27 September, 2020

「iOS 13 リマインダー」は注意事項やタスクを全面的に把握し、使いやすいスケジュール管理アプリ

あなたはiOSに標準搭載されている「リマインダー」機能を使っていますか。 iOS 13以前のリマインダーは本当に使いにくいから、多くの人はサードパーティーのアプリを使います。アップル会社もこの現象を改善するため、iOS 13に搭載されているリマインダーを徹底的に改善し、今回のリマインダーはスマートで革新的で強い機能を持っていると言えます。

「iOS 13 リマインダー」操作画面大改造

リマインダーアプリの操作画面は大きく変わりました。今は「ダークモード」に対応するだけでなく、操作画面が「今日」、「日時設定あり」、「すべて」、「マイリスト」四つの部分に分かれました。

上の「今日」、「日時設定あり」、「すべて」三つ部分は大切な機能を果たしています。今日、明日及び明後日に予定している会議、活動、タスクなどのスケジュールはワンボタンで確認できます。「マイリスト」で漏れのないように、重要な事項の実行状況を確認できます。

この三つの機能について説明します

•今日:今日実行済んでいない事項しか表示しないです。
•日時設定あり:日付によって事項を順次に並びます。
•すべて:リストで実行済んでいない事項を表示します。

リマインダーの事項を代表する色をカスタマイズできます

iOS 13リマインダーのリストで色は自分で決まることが可能です。色の選択について色ごとに異なる意味を示します。もし色を表し意味についてイメージがつかない場合は、次のロジックで色を決まってください。

•個人事項:緑色
•家庭事項:紫色
•休み事項:黄色
•緊急事項:赤色
•ショッピング:オレンジ
•個人目標:ブラウン
•仕事と学校の事項:青色

マイリストの内容が分かりやすいです

リマインダーとして、リストが分かりやすいは大切です。最新版のマイリストは前の理念保留し、操作方式も前のバージョンと類似し、進行バージョンと言えます。

事項が実行済みたら、事項をクリックすればいいです。もし実行済みの事項を表示したい時は、右上の「•••」から「実行済みを表示/非表示」を選べます。これらの項目は自分の状況によって設定し、リストの一番下に表示されます。

気楽に新規リマインダーを作成できます

新規リマインダーを作成したい場合は、左下の「新規リマインダー」をクリックして、スケジュールが直接作成できます。もっとスケジュールを作成したいなら、「改行」ボタンで新規作成ができます。

細目を追加したいなら、〇付く「i」をクリックして、メモ、通知、アラーム、繰り返し及び場所も設定できます。優先順位という機能さえ保留されました。事項の重要性は低、中、高に分かれます。

マイリストでの事項も「!」によって、重要性を表示します。(優先順位は「!」の数で決まります。)

マイリストにも乗車位置を表示できます

はっきり見える変化は「場所」オプションが追加されました。乗車位置又は目的地を設定し目的地を項目に表示できます。

「マイリスト」は自動的に日付を識別できます

新規リマインダーを追加する時に、名前のところに通知を受けたい時間を入力すれば、入力内容が自動的に通知時間を表示します。例えば「明日午前9時」を入力すると、入力内容のところは「明日午前9:00」を表示し、これをクリックしたら、通知時刻は自動的に設定できます。

毎日自動リマインダー機能

大量のリマインダーを追加した後、起きた時当日のリマインダーを知りたい場合は、「設定」→「リマインダー」→「今日の通知」をオンに設定してください。そうすれば、スマホが自動的にリマインダーを通知できます。

まとめ

iOSに搭載されているリマインダー機能は確かに改善されました。アップル会社はアプリが使いやすいように開発しながら、シンプルしすぎないようにしています。iOSユーザーにとって、無料だけではなく、できるだけアプリをインストールしないようにしたいはずです。特にサードパーティーのアプリを利用しないで、iOSに搭載されているリマインダーを活かせるなら最高です。

初心者が手が負えないほど、一部の人が機能性を追求していますが、機能が多ければ多いほど必ず良いとは限りません。使いやすくなければ、リマインダーとして必要な機能とは言えないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です