21 October, 2020

iPhoneの元のプログラムを使用して画像のトリミング、反転、調整を実現します

iOS 13を1週間使用した後、ダークモードの鮮度は徐々に消えていきました。 通常の明るいモードに戻したとき、新しいシステムの存在感も薄めました。 ダークモードの視覚的な衝撃がなければ iOS 13を普通のシステムとして、iPhoneを普通の携帯電話として扱うことになります。iOS 13には他にどのようなサプライズがありますか?

私がiOS 13でお気に入りの機能を選択しようとしたら、それは間違いなく写真編集だろう。 これは新機能ではなく、「リマインダー」のように再設計されていませんが、使い心地は大幅にアップされました。

豊富な調整オプションにより、サードパーティのアプリケーションが必要なくなります。
新しいフォト編集は、すべてのオプションを3つのカテゴリーに分類しています。調整、フィルタ、戻しになります。
調整オプションには、露出、シャドウ、コントラスト、彩度などがあります。 調整ボタンは写真の下に横に配置されており、複雑なセカンダリメニューはありません。選択後、下の各オプションを直接スライドさせて好きなモードを調整できます。

調整されたオプションは、ボタンのパラメーターを表示します。ボタンをもう一度クリックして、効果を閉じます。この機能を使用すると、調整するたびに各操作が写真に対する変化が確認できます。 この機能は、市場に出ている多くの写真編集アプリケーションを上回っています。

写真を一括で調整する場合は、「自動」オプションを選択してください。写真をクリックして元の写真を表示できます。比較や調整に便利です。

フィルターオプションに大きな変更はありませんが、UIがより統一されていることに加えて、フィルター強度の調整も追加されています。

ミラーフリップ、透視クロップ、携帯電話でプロ操作
戻しオプションは大幅に変更されました。元の写真編集は回転と切り抜きのみをサポートしていますが、iOS 13には多くの新しいオプションが追加されています。
左上隅の「ミラーフリップ」は、iPhoneの非常に大きな問題を間接的に解決しました。つまり、携帯で撮った自分の写真は常に他の人の目が見るのと正反対です。この機能を使用すると、手動で調整できます。Appleが将来この機能をカメラ設定に追加することを願っています。

写真の下部にある3つのオプションは、傾き補正、縦方向、横方向です。名前は複雑に聞こえますが、使い始めるとすぐに理解できます。 ここでのオプションは以前と同じ、ボタンをクリックして閉じることができ、比較や調整に便利です。

ビデオのワンクリック回転で最も難しい問題を解決!
iOS 13では、写真編集機能が導入され、さらに写真編集機能のほとんどがビデオにも適用できます。iPhoneに強力なビデオ編集機能がつきます。
以前では、iPhoneビデオ編集はビデオの一部分を切り取りのみですが、現在は調整、フィルタ、戻しの3つのオプションがあります。 調整のオプションは、写真の編集に似ていて、自動調整もサポートしています。フィルターは強度を調整でき、最も役に立つのは戻しです。

アンドロイドフォンでさえ、ビデオローテーション機能がほとんど付いていません。 iOS 13では、ビデオを直接回転して保存できるため、最も大きい問題を解決されました。
多くの場合、撮影時には撮影方向に注意を払わず、携帯電話は重力センサーに応じて自動的に調整されます。 横画面の動画を縦画面にして、後で調整するのは非常に難しく、専門的な動画編集ソフトが必要になります。 iOS 13では、この複雑な操作をボタン一つで済みますので、多くの人々の問題点を解決しました。

iOS 13の写真編集とビデオ編集は、一部のサードパーティソフトウェアに取って代わることができます。これらは新機能ではありませんが、iOS 13のエクスペリエンスで述べたように、Appleは細かい部分のデザインが感心させます。 写真編集の機能は豊富であるだけでなく、操作も統一性があり、iPhoneのマスユーザーにとって、この小さな変更は非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です