ホーム > >

macOSバッテリー健康管理機能分析、MacBookバッテリーをアクティブ化して寿命を延ばす

macOS 10.15.5の公式版がリリース以降、多くの人々の注目を集める新しい「バッテリーの寿命を管理」機能が追加されました。Appleは、MacBookのバッテリー寿命を延ばし使用の最大化にします。iOSから移植された新機能と同様に、これを注目に値する特別な機能は何ですか? 本記事では、macOSバッテリーの寿命を管理のメリットと設定方法を詳しく説明します。

MacBookのバッテリーの経年劣化の問題を知る。

実際、macOSは「バッテリーの寿命を管理」機能を導入する主な理由は、MacBookで使用されているリチウムバッテリーはバッテリーの膨れに関する多くの問題が発生しました。それにより、タッチパッドにひびが入ったり、フィードバックがなかったり、蓋を閉められない問題を起こったりしました。複数の 2015年の15インチのMacBook Proにはのバッテリー火災があり(本体スペースが過密で、高温)、ユーザーの安全性に影響を与えAppleはすぐに全面的なリコール計画を実行しました。

そうなる主な理由は、MacBookリチウムポリマーバッテリーは時間が経つにつれて消耗され、バッテリーに化学成分が含まれているため、時間の経過とともに耐久性が低下します。バッテリーが膨れたり、自動的にシャットダウンすることさえあります。 サイクル数が元の工場の制限を超える場合、バッテリーは「消耗/完全に消耗」と見なすこともできます。

macOSバッテリーの寿命を管理の役割は何ですか? 機能の実行原理はなんですか?

MacBookのバッテリーの状態をいつでもユーザーに知らせるために、macOS 10.15.5にバッテリーの状態管理機能が追加されました。主な理由は、バッテリーの劣化速度を遅くし、バッテリーの温度記録とその充電モードを監視することにより、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

macOSの電源管理機能は、実際にはiOSよりも完備しています。たとえば、電源コードに接続して直接使用でき、バッテリーのサイクル数を減らすことができます。プロセッサでは、Turbo Boost(究極のターボ加速技術)もサポートしています。 さまざまなタスクにおいてCPUプロセッサとGPUのパフォーマンスを自動的に調整します。

さらに、バッテリーの寿命を管理は、バッテリーの寿命を延ばすだけでなく、充電量の上限を制限することもできます。これにより、Macが1回の充電で実行する時間を短縮できます。

macOSバッテリーの寿命を管理の確認および設定方法について

MacBookのバッテリーの状態を確認したい場合は、次の方法で操作してみてください(Thunderbolt 3モデルに限定)。

「システム環境設定」を選択し、「省エネルギー」をクリックします。

「バッテリーの状態」ボタンをクリックします。

このページでは、「バッテリー状態」と「バッテリーの寿命を管理」の2つの機能を確認できます。

その中でも、次の充電までにMacノートパソコンをできるだけ長く使用できるようにすることを優先する場合は、「バッテリーの寿命を管理」をオフにしてください(オフにすることはお勧めしません)。

また、バッテリーの状態には「バッテリーの状態」が追加表示され、以下の4つの状態が表示されます。

  • 正常:バッテリーは正常に動作しています。
  • できるだけ早く交換:バッテリーは正常に動作していますが、ストレージ容量は新しいものほど良くありません。 定期的にバッテリーステータスメニューを確認し、バッテリーの状態を把握してください。
  • すぐに交換:バッテリーは正常に動作していますが、ストレージ容量は新しいものよりもはるかに少なくなっています。 コンピュータを安全に使用し続けることができますが、ストレージ容量の減少がエクスペリエンスに影響を与える場合は、コンピュータをApple StoreまたはApple認定修理センターに送る必要があります。
  • バッテリーの修理:バッテリーが正常に機能していません。 Macが適切な電源アダプタに接続されている場合、安全に使用できますが、できるだけ早くApple StoreまたはApple正規修理センターに送付する必要があります。

MacBookのバッテリーメンテナンスの小技について

作業中は、 Hub / USB-C電源を直接接続することをお勧めしますが、仕事を休んだりしているときは、シャットダウン、スリープ、スタンバイモードでも、画面がオフのときに電源コードを抜いてください。 常に電源コードを接続のままで充電し続けると、電池の消耗が早くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です