iPhoneのデータのバックアップ場所を見つけてバックアップを削除する方法

iPhoneとiTunesのみをバックアップしますが、iPhoneのバックアップの場所はどこにあるのがわかりません。最後に、場所を見つけましたが、それを変更する方法がわかりません?心配しないでください。 扱いやすいです。 この記事では、iPhoneのバックアップ場所に関するすべての問題を解決するのに役立ちます。 ご覧ください。

iPhoneのバックアップの場所はどこですか

iTunesのバックアップはローカルコンピュータに保存されます。 それらは、ユーザー名/ライブラリ/アプリケーションサポート/ Mobilesync / backupに配置されます(バックアップが、異なるオペレーティングシステムでは、異なる場所にあることを確認してください)。

バックアップの各フォルダには、独立したバックアップが含まれています。コンピューター上の任意の場所にコピーして移動できます。 残適切なソフトウェアがなければ、これらのファイルフォルダーから意味のある情報を収集することは不可能です。

1、iTunesのバックアップ場所が異なるオペレーティングシステムによって異なります。

オペレーティングシステムiTunes バックアップ場所
OS Mac~/Library/Application サポート/MobileSync/バックアップ /
(“~”メインフォルダーを表します。 個人用フォルダーが表示されない場合は、オプションクリックしてメニューに移動します。
XP Windows\Documents と設置 (ユーザー名) \ \Application Data\AppleComputer\MobileSync\Backup\
(アプリケーションのデータフォルダーにすばやくアクセスするには、[スタート]をクリックし、[実行]を選択します。検索バーにアプリケーションデータを入力して[OK]をクリックします。)
Windows Vista\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
(アプリケーションのデータフォルダーにすばやくアクセスするには、[スタート]をクリっクします。検索バーにアプリケーションデータを入力して[OK]を押します.)
Windows 7\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
(アプリケーションのデータフォルダーにすばやくアクセスするには、[スタート]をクリックします。 検索バーにアプリケーションデータを入力して[OK]を押します.)
Windows 10, 8\Users\ (ユーザー名) \AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\
(アプリケーションのデータフォルダーにすばやくアクセスするには、[スタート]をクリックします。 検索バーにアプリケーションデータを入力して[OK]を押します)

注:Windowsユーザーの場合:非表示のアプリケーションデータおよびアプリケーションデータのディレクトリとコンテンツは、それらの下にあります。 これは、Windowsエクスプローラーでファイルを表示する前に、[隠しファイルの表示]を有効にする必要があります。

2、iCloudバックアップの場所

iPhoneで[設定> [Apple ID]> [iCloud] > [iCloudバックアップ] >を選択し、[今すぐバックアップを作成]をクリックします。

Macでは、アップルメニュー> [システム環境設定]に移動し、[iCloud]をクリックして、[管理]をクリックします。

Windowsコンピューターの場合:Windows 8.1:スタートボタンをクリックし、左下隅の下矢印をクリックします。 iCloudアプリケーションをクリックし、[管理]をクリックします。

Windows 8:スタートボタンをクリックし、iCloudをクリックして、[管理]をクリックします。

Windows 7:[スタート] > [すべてのプログラム]> [iCloud]>を選択し、[管理]をクリックします。

iPhoneのバックアップ場所を変更する方法

ディスクCの空き容量がほとんどないため、iPhoneのバックアップ場所を変更して、ディスクCを解放するために他の場所に変更したい場合、重要なデータをCディスクではなく、IPHONEなどのモバイルSSDに保存をしたいです。いずれの原因にせよ、以下はiPhoneのバックアップデータの場所を変更する方法です。

注:ここでは、WindowsコンピューターでのiTunesバックアップの場所の変更に焦点を当てます。 ICloudでのバックアップは、Appleサーバーに保存されます。 必要に応じて、iCloudアカウントを変更できます。 iPhoneで[設定] > [Apple ID]>をクリックするだけです。Aplle IDアカウントからサインアウトし、別のアカウントにログインします。

以下の手順に従ってください。

1、Windows 10/8/7 / Vistaの場合

ステップ1

iTunesを閉じます。

ステップ2

iPhoneがバックアップされたフォルダに移動します。 すべてのバックアップファイルをコピーし、任意の保存したいフォルダーに貼り付けます。 たとえば、iPhoneバックアップをディスクE:\ iPhoneバックアップに保存できます。

ステップ3

[スタート]ボタンをクリックします。 検索ボックスに「cmd.exe」と入力します。コマンドプロンプトが表示されます。 それを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

ステップ4

表示されるコマンドプロンプトで、:mklink / J “C:\ Users \(ユーザー名)\ AppData \ Roaming \ Apple Computer \ MobileSync \ Backup” “D:\ temp \ Backup”を入力します。

ステップ5

次に、これに基づいて、iPhoneとiTunesをバックアップし、データが目的のフォルダに保存されるかどうかを確認します。

2、Windows XPの場合

ステップ1

iTunesが実行されていないことを確認します。

ステップ2

コンピュータにjunctionアプリをダウンロードして解凍してください。

ステップ3

通常はC:\ Documents and Settings \ Junction.exeにあるユーザー名フォルダーに解凍します。

ステップ4

iTunesのバックアップ場所のフォルダに移動し、バックアップファイルを別のフォルダに移動します。例えばG:\ iTunes backupなど。

ステップ5

Windows +をクリックします。 ダイアログボックスが表示されたら、cmd.exeと入力して[OK]をクリックします。

ステップ6

コマンドプロンプトでNTFSジャンクションを作成します。たとえば
cdデスクトップジャンクション “C:\ Documents and settings(user name)\ \ Application Data \ Apple Computer \ MobileSync \ Backup” “G:\ iTunes backup”

ステップ7

次に、iTunesとiPhoneをバックアップし、バックアップファイルが新しいフォルダディレクトリに保存されるかどうかを確認します。

3、Mac OS Xの場合

ステップ1

iTunesを閉じます。

ステップ2

/ Library / Application Support / MobileSync / Backup /に移動します。 すべてのバックアップファイルを保存したいディスクにコピーします。例えば:外部ディスクなど。

ステップ3

ターミナル(アプリケーション/ユーティリティ/ターミナルにあります)を起動し、コマンドプロンプトを開きます。 次のようなコマンドを使用して、シンボリックリンクを作成します。

ln-s / Volume / External / Backup /〜/ Library / Application \ Support / MobileSync / Backup

ステップ4

iTunesを使用してiPhoneをバックアップします。 次に、新しいバックアップフォルダに移動します。

この場所からiPhoneバックアップを削除する理由

iPhoneのバックアップを削除する理由のいくつかをリストしました。

iTunesのバックアップが削除される理由について

1、多くのバックアップファイルを選択するたびに混乱します。

2、大量のファイルがiPhoneのバックアップ場所にあり、コンピューターの スペースを解放するために削除します。

3、バックアップ操作が破損しているか、iPhoneと互換性がないため、iTunesはiPhone “iPhoneName”をバックアップできません。 このiPhoneバックアップを削除して、再試行してみるためです。

4、iPhoneをバックアップできない理由は、先ずは古いバックアップを削除する必要があると表示されています。

5、新しいiPhoneを入手しましたが、古いiTunesバックアップとの互換性がないことがわかりました。

6、バックアップが失敗すると、バックアップを削除するよう指示されます。

iPhoneのiCloudバックアップが削除される理由について

1、iCloudバックアップメモリがほぼいっぱいになり、iPhoneをバックアップできません。 したがって、新しいバックアップしたいなら、先ずは古いバックアップを削除しなければいけません。

2、破損したファイルが含まれているため、iCloud iPhoneバックアップを削除することになりました。

3、最新のiPhoneにアップグレードし、古いバックアップがiCloudに保存されている状況が通知されます。

iPhoneバックアップを削除する

1、iTunesバックアップファイルを削除する

バックアップの削除は簡単ですが、iTunesから直接バックアップを削除することはできません。 削除するには、システムにあるバックアップ場所(ユーザー名/ライブラリ/ App Support / Mobilesync / Backup)にアクセスする必要があります。

次に、削除して、[ゴミ箱に移動]をクリックしますゴミ箱を空にすると、バックアップは永久に失われます。

  • iTunesの設定を開くには:Windows:[編集]> [設定]を選択します。
  • Mac:「iTunes」>「設定」を選択します。

注:利用可能な情報をすべて削除すると、すべての情報が失われます!!!

2、iCloudバックアップファイルを削除する

コンピューターでバックアップを削除するよりiCloudバックアップを削除する方がはるかに簡単です。

ステップ1。 iPhoneの「設定」-「Apple ID」-「iCloud」をクリックします。

ステップ2。 「ストレージを管理」オプションをクリックします。

ステップ3。 iCloudストレージに保存されている各データをクリックします。例えば写真をクリックします。

最後に、[無効化して削除]をクリックすると、iCloudバックアップが自動的に消去されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です