Apple新製品発表会 新しいiPad Air 5の大きなセールスポイント、iPad Pro機能がiPhone 12の謎を明らかに!

Apple新製品発表会 新しいiPad Air 5の大きなセールスポイント、iPad Pro機能がiPhone 12の謎を明らかに!

すでに噂されていますが、今回の発表会での最大の驚きは、やはりiPhone 12が9月に予定どおりにリリースされていないことです。ですがまだ驚きがあるため、アップルファンにとってはがっかりする必要がありません。発表会では、Tim Cookは最初に肺炎の流行について話し、次にApple Watchシリーズ6や新しいiPadを含む3つの新製品を1つずつ紹介しました。最も魅力的で、美しい色と大きな革新、そして新しいTouch IDを備えている新しいiPad Airが最後の大喜利です。

発表会では、最も魅力的で、美しい色や大きな革新、そして新しいTouch IDを備えている新しいiPad Airが最後の大喜利です。

Tim Cookはアップルパーク(Apple Park)で登場しました
最初はcovid-19について述べました

セールスポイント1:色がカラフル

近年、iPadシリーズはスペースグレイ、シルバー、ローズゴールドの3色しかありません。新色は追加されていませんでしたが、今回は新しいiPad Airがグリーンとスカイブルーの2色に加えて、明るい色調を追加しました。写真を見るだけで非常に魅力的で、実物はほぼ同じで、期待できます。

今回は新しいiPad Airがグリーンとスカイブルーの2色に加えて、明るい色調を追加しました。写真を見るだけで非常に魅力的です

セールスポイント2:初のA14 Bionic(バイオニック)チップ

iPhone 12は登場していません。新しいiPad Airは、アップルの最新かつ業界初の5ナノメートルプロセステクノロジーを採用し、A14Bionicチップは、基本的な6コアCPUと4コアGPUのほか、1秒で11兆の演算を処理できる16コアNeural Engineを最初に使用し、前世代のiPad Airよりも40%高速であると主張しています。 これは、ゲームのパフォーマンスと機械学習で特に著しく感じられます。

新しいiPad Airは、アップルの最新かつ業界初の5ナノメートルプロセステクノロジーを採用し、A14Bionicチップは、基本的な6コアCPUと4コアGPUのほか、1秒で11兆の演算を処理できる16コアNeural Engineを最初に使用し、前世代のiPad Airよりも40%高速であると主張しています。

セールスポイント3:上部にタッチID

多くのアップルファンはTouchIDを愛用していますが、今回はiPad Airが前面の円形のTouch IDを削除し、Touch IDをトップボタン内蔵しました。 Face IDは同時にサポートしていませんが、この新しいTouch IDのデザインは、ボディのサイズを維持しながら画面サイズを拡大し、ボディと画面の比率を上げることができました。特に、現在のマスクをつけている際のロック解除に適しています。

iPad Airが前面の円形のTouch IDを削除し、Touch IDをトップボタン内蔵しました

セールスポイント4:10.9インチの美しいディスプレイ

前世代の10.5インチから10.9インチに拡大されたLiquid Retina画面は、iPad Pro 11インチよりもわずか0.1インチ小さくなっています。TrueToneディスプレイ、P3広色域ディスプレイ、反射防止コーティングを備え、iPad Proと非常によく似ています。 違いは、更新頻度を自動調整するProMotionテクノロジーがないことであり、高速画像を表示するときに多少の損失が発生する可能性があり、最高輝度もわずかに低くなります。 (iPad Air 500nit、iPad Pro 600nit)

10.9インチに拡大されたLiquid Retina画面は、iPad Pro 11インチよりもわずか0.1インチ小さくなっています。TrueToneディスプレイ、P3広色域ディスプレイ、反射防止コーティングを備え、iPad Proと非常によく似ています。 違いは、更新頻度を自動調整するProMotionテクノロジーがないことです

セールスポイント5:iPad Pro仕様に近い

外観については、新しいiPad Airは四辺の曲面のデザインをやめ、iPad Proと同じデザインを使用して、充電が更にい速い20W USB-Cソケットに置き換えています。 さらに、ワイヤレス接続と充電をサポートする第2世代のApple Pencil、iPad Pro 11と同じフローティングデザインのMagic Keybroad、1200万ピクセルレンズなど、全体的な機能はiPad Proと非常によく似ています。

更に早くなる高速充電を備えた20W USB-Cソケットに置き換えます

ただし、性能が上がれば、それなりに新製品の価額も上がります。64GB Wi-Fiバージョンの価格は、62800円(税別)で、256 GBは79800(税別)から始まります。 11インチのiPad Pro 256GBは95800(税別)で、価格差はたったの16000円で、大差はありません。A14Bionic(バイオニック)チップと機能の更新から見ると、新しいiPad Airは競争力のある商品に間違いありません。古いiPadユーザー(iPad Proを購入していない)にアップグレードする価値がある選択と個人的に感じています。

新製品の機能が上がるとともに販売価額も上がりました。64GB Wi-Fiバージョンの価格は、62800円(税別)で、256 GBは79800(税別)から始まります。

第8世代iPad

ipad airと比較すると、新しい第8世代iPadはそれほど新しい要素を加えていなく、ローエンド市場をターゲットに、手頃な価額で34800円(税別)からにキープされています。基本的にはA12 Bionicチップのみが交換されましたが、10.2インチ画面、 初代Apple Pencilとキーボードのサポート、800万ピクセルのレンズなどその他の機能はあまり変更されていません。コストを考える初心者ユーザー向けです。

新しい第8世代iPadはそれほど新しい要素を加えていなく、基本的にはA12 Bionicチップのみが交換され、他の機能はあまり変更されていません。

新製品ipad airがiPhone 12の謎が明らかになったかも!スカイブルーとTouch IDが登場?

新しいiPhone 12は登場していなかったが、新しいiPad Airはいくつかの謎を明らかにしたかもしれません。A14 Bionicチップに加えて、iPad Airのようなに、iPhone 4およびiPhone 5のような4つの側面がグラフィックデザインに戻る可能性があります。さらに重要なのは、Touch IDがボディの側面のトップボタンに移動したことです。iPhone 12がこの機能とFace IDが同時にサポートするかもしれません。今のコロナウイルスの流行によってマスクを頻繁に着用することに最適です。 さらに、新しいApple Watchのスカイブルーは、2年以上噂されている青いiPhoneにも似ていて、iPhone 12の新色にも非常に期待ができるかもしれません。

Touch IDがiPhone 12に復帰?新色のブルーが登場?

9月16日の午前1時に、Appleはオンラインで新製品発表会が開かれ、最新ニュースを継続的に更新しました。

02:04

10.9インチの画面を備え、第2世代のApple Pencilをサポートし、ワイヤレス充電もサポートしています。また、iPad Proと同じデザインのMagic Keybroadと20W USB-Cポートを備えています。日本での価格は税別62800円(64GB)から始まり、 256GBは税別で79800円からになり、10月に発売されます。

01:59

新しいiPad Airは、4コアGPUを搭載した新しいA14Bionicチップを使用しています。これにより、コンピューティング機能と機械学習機能が大幅に強化され、人間の動きが正確に検出されます。

01:51

新しいiPad Airが登場。 新しくデザインしたTouch IDを追加し、トップボタンでフィンガー認証します。 新しいグリーンとスカイブルーを含め、5色があります。

01:50

新しいiPadの第8世代は、10.2インチ画面、A12 Bionicチップを搭載しており、第1世代のApple Pencilをサポートしています。予約注文は本すでに始まっています。日本の公式ウェブサイトが更新され、価格は税別で34800円(32GB)から始まり、128 GBは税別で44800円からになります。

01:46

新しいiPad第8世代とiPad OS14を発表しました。

01:40

噂のとおり、Apple OneがさまざまなAppleサブスクリプションサービスを統合すると発表されました。 個人プラン(月額14.95ドル)とファミリープラン(月額19.95ドル)1か月の料金で、Apple Music、Apple TV、Apple Arcade、iCloudが使用できます。 さらに、プレミアプランはApple Music、Apple TV +、Apple Arcade、Apple News +、Apple Fitness +、2TB iCloudが利用でき、月額料金は$ 29.95で、6人の家族と共有できます。

01:34

Fitness +サービスの料金は月額9.99ドル、年額は79.99ドルです。新しいApple Watch series6の購入者は3か月間の無料試用期間があります。

01:31

新しい健康サービスFitness +を発表しました。 Apple WatchはiPhone、iPad、またはApple TVに連動して、フィットネスコーチとリモートでエクササイズを行います。 毎週異なるコーチとコースがあります。

01:22

比較的に安価なApple Watch SEをリリースしました。 Apple Watch series6は42800円(税別)から、Apple Watch SEは29800円(税別)からです。

01:20

伸縮性のある液状シリコーンゴムを使用して、極上の着け心地を追求した新しいバンドソロループ(Solo Loop)が登場しました。クラスプもバックルもなく、一体感のあるバンドに仕上がっています。さらに、Apple Watch Nike、Apple Watch Hermesのバンドも更新され、加カラフルで。以前よりもファッショナブルになる。多くの新しいケースを備え、ケースとバントの組み合わせによって自己スタイルのマイWatchを作ることができます。

01:10

Apple Watchシリーズ6が最初にデビューし、噂のアトランティックブルーとレッドが初めて登場しました。 血中酸素測定機能も追加されています。

01:00

Tim Cookはアップルパーク(Apple Park)で登場し、Apple WatchとiPadの2つの製品について話しました。

アップルの発表会のライブ画像
00:40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です