20 October, 2020

Intel Delayed Launcherとは何ですか?どうやって無効にしますか?

最近、Win10 OSのユーザーは、コンピューターのスタートアップアイテムにIntel Delayed Launcherが時々表示されると報告されています。もちろん、ほとんどのユーザーはIntel Delayed Launcherが何であるか、それが何のために使用されているかを知りません。無効にすることができますか? 無効にした後何か起こるのかについて、次には著者が解説します。

スタートアップアイテムにあるdelayed launcherは、インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジーのスタートアップアイテムであり、起動時に自動的に起動することを禁止できます。

インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジーにより、データの信頼性が強化され、パフォーマンス、応答性、拡張性のレベルが向上します。

Intel Delayed Launcherを無効にした後、コンピューターの起動と使用には影響がありませんが、ディスクストレージの読み取りと書き込みの速度に若干の影響がある可能性があります。

コンピューターが起動時に自動的に実行するMicrosoft(R)Delayed Launcher(svchost.exe)を無効にする方法

プログラムに搭載される機能を使用する。(Windows 10/8/7/Vista/XP)

上計と言えば、システムタスクバーアイコンまたはプログラムの[オプション]及び[設定]メニューを右クリックして、無効にしたいプログラムを無効にする機能があるかどうかを確認します。その機能がなければ、次の方法を参考してください。

Windowsからフォルダを起動する。(Windows 10/8/7/Vista/XP)

[Win]→[すべてのプログラム]→[スタート]をクリックすると、(Windows 7/Vista/XP)プログラムはルートでここから入れます。Startupフォルダにあるプログラムのルートを削除できます。(端末のOSによって、やり方は違います)

Windows 10/8/7/Vista:

  • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\スタートアップ(注意点:このフォルダは隠しフォルダに設定されています。)
  • C:\Users\administrator\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\StartMenu\Programs\スタートアップ

Windows XP:

  • C:\Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programs\スタートアップ
  • C:\Documents and Settings\administrator\Start Menu\Programs\スタートアップ

「スタートアップを無効にする」という一時フォルダを作成し、プログラムのルートをここに移動できます。 プログラムが正しく実行できない場合は、ルートを元に戻すことができます。

Administratorを使用する。(Windows 10/8)

administratorを使用してスタートアップを管理する場合には、次の手順に従って  操作を行ってください。

1、CTRL + SHIFT + ESCを押します。

2、 [スタートアップ]タブが表示されない場合は、[詳細]をクリックして選択してください。

3、 [スタートアップ]タブを選択します。

4、無効にしたいアイテムを右クリックし、[無効化]を選択します。

MSConfigを使用する。(Windows 7/Vista/XP)

Microsoftは、MSConfigを使用して、スタートアップを制御することを推奨していません。 MSConfigはエラーを見つけて隔離する役割ですが、スタートアップを制御する管理プログラムではありません。 MSConfigを使用してスタートアップを制御する場合は、次の手順を実行してください。

1、[スタート]→[ファイル名を指定して実行]→[msconfig]を入力するまたはコマンドプロンプトでmsconfigを入力します。

2、[スタートアップ]タブを選択します。

3、無効化したいスタートアップを見つけ、レ点を外して無効にします。

4、 [OK]をクリックすると、再起動するかどうかを確認する画面が表示されます。 再起動しなければ、変更は再起動した時に実行します。

5、MSConfigでスタートアップのレ点を外すと、[スタートアップのオプションを選択]モードで起動します。 その後、「通常スタートアップ」を選択すると、無効化されたスタートアップが有効にします。

Windows Defenderを使用する。(Windows Vista/XP)

Microsoftは、VistaまたはXP OSでWindows Defender(またはレジストリエディタ)を使用して、コンピューターが起動する時に実行するプログラムを制御することを推奨していました。 Windows Defenderを使用して起動プログラムの実行を無効にするには、次の手順を実行します。

1、 [スタート]→[すべてのプログラム]→[Windows Defender]→[ツール]→[ソフトウェアエクスプローラー]をクリックします。

2、アプリケーションの名前を選択し、[無効にする]をクリックします。

3、[無効にする]をクリックする前に、[すべてのユーザーについて表示](このボタンがある場合)をクリックする必要があることに注意してください。

4、 Windows Defenderを使用して一部のスタートアップ項目を無効にしましたが、再起動または次回の起動する時、スタートアップがリセット可能性があります。この場合には、有効にするのほうがいいです。

レジストリエディタを使用する。(Windows 10/8/7/Vista/XP)

レジストリ エディタ プログラムを使用して、アプリケーションまたはプログラムを編集し、スタートアップを無効にします。この方法は、初心者のコンピューターユーザーには適していません。レジストリ エディタになれていて、任意の変更がパソコンに与える影響がわかる人に適します。レジストリ エディタにある内容を誤って削除してしまうと、Windowsが再起動できないかもしれません。システムが損壊される場合もあるため、ご注意ください。 レジストリエディタを使用する場合は、次の手順を実行してください。
 
● 點擊開始 → 執行 → 輸入regedit 或從命令提示字元 → 輸入regedit

●[スタート]→[フォルダ名を指定して実行]→[regedit]を入力します。

よく使われるキー(Key)は次のとおりです。

HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run
HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ RunOnce
HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ RunServices(主に古いOSまたはマルウェアに対応する)
HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ RunServicesOnce(主に古いOSまたはマルウェアに対応する)
HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run
HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ RunOnce
HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ RunServicesOnce(主に古いOSまたはマルウェアに対応する)

次のキー(Key)も偶に使用されます。(主に古いOSまたはマルウェアに対応する)

HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ Explorer \ Run
HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ Explorer \ Run
HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ WindowsNT \ CurrentVersion \ TerminalServer \ Install \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run

システムレジストリファイルにあるスタートアップを次のように保存します。
[スタート]→[すべてのプログラム]→[スタートアップ]:

HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ SharedTools \ MSConfig \ startupfolder

システムレジストリファイルからロードされたプロジェクト:

HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ SharedTools \ MSConfig \ startupreg

Autorunsを使用する。(Windows 10/8/7/Vista/XP)

Autorunを使用し、スタートアップを制御することをお勧めします。 Autorunはシステムレジストリファイルの変更または復元することに対応できます。Autorunsプログラムは、ここから無料でダウンロードできます。 これを使用してスタートアップを無効にする場合は、次の手順を実行してください。

1、Autorunsが配置されているフォルダを見つけます。

  • Windows10 / 8.1:[Autoruns]アイコンをクリックして、[This PC]を入力します。
  • Windows8:[Autoruns]アイコンをクリックして、[Computer]を入力します。
  • Windows7 / Vista / XP:[スタート]→[PC]

2、[Autoruns.exe]をクリックして実行します。

3、 [ログイン]タブを選択します。

4、無効にしたいスタートアップを見つけ、レ点を外して無効にします。

5、一部のスタートアップが無効にしましたが、再起動または次回の起動する時、スタートアップがリセット可能性があります。この場合には、有効にするのほうがいいです。

サードパーティのソフトウェアを使用する。(Windows 10/8/7 / Vista / XP)

たくさんのソフトウェアはスタートアップを制御することに対応できます。一部のソフトウェアが他の最適化ソフトウェアとあわせて、スタートアップを制御します。それぞれのソフトウェアは異なる程度のスタートアップを制御することに対応できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です