iPhoneの画面が突然暗くなった場合の対処方法

一部の友人のiPhoneの画面が明るかったり暗かったり、または突然暗くなることが起こります、使用に大きな影響を与えます。 次の情報を参照できます。

iPhoneの設定を調整します。

1.明るさ自動調整
iPhoneには「明るさの自動調整」機能があり、iPhoneは周囲の光の状態に応じて明るさのレベルを調整する機能があることを多くのユーザーが知っています。
暗い場所ではセンサーは画面の輝度を下げ、明るい場所では画面の輝度を上げます。 デフォルトでは、自動輝度調整機能はオンになっています。 この機能を使い慣れていない場合は、iPhoneの[設定]-[画面表示と明るさ]-[明るさの自動調節]で自動輝度調整機能をオフにすることができます。

「True Tone」
iPhone 8以降のデバイスでは、Appleが「True Tone」機能を追加しました。この機能は、高度なマルチチャネルセンサーを使用して、ディスプレイの色と明るさを調整し、周囲の光に合わせて画像をよりナチュラルに表示します。
つまり、この機能は、周囲光によって画面の色と輝度を表示自動的に調整します。慣れていない場合は、iPhoneの[設定]-[画面表示と明るさ]-[TrueTone]でオフにすることができます。

3.拡大鏡
iPhoneには「拡大鏡」と呼ばれる非常に便利な機能があり、iPhoneのカメラを使用してすばやく拡大できます。 この機能を使用していて、画面の表示が明るかったり暗かったりする場合、iPhoneの[設定]-[アクセシビリティ]-[拡大鏡]の「露出を自動調整」機能をオフにできます。

デバイスの温度が高すぎませんか?

上記の設定を調整してもiPhoneの画面がちらつく場合は、デバイスの温度が高すぎるかどうかに注意する必要があります。
デバイスの内部温度が通常の動作温度範囲を超えると、デバイスは内部コンポーネントを保護するためにデバイスの温度を調整しようとします。

デバイスが過熱すると、次の状況が発生します。
充電(ワイヤレス充電を含む)が遅くなかまたは停止します。
表示が暗くなるかまたは黒くなる。
セルラーモバイル無線コンポーネントは、低電力状態になります。 この間、電波が弱くなったり、カメラのフラッシュは一時的に利用でききなかったりします。
図形集約型または現実増強のアプリケーションまたは機能を使用すると、性能が低下します。
さらに、ナビゲーション機能を使用している場合、デバイスに「温度:iPhoneは冷却が必要です。」と警告が表示されてからディスプレイがオフになることがあります。ナビゲーション機能は、音声によるナビゲーション指示を提供します。 曲がろうとすると、ディスプレイが点灯し、カーブを案内します。

ユーザーのフィードバックによると、この現象はiPhone Xで特に顕著です。iPhoneXを使用してゲームをプレイする多くの人がこの現象に遭遇し、画面が突然暗くなってゲーム体験に影響が出ています。
この問題は、iPhone X内の2層マザーボードの設計が主な原因です。元のディープ感知カメラモジュールは電話の内部スペースの一部分を占めるため、iPhoneの内部構造は完全に再設計されました。そのマザーボードは進級的な上下積み重ね方式を使用して内部スペースを節約すしています。マザーボードの平面面積は非常に小さいため、この設計の結果は、放熱は通常のマザーボードほど良くありません。 iPhone XSでは、このデザインも継続されています。
そのため、iPhone XおよびiPhone XSを使用する人々は、ゲーム中に画面が突然暗くなる問題に遭遇する可能性が高くなります。現時点での解決策は、ゲームを停止し、デバイスの温度が下がるのを待ってからゲームをすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です