22 October, 2020

iPadの充電が非常に遅い理由は何ですか? 解決方法は?

iPadの充電が遅く、充電過程が非常に長くい場合、重要なハードウェアへの損傷を防ぐために問題を確認する必要があります。 iPadの充電に関する一般的な問題と解決策を次に示します。

iPadはiPhoneなど他の電子製品と同じで、電気がないと正常に使えません。 iPadのバッテリー容量がどんなに大きくても、使用すると充電する必要があります。一部の人々は、iPadの充電速度が遅くなることに気づき、数時間かかっても充電が完了しません。 では、充電が遅いのはなぜですか?

iPadの充電が遅くなる理由は何ですか?

1、携帯電話と比較して、iPadのバッテリーは7340mAh(ミリアンペア)に達していますが、iPhone 6は1810mAhしかありません。 両者の違いは大きく、電源アダプターも同じですが、iPadはiPhone6より充電が長いです
2、iPadのスタンバイ時の消費電力は、他の携帯電話に比べて比較的大きいため、充電速度が遅くなります。
上記の2つの原因で、Padの充電速度に影響します。

対処方法

1、まず、USBが破損していないか確認する必要がありますが、ケーブル自体やIPADの差し口が破損している場合、以下の対策はすべて無駄ですが、まれです。
2、通常のコンピューターでiPadを充電できません。Windows自体はiPadの充電をサポートしていません。AiChargerをダウンロードする必要があります(Appleのコンピューターにはこの問題はありません)。
3、PCの電圧と電流が低いため、充電が非常に遅いです。 充電器で2時間でフル充電できます。
4、iPadには大容量のリチウム電池が内蔵されており、リチウム電池は温度の影響を比較的受けやすいため、操作時や保管時の充電に適した温度は0°C〜35°Cです。周囲温度が5°Cに近いか、それ以下になると、バッテリーの電解液の密度が少なくなり、バッテリーの性能が低下し、放電能力が弱くなり、電源がついている時デバイスが自動的にシャットダウンし、電力値が乱れ、充電が困難になります。これはリチウムバッテリーの温度特性です。機械の温かさに注意し、暖かいの部屋で暖めて通常に戻ります。
5、ipadとiphoneと充電ヘッドは通用できません。iphone/ itouchの充電ケーブルでipad充電すると非常に遅くなり、ipadの充電ケーブルでiphoneを充電すると爆発する可能性があります。
6、上記の問題を試しても解決できない場合は、ハードウェアの故障の可能性があるため、iPadをAppleのアフターサービスセンターに送り、検査をしてください。

iPadの電力を節約するテクニック

1、「視差効果を減らす」をオフにします。 「設定」ー「アクセシビリティ」ー「動作」ー「視差効果を減らす」をオンにします。

2、ソフトウェアのバックグラウンド更新を閉じます。「設定」ー「一般」をクリックし、「APPのバックグランド更新」をオフにすることで、すべてのソフトウェアのバックグラウン更新を一度にオフにすることができます。または一部の特定のソフトウェアのバックグラウンド更新をオフにしたりできます。
3、自動ソフトウェア更新をオフにします。 「設定」ー「TunesとApp Store」ー「APPのアップデート」を有効にする」(アカウントがワイヤレスネットワーク環境にログインしている限り、システムは無意識にソフトウェアを自動的に更新します)。
4、「利用頻度の高い場所」を閉じます。 「設定」「プライバシー」ー「位置情報サービス」ー「システムサービス」をクリックし、「利用頻度の高い場所」をオフにします。

5、ライブ壁紙を閉じます。 「設定」ー「壁紙」ー「壁紙を選択」ー「静止画」をクリックして壁紙を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です