Intel会社はTiger Lakeプロセッサの発売を予定し、これからの7nmプロセス製品の性能が大幅に向上します

Intel会社は今年の後半で10 nm SuperFinプロセスで作られる「Tiger Lake」という第11世代のCore iシリーズプロセッサを発表する予定です。CPUはWillow Cove構造で、Sunny Cove構造の「Ice Lake」という第10世代のCore iシリーズプロセッサより、性能が6%向上しました。次に発表する予定の「Alder Lake」プロセッサと後続のプロセッサ製品の性能について期待でき、マルチコア設計へ力を注ぎます。

Intel会社の公開情報によると、Thunderbolt 4及び単体GPUの「DG1」を統合する「Tiger Lake」という第11世代のCore iシリーズプロセッサに搭載します。これより、ノートパソコンのプロセッサのコンピューティングパフォーマンスとゲーム実行能力、AI処理のパフォーマンスが大幅に向上し、プロセッサコアの数も4コアからと想定します。

それに、ノートパソコン向け、14nm製造プロセスの「Ice Lake」という第10世代Core iシリーズプロセッサと比べると、「Comet Lake」という第10世代Core iシリーズプロセッサはデスクトップ向けの設定です。発表する予定の「Tiger Lake」という第11世代Core iシリーズプロセッサはデスクトップやノートパソコン両方に対応します。これより、第11世代Core iシリーズプロセッサ以降、プロセッサ製品が統合され、多端末の種類に対応します。

ただし、Intel会社は14nm製造プロセスやSkylakeマイクロアーキテクチャでより高いコンピューティングパフォーマンスのある「Rocket Lake」というプロセッサ製品を中心に作り上げていく予定です。

コンピューティングパフォーマンスから見ると、10nm製造プロセスで、CPUアーキテクチャSunny Coveが搭載された「Ice Lake」というプロセッサは14nm製造プロセスで、「Skylake」というプロセッサよりコンピューティングパフォーマンスが18%向上します。仮に10nm SuperFin製造プロセスで、CPUアーキテクチャWillow Coveが搭載された「Tiger Lake」というプロセッサは「Skylake」というプロセッサより演算性能が25%向上し、「Ice Lake」プロセッサより6%向上します。

予想の10nm ++製造プロセスとCPUアーキテクチャGolden Coveが搭載された「Alder Lake」というプロセッサは「Tiger Lake」というプロセッサより性能が20%向上します。「Lakefield」のようなプロセッサが搭載する予定で、コア数が16まで増加し、そして8+8の配列で、AMDの製品と競争します。

「Alder Lake」というプロセッサ以降、7nm製造プロセスで、CPUアーキテクチャOcean Coveが搭載する予定です。演算性能が「c」プロセッサより20%向上すると想定されます。ライバルのAMD製品に追いかけるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です