21 October, 2020

iPhoneで写真を撮る際、9つのグリッド(グリッド)を表示する方法は、撮影時のフレーミングの助けになります

iPhoneのカメラの元設定にはグリッド線がありませんが、写真を撮るときに9つのグリッド(グリッド)の助けを借りると、フレーミングに役立ちます。9つのグリッドは、最も一般的な构図方法でもあります。左、右、上、下の4つの側面は3つの等しい部分に分割されます。

iPhoneで写真を撮るとき、9つのグリッドの4つの交差点に集中する撮影方法を取ると、初心者も素晴らしい写真を撮ることができると思います! 今日の記事は、iPhoneの9つグリッド機能をオンにし、それを使用して写真を撮る方法を教えることです。

1、[設定]> [カメラ]を開きます
まず、「設定」を開き、「カメラ」を選択します。

2、「グリッド」を有効にする
次に、「グリッド線」機能を有効にして、画像を9つのグリッドに分割できるようにします。

3、グリッドを使用します。
次に、iPhoneの「カメラ」を開くと、画面に細い線が表示され、本体を真ん中に置くのが最も簡単な撮影方法です。

もちろん、グリッドの応用はそれだけではありません。この構図方法は、グリッドの4つの交差点(下図の赤い点)に焦点を合わせるのです。中央に配置することに限定されず、上に配置することもできます。 上部2点、左上1点、右2点などの構図はすべて4つの交差点構図のを基準にして変化したものです。

下記のグリッド格子の記事を参考にして撮影してみてください。

これらの11種類のグリッドの構図テクニックを読んだ後、あなたの撮影レベルはさらに高くなるでしょう!

もちろん、横向きの写真にも9グリッドを使用できます。学習した方法で撮影してみましょう!

結論
iPhoneで素晴らしい写真を撮る方法を学びたいが、どこから始めればよいかわからない場合は、最初にグリッド機能をオンにして、オンラインに、グリッド撮影のテクニックを確認することをお勧めします。あなたの撮影技術はきっとアップするでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です