iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法は? 睡眠中携帯電話を充電してよいのか、バッテリーをいつ交換してよいのか?

iPhoneが使用してまもなくバッテリー低下の警告が表示され、異常に電力を消費していると感じた場合、バッテリーが古くなっている可能性があります。これは、iPhoneのバッテリー寿命がほぼなくなり、iPhoneバッテリーを交換する必要があることを示しています。 誰もが最初にiPhoneのバッテリーの健康状態を確認するように求めてきます。 iPhoneの循環数はどうやって計算しますか? 睡眠中携帯電話を充電してよいのか、バッテリーをいつ交換してよいのですか? この記事では、iPhoneのバッテリーのメンテナンス知識とスキルについて説明します。

iPhoneバッテリーの「健康度」とは何ですか?
Appleはバッテリーの「健康度」を「500回のフル充電した後、バッテリーのストレージ容量は元の容量の80%を維持できる」と説明しました。
循環回数に注意するだけでなく、iOSシステムを通じて「バッテリーの状態」で最大容量を確認できます。容量値が80%未満であれば、ほぼ交換してもよいです。1年間の保証期間内であれば、故障したバッテリーを無料で交換できます。保証期間を超えた場合は、電池修理費が請求されます。バッテリーの状態は以下の方法で確認できます。
iOS 11.3以上のデバイスには、「バッテリー健康状態」を確認する機能が組み込まれています。この機能は、iPhone 6以降のモデルにのみ適しています。「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」(iOS 12にはBetaワードはなくなっています)。 「バッテリーの状態」は、「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」に関する情報を提供します。「最大容量」は、デバイスの現在のバッテリー容量を即座に検出します。たとえば、新しいバッテリーが最初に使用されたときの容量は100%として表示されます。使用回数の増加に伴い、バッテリーが古くなると、容量は徐々に低下します。これにより、充電後の使用時間が短くなる場合があります。
注意:別のサブ工場のバッテリーを交換すると、データを表示することはできず、アップルの正規のバッテリーのみを正常に表示することができます。

iOS 11.3以前のデバイスの場合、「iPhoneバッテリーヘルスチェック:Appleオンラインチェック」で確認できます。
使用前の注意事項

お問い合わせ時間AM 9:00〜PM 9:00
Wi-Fi環境での調べが必要
[設定]> [プライバシー]に移動すると、下部に[分析]機能があります。その中[iPhone分析を共有]機能があり、オンにするとバッテリーの状態を確認できます。
• ステップ1.▼「Apple Contact Support Page」にアクセスし、チャットの下にある「Get Help」をクリックしてください。
• ステップ2▼「iPhone」を選択
• ステップ3.▼「バッテリー、電源、充電」を選択します。
• ステップ4.▼「バッテリ問題または故障の診断」を選択します。
• ステップ5.▼[オンラインチャット]をクリックします。 (このオプションが表示されない場合は、明日の勤務時間中に試すか、「これ」を手動で確認してください)
• ステップ6.▼デバイスのシリアル番号またはIMEIを入力し、iOSデバイスに戻って、[設定]> [一般]> [情報]にアクセスして問い合わせます。
• ステップ7。▼氏名、電子メールを入力したら、[続行]ボタンをクリックします。。
• ステップ8▼この画面が表示されたら、[他のオンラインチャットを開始]を直接クリックしてください。
• ステップ9:▼オンラインチャットウィンドウが直接開きます。カスタマーサービスが接続するのを待ってから、[バッテリーの状態を確認したい]を直接クリックし、Wi-Fi環境でアップル公式オンラインテクニカルカスタマーサービスが問い合わせを支援するようになります。
• ステップ10.▼iOSデバイスに戻り、[設定]> [プライバシー]を開き、下部に[解析]があり、クリックすると[Appleサポート診断を開始]オプションが表示され、直接クリックします。 (この機能は、テクニカルカスタマーサービスの設定後にのみ表示されます)
• ステップ11.▼診断を執行画面に入り、右下隅の[同意する]をクリックして続行します。
• ステップ12.▼診断作業が開始されます。カードがサポートを待ち中画面に留またら、オンラインのテクニカルカスタマーサービスに応答します。
• ステップ13。▼オンラインカスタマーサービスは、バッテリー検査レポートを確認します。結果が報告され、 バッテリーの状態が80%未満の場合は、もうすぐ交換する必要があります。 バッテリーは消耗品です。

iPhoneでバッテリーを80%に制限する必要があるのはなぜですか?

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーを使用しています。iPhone8、8 Plus、iPhone X、iPhone 11シリーズ、またはそれ以降のモデルには急速充電が追加されています。30分以内に電力の50%に達し、その後80%まで充電されると、その後 ゆっくり充電します。 これは、Appleがイオンバッテリーにバッテリー寿命延長技術を導入したためです。0%〜80%がバッテリーをすばやく充電できますが、バッテリーが80%を超えると、ステージ2の渦電流充電に入ります。 低速充電では、高速充電ケーブルを使用しても効果は低速のままです。
たとえば、充電中にiPhoneが過熱しまたは「最適化されたバッテリー充電」の場合、80%までに充電すると、充電は続行されません。Appleのリチウムイオンバッテリーデザインの主な目的は、何回循環充電しても、できるだげ パワーの80%を維持できるようにしたいからです。

iPhoneの循環回数をどうやって計算しますか?
次に、iPhoneの循環回数についてお話しますが、上記では「循環回数」について触れてきましたが、実はiPhoneのリチウムイオン電池の循環回数についてあんまり知らない方も多いのではないでしょうか。ご紹介いたします。
iPhoneの循環回数はこのように計算されます。デバイスが100%で完全に充電されると、一回に充電循環が完了します。たとえば、1日目に電力の75%が使用されました。バッテリーを100%まで完全に充電します。二日目に電力の25%が使用されると、一回の循環回数が数えられます。つまり、一度100%の電量を放電する、一回に循環が完了します。よって一度の循環が完了するまでに、数日かかる場合もあります。普段の使用状況によります。循環数の増加に伴って、バッテリーのストレージ容量が徐々に減少します。

循環回数は増加しないようにすればバッテリは劣化しません? 実際、それほど循環回数や、バッテリーの状態を心配する必要がありません。通常、iPhoneのバッテリーは2年間使用すると、劣化してきます。それらをメンテナンスしても、二年間使用すれば交換する必要があるため、通常通りにiPhoneが使えばよいです。バッテリーは一生使えるものではなく、車のバッテリーと同じように、時間切れになると交換が必要です。
iPhone 持續充整晚會傷害電池嗎?
iPhoneが一晩中充電し続けるとバッテリーの状態が悪くなりますか?
現在、多くのユーザーは就寝前にiPhoneの充電を開始したいと考えています。iPhoneデバイスには電源管理機能があり、完全に充電されると自動的に充電しなくなります。ただし、寝ている間にで100%まで充電して使用せず充電を続けると、リチウムイオンバッテリーがマイクロパワーを消費し始め、繰り返し充電を続けます。
リチウムイオンバッテリーを100%に長時間維持し充電し続ける場合、バッテリーに累積的な損傷を与え、バッテリーの劣化が早くなります。結局のところ、バッテリーの正と負のイオン健康状態は30%から90%の間です。 あんまり20%以下になってから充電しないでください。低すぎたり高すぎたりすると、バッテリーが損傷されます。ユーザーが寝ている間に過剰充電の問題を解決するために、AppleはiOS 13に「最適化されたバッテリー充電」を導入し、電力を80%に保ちバッテリーの寿命を延ばすこともできます。
最後に、毎日睡眠中のiPhoneを充電しないようにお勧めしますが、この習慣を自分で修正することがお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です