22 October, 2020

マスクを着用したままiPhoneのロックを解除する方法は? Face IDの顔認識を改善するための3つの主要なテクニック

AppleはiPhone XにFace IDテクノロジーを導入し始めました。これにより、iPhoneを顔ですぐにロック解除できますが、マスクを頻繁に着用する必要があるオフィスマンは、Face IDがロック解除の失敗を引き起こす問題をどのように解決しますか? この記事では、2つの主要なテクニックを使用して、Face IDの顔認識の機能マスクを装着した顔を正常に認識する方法について説明します。

Face IDは、人々が太くなったり、化粧したり、ひげや髪を伸ばしたりするなどの原因で、同じ人物として認識されないことはありません。ただし、骨を取り除く整形手術、鼻の整形手術、または外見大幅に変わった時、顔認識できなくなる可能性があります。 こういった場合は、パスワードを使用して、実際に同じ人物であるのを知らせることができ、iPhoneがさらに学習する能力起動し、新しい外観を認識し始めます。

Face IDの学習能力を向上させる方法は? マスクをつけたままでもスムーズにロック解除できる方法
病院や診療所で働いている医療スタッフがマスクを着用したままで働いたり、COVID-19肺炎の影響を恐れてマスクを着用する人がおおいです。一部のユーザーは、Face IDをマスクを着用したままで正常に識別できる方法はないかと個人的に尋ねました。
実際、テストの結果、マスクを着用するとFace IDの顔認識がすぐにロック解除されないことが判明しました。FaceIDをリセットした後でも、マスクを着用して顔認識を行うと、システムが顔塞げられて識別できないと表示されます。
ただし、これらの3つのストロークを使用して解決する限り、マスクを着用したままでも、Face IDを顔が認識できるようなトレーニングする方法があります。以下の三つの方法になります。

方法1.Face ID 臉部辨識自動學習
3つのポイントは、マスクをつけたままFace IDも使える顔認識力の向上させる方法
方法1. Face IDの自動学習
まず、Face IDの学習ロジックを理解しましょう。自動的に学習させる方法によって、身近の兄弟家族でもFace IDでロック解除できます。そうできるのは以下の原因になります。
Face IDに自動学習方法を開始するプロセスは、次のとおりです。
1、Face IDが認識されなくロック解除が失敗
2、ロック解除するにはパスワードの入力を求められます
3、ロックが正常に解除されたら、本人であることが確認できます。 Face IDの顔認識により、顔の変化が学習されます。
ポイントは本人を認識できなく、Face IDで数回ロック解除が失敗後、パスワードを入力するよう求められ、iOSシステムのFace ID機能が新しい外観を自動的に学習します。 たとえば、インターネット上の一部のユーザーは「兄弟姉妹の顔はスムーズにロック解除できる、危険すぎる!」と苦情があります。それはまさに本人出ない人何度もFaceIDでロック解除失敗した後、パスワードを何度も入力すると Face IDが自動的に兄弟姉妹の顔を学習する結果です。

マスクを着用して、顔が大きく変化し、Face IDの認識に失敗することはFace IDの自動的学習機能で解決できます。
しかしその学習は少なくとも数百回のトレーニングの後、Face IDはマスクを着用しているマス外観が識別できます。マスクを着用したままロック解除の際は、50度から60度の角度にして、ロックを解除する可能性が高くなります。
ただ、マスクを着用して自動識別が成功する可能性は非常に低く、しかも数百回の学習もかかります。FaceIDをスムーズに学習するには少なくとも3日以上かかります。長時間マスクを着用するユーザーに適しています。 次の2つの方法で比較的早く解決できます。

方法2.マスクを半分に折り、Face IDを作成します。
Face ID顔認識システムには、バグがあります。Face IDがマスクが半分着用した顔を学習するのです。まず、マスクを下にあるように半分に折ります。

[設定]>[Face IDとパスワード]設定ページに移動し、[FaceIDをリセット]をクリックして、現在の顔ID認識レコードをクリアしてから、[FaceIDをセットアップ]をクリックします。

Face IDの顔認識を行う場合は、顔の半分を覆うようにマスクをかけます。つまり、マスクを着用するふりをして、マスクの半分で口を覆います。FaceIDの顔認識も正常にスキャンできることがわかります。 2回の顔認識にはマスクが同じ側にある必要があります。マスク側を変更しないでください。

終わったら「別の顔を設定」を一度クリックし、反対側をマスクして顔IDを作成します。

上記の動作が完了したら、直接マスクを着用してロック解除ができます! ただし、失敗することもあります。FaceIDをさらに学習できるように、パスワードを手動で入力する必要があります。また、鼻が非常に重要です。鼻を完全には塞げないでください。そうするとFaceIDの認識率が高くなるます。

方法3.鼻を露出してFace IDでロック解除する
この方法は実際にテストされています。ヘルメットをかぶってマスクをつけたままでバイクに乗る場合でも、マスクを少し下に下げて鼻を露出させれば、口を出さなくてもスムーズにFace IDでロック解除ができます。 実際、この方法はFace IDの学習テクノロジーに基づいてロック解除していません。実際は「目、鼻」ではFace IDでロック解除できるためです。
以下は、ヘルメットとマスクをかぶってFace IDでロック解除ができるサンプル写真です。試してみると、通常は成功します。

上記の3つは、マスクをつけたままでiPhoneを正常に画面のロックを解除する方法です。お助けになりましたのでしょうか
さらに、Appleはまた、iOS 13.5の公式バージョンでFace IDをさらに修正しました。マスクが着用されていることが検出されると、ロックを解除するためのパスワード入力がすぐに表示されます。この機能は方法2の手法には影響しません。iPhoneを方法2で登録すると、マスクを着用したままでは顔認識が実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です