24 September, 2020

曲や音楽をiPhoneに導入する方法

通常のAndroidフォンやMP3は、コンピューターに接続してドラッグするだけで、音楽を電話に保存できますが、iPhoneを使用して音楽を聴きたい場合はそれと異なり、特別な同期ソフトウェア「iTunes」を使用する必要があります。 音楽データベースを作成して電話に同期した後、聴きたい曲をiPhoneに取り込むことができます。 この手順は、これを長い間使用している人にとっては非常に簡単ですが、iOSを初めて使用する友人にとっては少し時間がかかる場合があります。 曲や音楽をより簡単に管理したい場合は、サードパーティのiToolsソフトウェアおすすめします。

iTuneを使用して音楽や曲をiPhoneに導入します。
データケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続し、iTunesを開きます。左側のナビゲーションバーに「デバイス」オプションが表示され、iPhoneの名前や、音楽、映画、本などが表示されます。音楽とビデオをiPhoneに導入するには、2つの方法があります。手動で導入と自動的に同期します。

方法1:手動で導入
手動で導入する場合、デバイス情報ページの下部にある「音楽とビデオを手動で管理する」をチェックする必要があります。
「音楽とビデオを手動で管理する」をチェック
チェックした後、iPhoneから導入する音楽とビデオをローカルフォルダーからナビゲーションバーの「デバイス」領域にドラッグするだけで、iTunesがデバイスに自動的に導入します。

方法2:データベースを同期
手動で導入するとは異なり、データベースを同期との方法を使用する場合は、デバイス情報ページの「音楽とビデオを手動で管理する」項目をオフする必要があります。チェックを外すと、iTunesはダイアログボックスをポップアップします。ユーザーが手動管理をキャンセルすると、その後、iPhone上の既存の音楽とビデオがライブラリの内容に置き換えられるとユーザーに提示します。
このプロンプトは、手動管理がキャンセルされた場合、音楽とビデオを導入する場合、ライブラリの同期方法を使用する必要があり、同期するとiPhoneの音楽とビデオをiTunesライブラリと一致させられるとの意味を示しています。データベースに他の内容がある場合は、iPhoneのファイルが置き換えられます。データにコンテンツがない場合は、iPhoneの既存のコンテンツが削除されます。そのため、手動管理から同期方式に変更する場合は、iPhoneに重要なファイルが存在するか確認してください。
同期ライブラリを使用して音楽とビデオを導入するには、まずローカルファイルをライブラリに追加する必要があります。
iTunesの上部にある[ファイル]メニューをクリックすると、ライブラリにファイルを追加する、ライブラリにフォルダを追加するという2つのオプションが表示されます。ファイルを追加するには、フォルダ内の1つ以上のファイルを選択できます。フォルダを追加すると、フォルダ全体のすべての内容が追加されます。必要に応じて、使用する方法を選択できます。

ライブラリにファイルまたはフォルダーを追加します。
導入が完了したら、iTunesのナビゲーションバーでライブラリ内の音楽または映画をクリックして、ライブラリ内のファイルをチェックおよび管理できます。この時点で、デバイス情報ページの下部にある[同期]ボタンをクリックしている限り、ライブラリのすべてのコンテンツをiPhoneに導入できます。今後、iPhoneでファイルを追加、削除、または変更する場合は、まずデータベースでファイルを追加または削除してから同期する必要があります。同期すると、iPhoneでの相応する内容が変更されます。
すでにiPhoneに保存された音楽またはビデオファイルは、iTunesを通してパソコンに導入することはできず、ifunboxなどのサードパーティソフトウェアを通してのみ実現できることに注意してください。
また、同期するたびにデータベース全体の内容をiPhoneに導入する必要はなく、必要な内容だけ選択して同期することもできます。
デバイス情報ページで、デバイス情報の上にある[音楽]タブをクリックして音楽を同期する設定入ります。[音楽ライブラリ全体]を[選択したプレイリスト、パフォーマー、アルバム、ジャンル]に変更します。次に、下のプレイリストまたはパフォーマーリストで、同期する内容をチェックします。同期するたびに、ここでの設定に従って選択した内容を同期できます。

iToolsでiPhoneに曲や音楽を導入します。

前提条件
•Windowsコンピューターを準備します。
•iTunesがコンピューターにインストールします。
•iPhone、iPad、iPodおよび伝送ケーブルを準備します。
•導入するMP3音楽を準備します。

iToolsツールのダウンロード
まず、iToolsツールをパソコンにダウンロードしてインストールします。
iToolsがデバイスを読み取れるかどうかを確認します。
iOSデバイスのケーブルをコンピューターに接続し、iToolsを開くと、現在接続されているiOSデバイスが自動的に読み取ることができます。 読み取れない場合は、まずiTunesがインストールされているかどうか、ケーブルがオリジナルまたはMFi認定されているかどうかを確認してください。 別のUSB差し口またはケーブルを試してください。最後に、iOSデバイスがこのソフトウェアを信頼するかどうかの確認メッセージが出た場合、信頼をクリックしてロック解除パスワードを入力してください。それ以外の場合、コンピューターはそれを読み取ることができません。

iPhoneに音楽を導入する方法

ステップ1
iToolsの上部メニューにある「音楽」をクリックすると、左側のメニューにiOSデバイスの名前が表示され、その下ににある「音楽」をクリックします。 まず、プレイリストを作成して、音楽が乱れないようにします。[新しいプレイリスト]をクリックすると、ミュージックリストの名前が表示されます。通常はアルバム名が入力します。入力後、[OK]を押します 。

音楽分類方法:コンピューターに歌手で分類する音楽ファイルが多数ある場合は、それらを音楽のスタイルごとに、分類することをお勧めします。
ステップ2
右側のプレイリストには、先ほど追加した音楽プレイリストが表示されます。このリストをクリックします。

ステップ3
次に、コンピューターでのアルバムのMP3ファイルを直接iTools画面にドラッグすると、導入する音楽のリストがウィンドウで表示されます。[OK]をクリックしてイ導入を開始します。
ステップ4
注意:iToolsで音楽を導入すると、iphoneには音楽が即時に導入されます。すべての導入が完了後、これらのアルバムと音楽はiOSデバイスに表示されます。 音楽を削除するにはiToolsから削除する音楽を選択し、上の[削除]をクリックします。
手順5
iPhone、iPadまたはiPodデバイスに戻り、ミュージックアプリを開いてデータベースを確認します。導入した音楽は表示されているはずです。 しかし、アルバム表紙がないこともあったりします。次に、それの解決方法をご紹介いたします。

アルバム表紙が表示されない問題の解決方法
iToolsに戻り、音楽を右クリックして[情報の編集]を選択します。
[ローカル選択]をクリックしてアルバム表紙の画像を読み込みます。アルバムカバーがない場合は、Googleでアルバム名を検索し、アルバム表紙は見つかるはずです。最後に[OK]を押すと、iOSデバイスの音楽アルバムには表紙が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です