24 September, 2020

iPadにOffice(Word、Excel、Powerpoint)をインストールして使用する方法

Microsoft が iPhoneおよびAndroidのiPadを対象に Office家庭用版は無料でダウンロードできます。ダウンロード後、携帯電話からWord、Excel、PowerPointのファイルを表示および編集できるため、移動中に作業が必要なユーザーには優れた選択肢です。Microsoftはまた、iPadにのOffice を無料で編集機能をオープンし、ユーザーはiPadで最適化されたOfficeを無料で使用できます。

新しいOfficeアプリは、Dropboxクラウドハードドライブとも連携し、ユーザーは、Dropbox内のファイルをアプリケーションから直接開いたり、編集したり、同期したりできます。Dropboxアプリでは、Officeアプリをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。 Dropboxは元のワープロ部分の欠点を補うつもりであり、Microsoftは巨大なクラウドハードディスクユーザーがいるOfficeの地位を取り戻したいとも考えています。

ご存知のとおり、Googleはファイルとスプレッドシート機能を持つAppを使用し、Google Driveクラウドハードドライブと組み合わせて、iPhone、iPad、Androidで使用できるワープロアプリを作り出しました。AppleはiWorkをiCloudクラウドのハードドライブで無料ダウンロードできるようにしました。MicrosoftはOfficeとDropbox組み合わせてサービスを提供すれば、市場で三強鼎立の状況を生み出すかもしれません。
ちなみに、以前のOffice モバイルアプリ を引き続き使用している場合、Microsoftは最近、Word、Excel、PowerPointを3つのアプリケーションに分離しました。必要に応じて、それらを個別にダウンロードしてインストールできます。安定性とより良い操作経験を得るために、できるだけ早く新しいバージョンのアプリに変更することをお勧めします 。

ソフトウェア情報
作業系統:iOS
ソフトウェア名:Office for iPad
ソフトウェア言語:多言語
オペレーティングシステム:iOS

ステップ1
Word、Excel、PowerPointのアプリケーションを開いた後、初めての方はMicrosoftアカウントにログインする必要があります。[アカウントを作成]をクリックして無料で申請することもできます。

ステップ2
Office 365をサブスクリプションしなくても、「ドキュメントの作成、作成、編集」などの機能を既にサポートしています。一部の追加機能しハイバージョンへのアップグレードは、有料になりますが、一般的なユーザーにとっては、使用するのに基本的な編集などの機能も十分です。

ステップ3
新しいOffice for Appでは、「Dropboxサポート」機能がすでに表示されています。アカウントを追加すると、DropboxクラウドドライブからWord、Excel、またはPowerPointファイルを直接開いて、ドキュメントを編集および保存できます。

ステップ4
Officeを使用したことのある人だれでもわかるようには、Word、Excel、PowerPointのいずれで作成されたファイルでも、独自のソフトウェアで開いて編集する必要があります。違うプログラムで開いたり編集したりすると形式が暴走して、100%置き換えられるプログラムはほとんどありません。MicrosoftのOfficeに重度依存するユーザーは、Dropboxを使ってファイルを保存しているなら、iPadでOffice を編集するのが一番です。 今現在、タブレット上のOfficeドキュメントに最も互換性のあるアプリになります。
Dropboxアカウントをリンクした後、Officeアプリでクラウドドライブ内のファイルを開いて編集し、編集内容をクラウドドライブに同期できます。全体的な操作は非常に簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です