IDP.Genericコンピューターウイルスとは何か、それを削除する方法

Windowsでウイルス対策ソフトウェアまたはゲームソフトウェアを実行している際、IDP.Genericウイルスが検出されたことを示す警告が突然ポップアップしたら、慌てないでください。 良い知らせは、これは誤警報であるかもしれないということです。 悪いニュースは、あなたのコンピューターが実際にトロイの木馬やウイルスに感染している可能性があることです。

まれですが、このウイルスはAndroidデバイスにも感染する可能性があります。

IDP.Genericウイルスの警告は、AVGウイルス対策ソフトウェアがインストールされているコンピューターで最もよく表示されます。 AVGが更新されていない場合、このウイルスが誤って報告されることが多く、Avastソフトウェアをアップグレードするだけで解決します。 しかし、いくつかのケースでは、この警告が表示されたときに、コンピューターがウイルスに感染しています。 つまり、この警告が誤報であると判断する前に、確認する必要があります。

IDP.Genericウイルスとは何ですか?

IDPはIdentity Detection Protectionの略です。 これは、このウイルスがシステムから機密情報の一部を盗んだり、銀行口座情報を比較したりすることを意味します。 2つの状況があります。
1.誤警報。アンチウイルスソフトウェアがすぐにアップグレードされていないため、一部のプログラムファイルが誤って判断され、ウイルスとして識別されました。
2.コンピュータがトロイの木馬に感染している可能性があります。これは、銀行情報を盗み、リモートでコンピュータをコントロールできるコンピュータウイルスの一種です。
誤報が頻繁に発生します。アンチウイルスソフトウェアがすぐにアップグレードされないと、一部の新しいファイルを認識できず、一部の新しいファイルがコンピューターのセキュリティを脅かしていると誤って判断します。 一般的に、これらのファイルの一部のコードまたは動作がコンピュータウイルスであると誤って判断します。

IDP.Genericウイルスの動作は何ですか?

それが誤判断ではない場合、コンピューターはコンピューターのトロイの木馬に感染しています。 このトロイの木馬は、システムのバックグラウンドで実行され、インターネット上で送受信した情報を取得しようとします。また、コンピューター上のローカルファイルを読み取ることもできます。 銀行情報とパスワードをバックグラウンドで盗む可能性があり、大きな被害をもたらします。
IDP.Genericウイルスに感染しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

IDP.Genericウイルスはどのように感染されたのですか?

IDP.Genericなどのトロイの木馬ウイルスは、いくつかの方法でコンピュータに感染する可能性があります。 コンピューターウイルスを含むソフトウェアをインターネットでダウンロードしたか、不明なメールリンクをクリックしてバックグラウンドで密かにウイルスソフトウェアをダウンロードしたか、一部の悪意のあるWebサイトのポップアップウィンドウをクリックしてコンピューターウイルスに感染した可能性があります。
トロイの木馬ウイルスが実行されると、他の悪意のあるプログラムのダウンロード、システム内のさまざまなバグの発見、電子メールプログラムの悪意のある使用などのコンピュータへの悪用し、一連の連鎖反応が発生します。
P2Pを使用してダウンロード(torrents, eMule、その他のツール)、無料のオンラインスペース、無料のソフトウェアダウンロードサイトを使用すると、コンピューターウイルスに感染したファイルをダウンロードしてしまいます。
一部のWebサイトのポップアップ広告は無害に見えますが、実際には多くのマルウェアがこれらのポップアップを購入して、自身のマルウェアを拡散させます。

このウイルスを削除するにはどうすればよいですか?

最良の方法は、市場で比較的大規模なウイルス対策ソフトウェアを使用してコンピューターを保護することです。ハードドライブ全体をスキャンするには数時間かかる場合がありますが、それだけの価値があります。同時に、いくつかの解決方法を皆さんにご紹介します。
1.ほとんどの場合、IDP.Genericウイルスは誤警報であるため、ウイルス対策ソフトウェアをすぐに最新バージョンにアップグレードしてから、最新バージョンでシステムを再確認してください。ウイルス対策ソフトウェアの最新バージョンがまだこのウイルスに感染したと判断した場合は、このウイルスをすばやく削除する必要があります。
場合によっては、IDP.Generic警告は古いバージョンのJavaソフトウェアによって引き起こされます。これが原因かどうかわからない場合は、まずJavaソフトウェアを削除してから、最新バージョンのJavaソフトウェアをダウンロードしてインストールし、この警告が表示されるかどうかを確認します。
2.このウイルスを削除するには、IDP.Genericに関連する特定のアプリをいくつか削除すればよいです。 WindowsとmacOSはどちらも、アプリを削除する簡単な手順を提供します。不審なプログラムを削除した後、ウイルス対策ソフトウェアを再実行して、警告が引き続き表示されるかどうかを確認します。しかし、どのプログラムがウイルスに感染しているかを判別することが難しいです。複数のプログラムが感染している可能性があり、そのうちの1つを削除しても問題が解決しない場合があります。
3.上記の方法が機能しない場合は、いくつかの大規模なウイルス対策ソフトウェアを使用してみてください。その一部はウイルスを削除する可能性があります。
4.最後にウイルスを削除できない場合は、最終的な方法であるシステムリセットを使用できます。 システムリセットを使用して、IDP.Genericに感染する前のシステムを復元します。 ウイルスが感染した後の時点まで回復しても、ウイルスはシステムに残っています。

IDP.Genericウイルスの再度感染を回避する方法

IDP.Genericおよびその他の悪意のあるソフトウェアを感染するリスクを軽減する簡単な方法がいくつかあります。
•ウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新します。 新しいコンピュータウイルスが常に出現するため、これらの新しいウイルスや悪意のあるソフトウェアをチェックして殺すには、最新バージョンのウイルス対策ソフトウェアが必要です。
•出ところ不明な添付ファイルを開かないでください。このメールに疑わしい添付ファイルがある場合は、添付ファイルを開くことは賢明ではありません。
•新しいプログラムをダウンロードするときは注意してください。 公式Webサイトまたはシステムに付属のプログラムマーケットからダウンロードするのは安全です。
•一部の悪意のあるWebサイトにはアクセスしないでください。 ほとんどの場合、IDP.genericなどのウイルスやトロイの木馬は、いくつかの未知の小さなWebサイトを通じて拡散します。
•ポップアップ広告をクリックしないでください。 ポップアップ広告が表示されたら、すぐに閉じて、クリックしないでください。 Webサイトに悪意のあるポップアップが多数ある場合は、このWebサイトにアクセスしないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です