24 October, 2020

iOS 14で追加されたローカルネットワーク権限は、サードパーティのアプリに開きますか?

アップグレードが完了した後、iOS 14を初めて使用する多くのユーザーは、「ローカルネットワーク」と呼ばれる権限が要求されます。

勧め読み物: Apple iOS 14が正式にリリースされました! これらの30の便利な機能は、アップグレードする価値があるかどうかを教えてくれます

iOS 14の新しい「ローカルネットワーク」権限リマインダー

誰もがこのアクセス許可について多くの疑問を持っていると思います。ローカルネットワークのアクセス許可とは何ですか? なぜそれを制限する必要があるのですか? そして、どのアプリが本当にこの許可を必要としていますか? この3つの質問については、この記事で回答します。

ローカルネットワークのアクセス許可とは何ですか。なぜ制限する必要があるのですか。

ローカルネットワーク(LAN)

ローカルネットワークは、ローカルエリアネットワークとも呼ばれます。これは、デバイスがルーターに接続された後に形成されるネットワークです。デバイスはこのネットワークを介して相互に通信できます。携帯電話でワイヤレスオーディオ機器から曲を再生したり、公共のプリンターで社内のドキュメントを印刷したりできます。 友人の家で Switchオンラインでゲームをしています。

iOS 13以降、現在接続しているWi-Fi名を取得するには、アプリが位置情報へのアクセス許可をもらう必要があります。 Wi-Fi名を識別することで、アプリケーションはあなたとあなたの周りの人々との間にビッグデータネットワークを簡単に確立できるからです。 ただし、位置情報へのアクセスを許可しなくでも、アプリケーションが追跡できないことを意味するわけではなく、ローカルネットワーク上のデバイスを介して追跡できます。

MACアドレスによって特定のLANを識別できます

以前のiOSバージョンでは、アプリケーションはローカルネットワーク内のデバイスを自由にスキャンできるため、アプリケーションはローカルネットワーク内のすべてのデバイスの名前とMACアドレスを簡単に取得できます。 MACアドレスは、ネットワークデバイスの場所を確認するためのアドレスです。各ネットワークカードには唯一のMACアドレスがあり、MACアドレスも唯一であるため、デバイスの製造元は特定のルールに従ってMACが配分される。そのため、異なるLANは唯一で識別できます。

このようにして、特定の「指紋」がMACアドレスとデバイス名によって生成され、ユーザーの行動がアプリケーションやデバイスに限定せず継続的に追跡され、ユーザーのポートレートが継続的に調整されます。

たとえば、オフラインチャネルから新しいカメラを購入し、写真を撮った後、カメラ独自のWi-Fiを使用して写真を携帯電話にインポートしました。この時点で、特定のプロモーションモジュールを備えたアプリケーションがローカルエリアネットワークでスキャンを開始し、新しいデバイスを識別しました。プロモーションモジュールはカメラのMACアドレスをクラウドにアップロードします。単純な識別と比較の後、このMACアドレスがカメラに属していることが簡単にわかります。このように、プロモーションモジュールを備えたアプリケーションは、ポートレートで「カメラユーザー」のタグを付けます。次に、同じプロモーションモジュールを使用してショッピングアプリケーションを開くと、カメラに関連する多くの商品が表示されます。

プログラムAがカメラとデータを交換すると、プログラムBもこのカメラをスキャンできます

そのため、iOS 14では、Appleはローカルネットワークのアクセス許可に厳しい制限を課し始めました。

どんなアプリがローカルネットワークのアクセス許可が必要がですか?

ほとんどのアプリケーションでは、ローカルネットワークのアクセス許可を与える必要はありません。 ローカルネットワークを使用する機能がないため、このアクセス許可を要求する主な目的は、ユーザーを追跡して広告をプッシュすることです。

HomeKit、AirDrop、AirPlay、AirPrintはネットワーク権限を必要としません。

アプリケーションHomeKit、AirDrop、AirPlay、AirPrintを使用する際は、ローカルネットワークのアクセス許可を付与する必要はありません。このタイプのAPIを使用する場合、Appleはプライバシーを保護することを前提にデータを転送および交換します。

スマートホームアプリ(HomeKit型以外)とオンラインストリーミングメディアプロジェクションアプリ(Spotifyなど)は比較的複雑です。ペアリングするときにアクセス許可が必要で、コントロールするときに選択できます。

スマートホーム家具やテレビなどとペアリングする場合、対応するアプリは、ローカルで対応するデバイスを最初に検出した場合のみペアリングできるためです。このプロセスはローカルネットワーク権限を付与する必要があります。ペアリングが完了すると、ほとんどのスマートホームサービスはデバイスをクラウドに記録します 。

スマートホームの情報はクラウドに保存されているため、コントロールする場合、ユーザーはローカルで要求を送信し、接続できない場合はクラウドからデバイスに要求をプッシュします。選択的にアクセス許可を付与できます。

ローカルからのプッシュとクラウドからのプッシュ、単純なスイッチコマンド、調整コマンドの遅延は特に違いはないため、ローカルネットワークのアクセス許可を付与しなくても可能です。 ネットワーク環境が悪い場合にのみ、コンテンツをプッシュして再生すると、大幅な遅延が発生します。 そのため、スマートホームアプリやオンラインストリーミングメディア画面プッシュアプリは、ペアリング中に短時間だけ開く必要があり、日常的にローカルネットワークへのアクセス許可を与える必要がないと思います。

最後の3種類のアプリには、ローカルネットワークのアクセス許可を付与する必要があります。

1、デバイスの検出にローカルネットワークを使用する
2、データ送信にローカルネットワークを使用する
3、ネットワークデバッグツール

ローカルネットワークを使用してデバイスを検出するためのアプリケーションは多くありませんが、それらのほとんどはスマートホームに関連するアプリです。 その他に、同じネットワークで一緒にゲームするアプリケーションとルーター管理アプリケーションなどです。

ローカルネットワークを使用してデータを転送するアプリケーションが少なくありません。たとえば、ローカルビデオプレーヤーnPlayerを使用してNASのビデオを再生する場合、ローカルネットワークの権限が必要です。また、サードパーティのソフトウェアを使用して、携帯電話からテレビに写真を投影したい場合も ローカルネットワークのアクセス許可も必要です。そして、頻繁に使用するTIMのフェースTOフェースの高速データ転送機能も、ローカルネットワークのアクセス許可も必要です。 ローカルネットワークを使用してデータを転送する例は多数ありますが、ここでは3つの一般的な例を挙げました。

最後の1つは、HE Network Toolsなどのネットワークデバッグツールです。ローカルネットワークのアクセス許可を与えないと、ローカルネットワークに関連するすべてのテストツールが失敗します。 このタイプのアプリケーションを使用する人なら誰でも、この権限を開くことを知っているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です