22 October, 2020

iOS 13の省電力のテクニックが大公開! iPhoneの消費電力問題を20のテクニックで改善

多くのiPhoneユーザーがiOS 13にアップグレードしたこと後、システムが突然非常に電力を消費し、高温になったと感じました。時間がかからなくても、すぐに充電する必要がありました。消費電力はiOS 12より速いと感じました。 これらの問題があれば、「iOS 13の省電力に関する20の秘訣」で、iPhoneの電力効率をすぐに高めることができます。

この記事では、iOS 13システムの機能を調整し最適化するための20のテクニックを紹介します。これにより、iPhoneの電力消費の問題を改善します。オフにするかオンにするかは自己判断し操作してください。このiPhoneの省電力の記事では、最善の操作方向を提供しバッテリーの消費を削減できます。

方法1.どのアプリが最も電力を消費しているかを調べます

ある日、iPhoneの電力消費非常に早いです。iOS13の「設定」>「バッテリー」をクリックして下にスライドすると、過去24時間または10日間で最も電力を消費しているアプリをすばやく見つけることができます。 犯人は通常、LINE、Facebook、またはYouTubeがトップ3(これらのアプリは非常に省電力だとは思わないでください)、または頻繁に使用されるアプリ、ゲームです。

方法2.バッテリーの状態を確認する

自分でiPhoneのバッテリーの状態を確認することもできます。「設定」ー「バッテリー」ー「バッテリーの状態」でバッテリーの状態を確認してください。80%未満の場合は、バッテリーが劣化していることがわかり、充電後すぐに電池がなくなっても当然です。電池交換のをしてください。また、率を効果的に伸ばすために、「最適化された電池の充電」をオンにして、電池の劣化スピードを遅くします。

方法3.システムの位置情報サービスを閉じる

iOS 13には多くの非表示のシステムサービスロケーション機能があり、その一部は必要でないため、直接オフにしてください。
操作方法:「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」、「位置情報を共有、位置情報に基づくApple Ads、HomeKit、Wi-Fiネットワーク、この近くで人気、 iPhone解析」の6つのオプションはオフにします。これにより、iPhoneシステムサービスが常にバックグラウンドで動作することも効果的に削減されます。

方法4. APP位置情報サービスを閉じる

多くアプリは位置情報サービス機能が必要としません。補助効果もありません。例えば、音楽、アリペイ、野外、PCHOMEなどのアプリです。これらのアプリの位置情報サービス機能をオフにすることを提案します。
操作方法:「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」、位置情報サービスをオフにするアプリを選択し、「なし」に変更します。

方法5.アプリのバックグラウンド更新を閉じる

「バックグラウンドアプリの更新」は、複数のタスクを支援する目的で使用されます。たとえば、iPhoneがアプリを終了してメイン画面に戻ったとき、実際には閉じられていません。バックグラウンドでアプリが自動的に更新されてます。 この機能をオフにしてください!
操作方法:「設定」「一般」「APPのバックグラウンド更新」、「バックグラウンドアプリの更新」アイテムをオフにするか開いたままにします。下部のアプリのリストから、バックグラウンドで自動的に更新する必要があるアプリのみを選択します 。これにより、必要のないアプリがバックグラウンドで更新せず効果的に省電力になります。

移動6.Handoff機能をオフにする

「Handoff」機能は、主にiCloudアカウントと連携して、複数のiPhone、iPad、Macデバイス間でデータなどを自由に交換して使用できる機能です。この機能を頻繁に使用しない場合は、オフにすることをお勧めします。
操作方法:「設定」「一般」「AirPlayとHandoff」、「Handoff」機能をオフにします。

方法7. App Storeの自動更新機能をオフにする

不定期に更新されるアプリが多すぎてユーザーが手動で更新するのが面倒になるため、App Storeはアプリの機能を自動的に更新します。この自動更新は逆効果が生じます。例えばスマートフォンの電源が切れそうな時に、App Storeには、更新が必要な新しいアプリがあり、アプリが自動的に更新し、電力が消費されます。
したがって、手動更新を選択することをお勧めします。アプリを更新するタイミングを選択できるようにします。
操作方法は、「設定」>「iTunesとApp Store」にあり、「APPのアップデート」を閉じると問題が解決します。

方法8.「 iPhone解析を共有」をオフにする

Appleは、サービスを改善および強化するために、iOSシステムでの「iPhoneの解析を共有」を有効にし、毎日収集される診断および使用状況データを自動的アップデートします。また、主にApple製品およびサービスを改善するための位置情報も含まれます。
「 iPhone解析を共有」をオンにすると、毎日データを記録してサーバーに戻すため、間違いなく消費電力が増加します。この機能をオフにすることをお勧めします。
操作方法:「設定」>「プライバシー」から下にスライドして、「解析および改善」をクリックし、「iPhone解析を共有」機能を無効にします。

方法9.「追跡型広告を制限」をオフにする

最高の広告体験を提供するために、Appleはユーザーの興味に基づいて広告を提供します(自らの宣伝できますが、他のメーカーでは許可されていません)。Appleに密かに広告を追跡されないようにする場合は、この機能をオフすることをお勧めします。 追跡されていると、電力を消費します。
操作方法:「設定」>「プライバシー」>「広告」、「追跡型広告を制限」をオンにします。

方法10. OLED画面の電力を節約したい場合は、ダークモードを使用してください

iOS 13は正式に「ダークモード」スタイルを追加しました。有名なプロの画面評価WebサイトiDisplayMateは、iPhone 11 ProシリーズOLED画面を特別に評価しました。ライトモードからダークモードに切り替えると、電力が4.2ワットから0.2ワットに削減されることも確認されました。 バッテリーの電力消費を効果的に改善します。電力を節約したい場合は、OLEDモデルを「ダーク」モードに切り替え、バッテリーの寿命を長くすることをお勧めします。
OLED機種:iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11 Pro、操作方法:「設定」>「画面表示と明るさ」で外観を「ダーク」に変更します。

方法11.「True Tone」機能をオフにする

Appleは独自の「True Tone」機能を追加したため、周囲の光に応じてiPhone画面を自動的に調整できるため、さまざまな環境で色と明るさが同じに見えます。この便利な機能により、デバイスが常に検出し続けます。 それほど大きな違いはないと感じているのであれば、オフにすることを検討してください。
操作方法:「設定」>「画面の表示と明るさ」で「True Tone」がオフにします。

方法12.「手前に傾けてスリープ解除」機能をオンにするかオフにするか判断する

デバイスiPhoneを持ち上げれば自働的に画面が明るくなります。「手前に傾けてスリープ解除」機能で実現されているためです。この机能にも少なからず迷惑がかかる場合もある。デバイスを手にすることに慣れているユーザーは、画面を見に行かなくても、画面を持ち上げれば自働的に明るくなり、かえって消費電力が大きくなることに気づくでしょう。
以上のような問題があれば、この機能をオフにしてください。「設定」>「画面表示と明るさ」で「手前に傾けてスリープ解除」をオフにします。この機能をオフにしても,画面をクリックすることで同様に画面を呼び覚まし機能を実現できます。

方法13.画面の自動ロック時間を調整する

iOS 13システムは、ユーザーが画面を見ているかどうかを自動的にチェックします。見ていると検出された場合、iPhoneの画面は暗くなりません。見ていないと検出された場合、しばらくすると画面が暗くなります。どのぐらい経って自動的に暗くなるのは設定できます。 通常は30秒または1分を選択することをお勧めします。
操作方法:「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」で希望の時間を設定します。1分以上に設定することはお勧めしません。

方法14. iPhoneが新しいデータを自動的に取得するまでの時間を延長する

iOS 13システムには、メール、カレンダー、アドレス帳、メモ機能が最新のデータを自動的に取得します。常にデータを同期して確認する必要がない場合は、時間を延長して新しいデータを取得することをお勧めします。
操作方法:「設定」>「パスワードとアカウント」>「データの取得方法」を選択し、「1時間ごとまたは30分ごと」を選択します。

方法15.Hey Siriをオフにして、アシスタントを簡単に呼び出せないようにする
映画、ドラマを見ている時、電話で話している時、友達とチャットしている時

「Hey Siri」と似たようなトーンがあれば、Hey Siri機能を自動的に起動します。このようなことが繰り返して起こりたくない場合や、 Hei Siri機能をほとんど使わなければ、この機能をオフにすることをお勧めします。
操作方法:「設定」>「Siriと検索」で「Hey Siriを聞き取る」をオフにします。

方法16.ウィジェットウィジェットの整理

iPhoneには非常に使いやすいガジェット機能があり、お気に入りのアプリの情報をすばやく閲覧できますが、一部のガジェットは常にバックグラウンドで配置または処理し続ける必要がある場合があります。通常、特定の種類のガジェットが必要ない場合は、それを閉じることがお勧めします 。下にスライドして「編集」をクリックすると、ひつようのないアプリを閉じることができます。

方法17.ダイナミックエフェクト機能をオフにするiPhoneのトランジション効果をより目立たせるために、Appleはいくつかの動的ズーム効果を追加します

これらの効果は、実際には古いデバイスでは非常にリソースを消費します。動的効果をオフにして、電力消費を減らすことをお勧めします。
場所の設定:[設定]> [アクセシビリティ]>[動作]で、[視差効果を減らす]をオンにし、[メッセージエフェクト自動再生]をオフにし、[ビデオプレビューを自動再生]をオフにします。

方法18.重要でなく迷惑なアプリの通知を閉じる

毎日皆さんの携帯にたくさんのアプリから役に立たないメッセージや広告がプッシュされることがあると思いますが、実際にはこれらのそれほど重要でないアプリのメッセージや広告を手動で閉じることができます。
操作方法:「設定」>「通知」内にあるアプリをもう一度確認します。これらのアプリの通知機能を開く必要がなければ。クリックして閉じます。こうすると毎日役に立たないメッセージや広告に悩まされることはありません。

方法19.通常AirDrop機能をオフにする

AirDrop機能は、主に近くのすべての関連するAppleデバイスが写真やファイルファイルを互いに共有できるようにすることを目的としています。使用していないときは、この機能をオフにして、バックグラウンドで実行されて電力消費が発生するのを防ぎ、さらには、見知らぬ人に変な写真が転送されること防止できます。
操作方法は、画面の右上をスライドして、コントロールセンターを保表示します、左上隅の部分を長押して、「AirDrop受信しない」ボタンをクリックし、「受信しない」に変更してさらに電力を節約します。

トリック20.睡眠中に機内モードをオンにする

通常、眠っているときに、電話に出ることはできません。スマートフォンをインターネットに接続したままにする必要はありません。機内モードを直接オンにすると、電力を節約できます。
この機能をオンにすると、不在着信や通知が発生しますが、24時間待機していない場合は、この機能をオンにすると、電力消費率を元の夜の10%から1%〜3に大幅に削減できます。そうしないと通知音が聞こえるため、睡眠の質が低下します。
同時に、電波が脳や身体に干渉しないように、睡眠中は頭を携帯電話に近づけないようにすることをお勧めします。

上記の説明を読ん実行すれば、iOS13の消費電力問題が改善されるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です