22 September, 2020

iPhone 12は9月にデビューするかも? 写真流出!120Hz画面とLiDARセンサーが装備!

Appleが1日新しいiPhoneをリリースしておらず、新しい噂が流れるのは常識です。 今年発売されたiPhone 12についての噂はもっと多いです。基本的に、1〜2日おきに噂が出てきます。投稿をフォローしたいがフォローする時間はない皆さんは、iPhone 12の噂について知りたいチャンスが来ました。この記事はiPhone 12の6つのハイライトを整理しました。ご覧ください!

iPhone 12 6つの主要なハイライトニュース一覧:

iPhone 12シリーズは9月にデビューするかもしれません。

7月の終わりに、Apple CFOのLuca Maestriは、アップルの2020年第3四半期の収益電話会議で、iPhone 12のリリースは数週間遅れると発表しましたが、8月20日に、アップルの公式YouTubeチャンネルがiPhone 12が9月10日にデビューするかもしれませんとの情報がうっかりと流出しています。 それはAppleが以前に公式のYouTubeチャンネルでライブテストをした際、9月10日の日付とカウントダウンがリストされているからです。 最新のiPhone 12シリーズをリリースする日付のではないかと思われます。

iPhone 12 Pro Max仕様

何も起こらなければ、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12シリーズ全体のトップモデルになり、8月21日にこの機種の仕様が流出されました。 A14 5nmプロセスプロセッサ、6GB RAM、最大512GBのストレージ容量、6.7インチXDR OLEDスクリーン、背面4レンズ設計(1200万ピクセルの広角、1200万ピクセルの望遠、1200万ピクセルの超広角、3D ToF被写界深度)、グレー、シルバー、ゴールド、グリーン、ブルーの5色のボディカラーを装備。

iPhone 12セット 6色オプション

今年のiPhone 12は、新しい機種の中で最もエントリーレベルの機種になるはずです。8月18日、外国メディアの報道によると、白、赤、黄、青、紫、緑を含む6色のオプションがあり、そのうち5色は iPhone 11と似たようで、iPhone 11の黒がiPhone 12の青に置き換えられています。 iPhone 12の配色はiPhone 11の配色と似ていますが、前者は正方形のボディデザインを使用しているため、外観から2つの違いが一目瞭然です。

来年は安いバージョンのiPhone 12をリリースするかも

5GネットワークをサポートするiPhone 12は間違いなく多くのアップルファンに期待されていますが、コストパフォーマンスを追求したい友人にとって、8月11日に噂されている安価なiPhone 12はもっと魅力的かもしれません。 アナリストのDaniel Ives、Strecker Backe、Ahmad Khalil が共同執筆したWedbush Securitiesの新しい調査報告によると、アップルは来年2月に4Gネットワークを搭載した手頃な価格のiPhone 12を発売する予定で、価格は800米ドル(HK $ 6,200)以下に設定されています。

Apple新作発表会に「Five More Thing」

次回のApple新作発表会では、主人公は間違いなくiPhone 12シリーズですが、8月10日の報告で言及されたApple新作発表会では、iPhone 12シリーズが独占するのではなく「Five More Thing」があるようです。 より多くの地域に対応するApple Card、第8世代iPad、第6世代Apple Watch、AirTag、AirPowerワイヤレス充電器が含まれます。

120Hz画面とLiDARセンサー

以前の報道によると、GSMArena仕様データベースでは、すでにApple iPhone 12 Pro Maxの仕様がすでに流出されています。これには、5Gネットワーク、A14 5nmプロセスプロセッサ、6GBメモリ、最大512GBのストレージ容量、6.7インチXDR OLED画面、および最大120Hz画面のリフレッシュレートが含まれます。実際、iPhone 12 Pro Maxに120Hzの画面リフレッシュレートが搭載されることは以前に噂していますが、そのときは噂だけで、Jon Prosserの最新のスクリーンショット写真は確実な証拠になります。

Jon Prosserの最新のスクリーンショットによると、Apple iPhone 12 Pro Maxには、120Hz画面のリフレッシュレートとLiDARセンサーを含む2つの新しい要素が搭載されていると指摘されています。 6.7インチのiPhone 12 Pro Maxの設定ページから、ディスプレイ設定に「高リフレッシュレート」のオプションが追加され、最大120Hzの画面リフレッシュレートを有効にしたり、電話を現在の使用状況に応じて自動的に調整したりできます。さらに、カメラ設定に「LiDAR CA」機能が追加されました。これらの2つの機能は、今年のiPad Proの発売後に初めてiPhone製品に適用されますが、6.7インチPVTモデルでのみ利用できるかもしれません。

Jon Prosserの最新のスクリーンショット写真によると、Apple iPhone 12 Pro Maxには、120Hz画面のリフレッシュレートとLiDARセンサーを含む2つの新しい要素が搭載されていると主張しています。

Jon Prosserだけでなく、EverythingAppleProがTwitterに、iPhone 12 Pro Maxには120Hzの画面リフレッシュレートが搭載されていると述べました。 しかし、一部のネチズンはJon ProsserとEverythingAppleProの両方の写真に奇妙なところがあると指摘しましたた。たとえば、「behaviour」は英国の文字列を使用し、Hzを「hz」に書き、12:09は「AM」を表示するため、偽の画像の疑いがあります。

EverythingAppleProがTwitter、iPhone 12 Pro Maxには120Hzの画面リフレッシュレートが搭載されていると述べました。

しかし、一部のネチズンはJon ProsserとEverythingAppleProの両方の写真に奇妙なところがあると指摘しましたた。たとえば、「behaviour」は英国の文字列を使用し、Hzを「hz」に書き、12:09は「AM」を表示するため、偽の画像の疑いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です