macOSはシステムを再インストールし、自動的に最新バージョンにアップデートする

Macを使用する利点はシステムを再インストールする必要がほとんどないということです。これは初期のWindowsシステムの使用のとは大きく異なります。Windowsシステムはしばらく使うと、段々フリーズすることがありますが、時間をかけてシステムを再インストールすれば新しいコンピュータを手に入れた感覚がするでしょう。Windowsを長く使用するとシステムを再インストールするスキルを身に付けます(今のWindowsシステムがまた同じ状況であるかどうかはわかりません)。

しかし、macOSはそれほど完璧ではなく、システムを何回か再インストールしたような印象しています。数年前にハードディスクに問題があってリコールされ、新たにハードディスクをAPPLEファイルシステムにフォーマットされました(Appleファイルシステム、APFSと呼ばれます)。

すべてのMacユーザーがこの問題に遭遇するわけではありませんが、ある日macOSシステムを再インストールしたい場合は、この記事の説明を参照して、お金をかけて他の人に助けを求め貰う必要がなく、自分でも操作できます。(他人に修理してもらう場合は、デバイスを離れたらファイルのセキュリティから考えても比較的不安全です)。

Macへのシステムの再インストールは非常に簡単です。Windowsのようにインストールイメージファイルまたはプログラムをダウンロードしなければならないことと違って、組み込みのOSXツールプログラムを通して再起動時に自動的にインストール機能に入り、インターネットからmacOSを自動的にダウンロードできます。

ただし、macOSを再インストールする前に、手元にある重要なデータをバックアップしてください。iCloudなどのクラウドハードドライブを使用してファイルを同期するか、本物のデバイスTime Machineを使用してバックアップすることでもいいですが、先ずは重要なデータを保存してから安心的にインストールしてください。インストールしてからまた復元すればよいのです。

バッテリーの劣化によるバッテリー航続力不足の問題を解決するために私は最近、外出用のMacBook Airのバッテリーを交換したため、ついでに時間をかかってシステムを更新しました。このプロセスを必要な読者に参考として提供します。

システムを再インストールすることに関しては話せることは沢山ありますが、一番質問の多いなのはやはりなぜ再インストールが必要なのかとのことです。下記はいくつかの理由を纏めています。

  • システムは異常であり、修復または設定で問題が解決できません。
  • システムのメジャーバージョンが更新され、再インストールによるアップグレード後にMacがより安定します。
  • ウェルス感染。Macがウェルス感染の可能性は非常に低いですが、MacKeeperなどの不正なソフトウェアがインストールされている場合はやはりダメージを受けます。
  • 中古品として販売、他の人に渡す前には、システム再インストールすべきです。

macOSを再インストールする

出荷設定に戻し、元のmacOSバージョンを使用します

以下は、例としてMacBook Air 2012、macOS 10.14 Mojaveを使用しています。著者の元のシステムはmacOS 10.12 Sierraで、出荷時にOS X 10.8 Mountain Lionがプリロードされています。 再インストールするとワイヤレスネットワークの環境が必要です。

ステップ1

まず、起動時にAppleロゴ画面が表示されたらすぐに以下組み合わせキーを選んで押します。

  • Command(⌘)-R:Macにダウンロードされている最新バージョンのmacOSをインストールします。
  • Option -⌘-R:Macと互換性のある最新のmacOSにアップグレードします。
  • Shift-Option -⌘-R:Macに付属のmacOS、または現在入手可能な最も近いバージョンをインストールします。

著者の場合、10.12の10.12.6にアップグレードする場合は一番目の組み合わせキーを使用します。最新の10.14 Mojave(最新バージョンは10.14.6)にアップグレードする場合は、二つ目の組み合わせキーを使用します。出荷時の最初に提供された10.8 Mountain Lionに戻るには3つ目の組み合わせキーを使用します。(最も古いバージョンがもう提供していない場合は、最も近いバージョンを選択できます。)

ステップ2

OSXに入る前に、macOSは利用可能なWiFiワイヤレスネットワークに接続するようユーザーに要求します。

ステップ3

次に、OSXから[OSXの再インストール]をクリックします。これは、システムを再構築して元の工場出荷時の設定を復元する最も簡単で最速の方法でもあります。ツールプログラムでは、TimeMachineからバックアップの復元を選択することもできます(macOSが破損していてシステムに正常にサインインできない場合は、ここで復元することもできます)。最も重要な「ディスクユーティリティ」もあります。

一般的に言えば、「ディスクユーティリティ」の「クリア」機能を使用してすべてのセクターを削除し、必要な配置方式に再分割することができます。これはディスクのフォーマットに似ていることに注意してください。 ハードディスク上の元のファイルはすべて消え、復元できなくなりますので、事前にデータをバックアップしてください。

ステップ4

この方法で、Macのオペレーティングシステムを再インストールできます。

最新のmacOSバージョンでコンピューターを再インストールします。

ステップ1

多くのユーザーは古いバージョンを使い続けるつもりはありません。ほとんどの場合、安定版(Stable)によってリリースされるとそれを使い、そしてできるだけ新しいテクノロジを使用します。日常業務ではどうしても古いバージョンを使用しないといけない理由はありません。 何かをテストするときに新しいバージョンを使用すると、より現在の状況に近づきます。

したがって、再起動後にOption-⌘-R組み合わせキーを押すと再インストール時に最新バージョンのmacOSをインストールできます。

ステップ2

Mojaveにアップグレード時、問題が発生しました。元のハードドライブに「GUIDパーティション分割テーブル」の構造がありません。OSXからの提示では、Mojaveのインストールを続行するには、元のハードドライブをクリアして構造を再選択する必要があります。

「ディスクユーティリティ」で左上隅のオプションをクリックし、ドロップダウンメニューから[すべてのデバイスを表示]をクリックします。

次に、左からクリア、フォーマットしたいハードドライブを選択したら下に[アーキテクチャ]オプションが表示されます。Mojaveをインストールする場合は必ず[GUIDパーティション分割テーブル]を選択してください。フォーマットの部分では[APFS]を使用することをお勧めします。パフォーマンスの最大化にすることができるためです。。

ステップ3

次に、ディスクユーティリティを終了し、ホームに戻って「macOSの再インストール」を選択してMacに再インストールができます。

macOSのインストールプロセスに従って操作するとそれほど難しくありません。プロセス全体には約30分ぐらいかかります。前述のように、macOSはワイヤレスネットワーク経由で必要なインストールプログラムをダウンロードするため、別のUSBやインストールプログラムを準備する必要はありません。 非常に簡単で便利です。 MacBookを使用しているなら電源を接続したままにするほうが安全だと思います。(つまり、コンセントを差し込んだままです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です