンの一人として、編集者の私は最近非常にイライラしています。iPhoneは何が起こっているのかわからず、突然故障しました。電話かけても相手は私の声が聞えなく、マイクをきれいにしても役に立ちませんでした。
どうしようもなくネットで助けを求めましたが、同じ問題に直面している人がたくさんいることがわかりました。 Siriが反応しなくなったり、またはビデオ通話中に相手が音声を聞こえなかたりなどのことが起きています。
iPhoneには複数のマイクが付いていることは知っています。Appleは公式Webサイトのテクニカルサポートページでテストする方法を提供しています。 私はじっくり調べました、携帯電話の異なるアプリケーションが異なるマイクを持っていることを発見しました。
AppleがiPhone 4SにSiri機能を追加しましたが、イヤホンの位置にSiri専用のマイクが追加されたのは、iPhone 5でした。 この時点で、iPhoneは2つのマイクから3つのマイクに移りました。
最初のマイクの位置は、誰もが知っているように、携帯電話の一番下にあります。すべての携帯電話が同じ位置にあり、通常の通話や音声の録音に使用されます。
2番目のマイクは、iPhoneの本体の背面にあり、iPhoneのカメラとLEDフラッシュの間にあります。そこには小さな穴が見えます。これはまた、主に前述の録音に使用されるマイクでもあります。 つまり、上記の読者が見たように、iPhoneの底面にあるマイクで話している人を録音しているのではなく、本体の上部にあるスピーカーが録音相手に(つまり音源)に面して記録しています。 また、動画を録画する際録音機能としても使用されています。
3つ目のマイクの位置は、多くの人が気づいていないと思います。iPhoneの画面の上のイヤホンの右側の位置にあります。通常は見えません。主に、Siriやビデオ通話の音声入力および音声のノイズ低減に使用されます。
iPhone 6sとiPhone 6s Plusになって、Appleは下部にもう一つのマイクを追加し、充電インターフェースの両側に対称的に配置されていますこのマイクの主な機能は、通話ノイズの低減です。 したがって、電話を使用しているときは、左下のメインマイクが通話人の声の収集を担当し、右側のノイズ削減マイクが環境音を認識してリバースノイズを削減します。 4つのマイクのデザインは2018年にiPhone 8シリーズに続きましたが、奇妙なことに、iPhone Xの下部にマイクが1つしかなく、壊れやすいのも不思議ではありません。 ここでは、iPhoneマイクの障害に対する一連の解決策をまとめました。問題が発生した場合に参照になります。
参考のために、、私はデザインナーに、歴代のiPhoneマイクの分布と数量変化を一覧表示に依頼しました。

フロントマイク、リアマイク、ボトムマイク
スマートフォンの代表として、近年のマイクの数は2から3から4までになり、携帯電話が元の純粋な音声通話機器から万能のスマート端末へと進化しています。 追加されたマイクにより、各機能が独立した音声入力を行うことができるため、それぞれの役割を果たしています。将来的には、音声認識技術が進化し続けるにつれて、より多くの新しいコンポーネントが追加され、より多くの機能が登場するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です