27 September, 2020

iCloudカレンダーでのスパムをブロックし、iCloudを保護する方法

最近では、iPhoneやMacでスパム広告の通知がときどき届くことが増えており、迷惑メールが繰り返しポップアップするため、仕事に支障をきたすことは避けられません。そして、これらのスパムメッセージはカレンダーとアルバムに表示され、非常に迷惑です。

これらのスパム広告は実際にApple iCloudシステムがカレンダーを招待し、アルバムを共有することを利用しています。iCloudの電子メールアドレスを取得したら、広告メッセージをカレンダーの招待状やアルバムの共有に偽装して、直接私たちに送信できます。 iPhoneやMacなどのAppleデバイスでは、組み込みの設定により、これらの招待状はすべてポップアップの通知メッセージになります。

そのため、これは最近、Appleデバイスでより多くの人が遭遇するスパム広告通知の原因になっています。では、これらのスパム通知をどのようにオフにするのでしょうか?

実際、最善の方法は、Appleがシステムを更新するのを待つことですカレンダーとアルバムの招待状を連絡先リストを通じてのみ送信するよう強制するか、より優れた自動スパムフィルタリングメカニズムを提供することです。

ただし、この段階では、ユーザーは一部の組み込み設定からこれらのメッセージをブロックすることしかできません。iCloudカレンダーのスパムの招待を削除して停止する方法はいくつかあります。

方法1. iCloudアカウントからのカレンダーの自動追加を無効にする

これを行うには、iCloud.comにアクセスし、アカウントにログインする必要があります。

1、カレンダーに移動します。 「設定」歯車のアイコンをクリックし、[設定]> [詳細]を選択します

2、下にスクロールして[招待]の項目で、アプリ内通知ではなくメールでイベントの招待を受け取るオプションを選択します。

3、「保存」をクリックします。

スパムの削除は、カレンダーの予定を削除することより簡単です。 1つの注意点:必要なカレンダー通知をメールで定期的に送信すると、重要なカレンダーイベント通知がスパムフォルダーに送信されてしまう可能性があります。 受信トレイから選択して、カレンダーに追加する必要があります。

方法2. カレンダーのスパム招待を完全に削除する

スパムの招待状を電子メールで受け取る代わりに、それらをカレンダーフォルダーに収集して、一度にすべて削除できます。

1、カレンダーアプリケーションを実行し、画面下部の[カレンダー]ボタンをクリックします。

2、「編集」をクリックします。 新しい画面でメッセージが表示されたら、[カレンダーを追加]を選択します。 このカレンダーに「スパム」(またはスパムを簡単に識別できる任意の名前)という名前を付け、画面上部にある[完了]をクリックし、カレンダー画面に戻ります。

3、すべてのスパム招待が、作成したばかりの「スパム」カレンダーに移動されます。

4、画面上部の[カレンダー]をクリックし、スパムカレンダーの横にある[i]ボタンをクリックします。 スパムカレンダーを削除し、メッセージが表示されたら[通知なしで削除]をクリックします。

方法3:「ワンクリックでスパムカレンダー招待をクリーンアップ」アプリケーションを使用する

App StoreはiCloudカレンダー広告をすばやくクリーンアップできるアプリケーション「カレンダークリーンアップ」も登場しました。スパム広告のキーワードを入力して、広告を自動的にスキャンします。 アプリケーションはカレンダーの権限のみを使用し、データを保存またはアップロードしません。

方法4:iCloudを他のメールボックスに切り替える

多くの無料メールボックスに登録されたiCloudアカウントは、スパム広告の攻撃ターゲットです。編者はマイナーなメールボックスに置き換えることをお勧めします。これがEDUキャンパスメールボックスである場合、より効果的です。

•iCloudカレンダーをオフにする
•AppleIDのメールアカウントを別のメールボックスに変更する
•同期できる他のiCloud以外のカレンダーサービスを置き換えます。

Appleアルバムの広告招待をブロックするにはどうすればよいですか?

さらに、iPhoneとMacの「iCloudアルバム」も、スパム広告の共有アルバム通知を受信し始めます。こういう時、これらの招待を直接拒否することに加えて、今後これらのスパムが通知されたくない場合は、次のようにセットアップしてください。

Macの場合、写真アプリを開いた後、写真の「設定」を入力します。

iPhoneの場合、「設定」-「Apple ID iCloud iTunes StoreとApp Store」-「iCloud」-「写真」順にクリックしてください。

普段写真を他の人と共有していない場合は、最後のオプション「共有アルバム」をオフにしてください。そうすると他の人があなたとアルバムを共有できないようにし、スパム通知を受信しなくなります。

ただし、通常iCloud共有アルバムを使用している場合は、このオプションをオンにする必要があります。通知を手動で拒否することしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です