デスクトップウィジェットに加えて、iOS 14にはこれらの新機能があります

6月23日3:00に、初のオンラインWWDCの開幕)Keynoteが正式に終了し、iOS 14の最初のベータ版がまもなく発表されます。 多くの開発者やファンが初めて最新のシステムにアップグレードしました。

ウィジェット、アプリライブラリのような重要な更新に加えて、iOS 14にはまた目立たない多くの新機能があります。 iOS 14をより全面的に知りたい場合は、この記事に従って簡単に見落とされがちな新機能を発見していきましょう。

メイン画面

メイン画面の大きな変更は、間違いなくiOS 14の最も目を引く更新の1つです。ウィジェットはiOS 14を「アンドロイド化」したように見えますが、iOS 14のウィジェットはアンドロイドほどインタラクティブではありません。

アンドロイドと比較すると、iOSウィジェットは拡大されたアイコンに似ています。 このアイコンを使用して天気や地理的な位置などの簡単な情報をホーム画面からすばやく確認できますが、より詳細なコンテンツを表示したい場合は、アプリを開く必要があります。

現在、iOS 14ウィジェットでサポートされている2つのインタラクション方法があります。アプリケーションをクリックして開くことと、ある機能を使うことの二つです。 天気アプリを例にすると、ウィジェットは違う都市の天気を表示するために左右にスワイプすることをサポートしていません。ウィジェットとの唯一のインタラクションは、タップしてアプリを開くことです。メモやショットカットなどのウィジェットは、表示された内容を使って、あるメモを開いたり、あるショットカットを実行したりすることができます。

デスクトップウィジェットの中で、「スマートスタック」機能は非常に人目を引くものです。システムはユーザーの使用習慣に基づいて適切なウィジェットを推奨しています。 実際、ウィジェットをドラッグして「スタック」を手動で作成することもできます。 フォルダを作成するのと同じように、同じサイズの小さなウェジェットを一緒にドラッグするだけで、スタックの編集が完了です。

「スタック」を手動で作成して、ウィジェットを追加したり削除したりできます。 追加方法は「スタック」の作成と同じですが、ウィジェットの中のアプリを削除するには、長押しして「スタックを編集」をクリックし、ポップアップメニューで左にスライドして削除します。ウェジェットごとに削除するには長押しして「ウェジェットを削除」を直接クリックしていいです。

iOS 14の新しい「APPライブラリ」を使用すると、一部のアプリケーションを収納し、メイン画面をよりリフレッシュしてクリーンにすることができます。 ただし、新しいアプリケーションをダウンロードしても、アイコンはメイン画面に表示されます。 アイコンを手動でライブラリに追加するのはあまりにも面倒です。

実際、iOS 14は、アプリをダウンロードするときに、デフォルトでAPPライブラリへの追加をサポートしています。 「設定」-「ホーム画面」で「新規ダウンロードAPP」のオプションを「APPライブラリのみ」に変更すると、ダウンロードが完了すると、アプリケーションはホーム画面に表示されることなく、Appライブラリに直接配置されます。

ちなみに、iOS 14は下部にある小さな白い点をクリックしてページをすばやく切り替えることもサポートしています。 ホーム画面に多くのページがある場合、この機能を使用すると、目的のページをできるだけ早くアクセスすることができます。

プライバシー

長い間、プライバシー保護は常にiOSの優先事項です。 iOS 14では、プライバシー保護がさらに大きな一歩を踏み出しました。

iOS 14にアップグレードした後、多くの人々は、画面の右上隅で黄色のライトと緑色のライトが時々点灯することに気付き、バグが発生したかと人々に心配しています。 実際、画面の右上隅のライトは、アプリケーションが現在マイク/カメラを呼び出していることを通知するために使用されます。

黄色のライトがついている場合、デバイスのマイクが呼び出されていることを意味し、緑色のライトはカメラが呼び出されていることを意味します。 この機能により、マイクとカメラを密に呼び出しているアプリの逃げ場はありません。

iOSでは、マイクとカメラが密にに呼び出されることは比較的まれであり、最も頻繁にプライベートに呼び出されるのはクリップボードです。 多くのアプリケーションは起動時にユーザーのクリップボードを読み取りますが、以前にこの現象についていくつかの文章を書いています。 iOS 14では、アプリがクリップボードを読み取ると、画面の上部にポップアップメッセージが表示され、クリップボードが読み取られていることが通知されます。

システムにSMSブロックアプリをインストールした場合、このような問題が発生するはずです。このメッセージはスパムとして分類されているのに、わざわざ表示して通知する必要がないだろうと思うでしょう。 この問題はiOS 14でようやく解決され、フィルタリングされたテキストメッセージは情報アプリの隅に表示されなくなりました。

iOS 14はリマインダーを効果的に機能させるだけでなく、ユーザーにより多くのプライバシー権限を管理する機能も提供します。 アルバムの権限で、iOS 14に「選択した写真」オプションが追加されました。 ユーザーは、アプリがアルバムの呼び出しを要求したときに、アプリが読み取る写真をいくつか選択できます。 アプリの視点から見ると、アルバムには写真が選択された写真だけで、アプリは他の写真の存在を知ることができません。

アプリに付与する権限が「選択した写真」でも「すべての写真」でも、ローカルに写真を保存する操作には影響しません。 ただし、一部のアプリケーションで写真を保存すると、ポップアップ提示で写真を選択するかどうかが通知されます。[Keep Current Selection]をクリックしてよいです。写真の保存には影響しません。

写真の読み取り権限は写真の保存に影響しません

iOS 13では、アプリが位置情報を要求するときに、ユーザーは「1回のみ許可」を選択できます。 iOS 14では、個人の場所を非表示にして、プライバシーを保護するために幅広い位置情報のみをアプリに提供することもできます。

アプリケーションが位置情報を要求すると、ポップアップウィンドウに現在の位置がマークされた地図が表示されます。左上隅の[正確な位置情報]をオンにして、正確な位置を共有するかどうかを選択します。

現在地を共有するときに正確な位置情報をオフにする

iOS 14でネットと繋ぐアプリケーションを初めて開くと、アプリが「ローカルネットワーク上のデバイスの検出及び接続を求めています」と通知するポップアップウィンドウが表示されます。 このようなポップアップウィンドウが表示された場合は、現在のアプリがローカルエリアネットワーク内の他のデバイスの情報を読み取ろうとしていることを意味します。 これは、プライバシー管理におけるiOS 14の新機能でもあります。明らかに他のデバイスに接続する必要がない一部のアプリについては、この権限を直接オフにしていいです。

また、「設定-プライバシー」に「トラッキング」オプションが追加されました。 その中に「APPからのトラッキング要求を許可する」スイッチがあり、デフォルトではオフになっています。閉じた状態ではアプリケーションは他社のAPPやWEBサイトを横断して追跡できません。

iOS 14にはNFC機能を個別の項目としてが追加されています。「設定-通用-NFC」で変更できます。 NFC機能を使用しない場合は、手動でオフにすることができます。

輸入

iOS 14では、入力方法でも変更をされています。 1つ目は、絵文字キーボードが検索機能が追加されています。絵文字キーボードの上部に検索バーが表示されます。絵文字の名前や記述を入力するだけで検索できます。通常のキーボードで名前を入力するだけでも絵文字を呼び出すことができますが、絵文字キーボードの検索機能よりも少し劣ります。

たとえば、絵文字「花嫁」を入力したい場合。 通常のキーボードでは、この絵文字を表示するには、「花嫁」と完全に入力する必要があります。 絵文字キーボードで、「花」と入力すると、関連する「花嫁」、その他の絵文字が候補ボックスに表示されます。

入力方式の変更に加えて、iOS 14は日付/時刻を選択するためにコントロールの仕方も更新しました。 日付または時刻を選択する必要がある場所では、システムはスクロールホイールを使用して選択するのではなく、変更後に日付と時刻をより正確かつ効率的に設定できますが、スクロールホイールのデザインをキャンセルすると、間違いなくTaptic Engineの面白さが失われます。

メディア

写真の撮影に関しては、以前に同時に調整しかできなかったフォーカスと露光とは異なり、iOS 14は露光を個別に調整するオプションをサポートしています。露光の強さを調整した後、画面に焦点を合わせるか、フォーカスを調整してロックした後で露光を調整できます。

また、「設定-カメラ」に「前面カメラを左右反転」スイッチがあります。 開いた後、前面カメラで撮影した写真は、前面カメラで撮影した写真は左右回転して自動的に保存されます。

これまでは、AirPodsのバッテリーが低すぎるかどうかを確認する方法は2つしかありませんでした。「バッテリー」ウィジェットで確認するか、ヘッドセットの低バッテリーリマインダーを聞くの二つです。 今回iOS 14には新しい方法が追加されています。AirPodsの充電量が20%と10%を下回ると、システムは画面上部にリマインダーをポップアップして、ヘッドセットのバッテリーが低下していることを通知します。

AirPodsの電池残量低下の通知

iOS 14オーディオ処理においても最適化もされております。たとえば、システムに付属する「ボイスメモ」アプリケーションに「録音機能強化」ボタンが追加されています。 オーディオを録音した後、オーディオ編集インターフェイスの左上に強化ボタンが表示され、クリックして環境ノイズを取り除き、人間の声を強調します。

ボイス強化

実際の使用では、この機能のノイズ低減効果は非常に優れています。喫茶店で低い声での録音でも、強化されたサウンドは背景のノイズを除去し、メインの声をより際立たせることができます。

それだけでなく、iOS 14には外部サウンドを認識する機能も追加されました。「設定-アクセシビリティ-サウンド認識」で設定できます。 現在、さまざまな警報音や動物の鳴き声など14種類の音に対応しています。 システムが周囲のこれらの音を認識すると、通知するメッセージが送信されます。

この機能は、聴覚障害であるユーザーにとって非常に役立ちます。特に、警報音が鳴った場合、手にあるデバイスが「耳」として機能し、緊急通知を送信できます。

iOS 14のアルバムでは、画像を上にスライドすることでタイトルを追加できます。 検索すると、この写真をタイトルで直接見つけることができます。 写真をたくさん持っている人にとってはこの機能は間違いなく写真を選択するときのトラブルを減らすことができます。

iOS 14では、Podcastアプリケーションに小さな変更が加えられ、「今すぐ聴く」インターフェイスに「最近再生した項目」が追加されたため、前回聴き終わっていないエピソードを聴き続けることができます。

操作の最適化

iOS 14では、コントロールセンターが細かい調整をしています。 1つ目は「ホーム」スイッチの追加で、HomeKit に対応したデバイスがあれば、コントロールセンターで直接操作できます。 また、コントロールセンターの上部にプライバシーに関する通知が追加され、アプリが最近カメラまたはマイクを呼び出した場合、システムはコントロー ルセンターの上部で通知します。

「設定-アクセシビリティ-タッチ」では、iOS 14に「背面タップ」機能も追加されました。 スマートフォンの背面を2回または3回タップしてトリガーできます。例えば、スクリーンショット、ホーム画面への戻り、音量をあげる、画面のロックなどが実行できます。 この機能は現在フルスクリーンのiPhoneのみをサポートしており、Twitterユーザーのフィードバックによると、誤ったタッチ率は高いです。

アプリケーションのより深いメニューに入り、最初のインターフェイスに戻りたい場合、右に繰り返しスワイプする必要があるため、非常に不便です。 iOS 14では、この問題も解決されています。左上隅の戻るボタンを長押しすると、以前のすべてのインターフェースの名称がドロップダウンリストで表示され、指定したインターフェイスに直接戻ることができます。

この記事で述べた変更に加えて、見落とされがちなiOS 14の新機能があれば、コメントゾーンで共有しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です