意外と知らない「機内モード」の五つの強い機能

みんながよく知っているスマホの「機内モード」(Airplane mode)は飛行機の電子装置を正常的に使えるようにスマホが基地局との通信機能を遮断する機能です。簡単に言うと、スマホをSIMカードが装着していない状態になります。しかし、先言った効果以外、意外と知らない効果があります。

一、寝る時にスマホの電磁波を心配しなくてもいいです。

どの電子製品は電磁波があります。特に手回りのスマホです。電磁波は人体にどんな悪影響を及ぼしますか?国際放射線防護委員会が発表した実例から見ると、電磁波の悪影響は妊娠障害になり、正常な血液細胞を創り出す機能障害、眼の水晶体を「加熱」し白濁させ、又は器官が炎症を起こし、一番深刻のは癌です。

ですから、寝る時に、スマホを機内モードに設定し、できるだけ遠い場所に置いたら、悪影響を最大限に減少されます。電磁波でせいで将来ある日に病気にかかる心配はないでしょう。

二、ゲーム中に通知をブロックすることができます。

ゲーム中に一番嫌いことは着信があり、又は電池切れです。読者も同じ状況なら、ゲームを開く前に機内モードを設定し、WIFIを接続する状態でゲームを楽に遊びましょう。

機内モードは「邪魔しないモード」と呼ばれます。機嫌が悪く話したくない時、恋人と喧嘩し通信したくない、会議中外部からの邪魔をされないように電源OFFしなければならない場合には電源OFFしなくても大丈夫です。機内モードに設定すればいいです。WIFIを接続だけでFacebookまたはIGが使えます。

三、夜中にオンラインでお金を盗まれ、むやみにお金を取られることを防止します。

今多くの銀行はスマホでクレジットカード情報を入力し、モバイル決済がサポートしています。その便利さを楽しむ反面、個人情報のセキュリティを気をつけてください。特に夜中に人々は無防備のため、ハッカーがスマホに手を出します。一番簡単な解決策は機内モードに設定します。

また、特に子供がゲームを遊ぶ時に、機内モードに設定すれば、うっかりとお金を支払うことが防げるため、本当に役立ちます。

四、急速充電、省エネ

スマホはオンライン状態でバッテリーの使用量が増えます。スマホを急速充電している時にインターネット接続をオフに設定し、バックグラウンドで実行しているアプリを閉じたほうがよいですが、最善の方法は機内モードに設定することです。充電速度が上がるだけではなく、バッテリーの使用量も下がります。

それ以外、電波が弱い所にバッテリーの使用量が増えますから、省電力のため、機内モードに設定すればいいです。

五、ネットワークを素早くリセットする。

みんなこんな状況が遭ったことがあるでしょうか?電車を乗っている又は地下にいる時、電波が弱くてインターネットを接続できない場合には機内モードを設定し、一分間程度でオフにしてください。この操作方式はスマホを再起動と同じです。ネットワークの再検索ができ、時間があまりかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です