ホーム > >

マウスパッドの洗い方

マウスパッドを使用すると、マウスをよりスムーズに動かすことができます。 一部のマウスパッドには、手首を支えることができる隆起したクッションもあります。 ただし、長期間使用すると、マウスパッドが汚れて、徹底的なクリーニングが必要になる場合があります。 この記事では、マウスパッドの洗い方を説明します。

手順

1、マウスパッドの材質を確認します。 マウスパッドは通常スポンジフォームでできており、表面は上質な生地またはプラスチックの層で覆われています。

2、マウスパッドの材質によって洗い方も異なります。

周辺機器のマウスやキーボードと比較して、マウスパッドの寿命は短いため、消耗品と見なし、寿命は通常約1〜2年です。材質について 従来の布パッド、コーティングされたマウスパッド、ハードタイプの樹脂パッド、金属パッドなど、さまざまな種類のマウスパッド材料があります。 同じマウスパッドですが、素材の違いにより、洗い方も異なります。

金属製のマウスパッド

金属製のマウスパッドは一般的にアルミニウム合金でできています。この種のハードタイプのマウスパッドは、布製パッドよりも大きなメリットがあります。つまり、水やほこりがマウスパッドに浸透しないため、洗い方は比較的簡単で、水で直接すすぐか、ブラシを使用して軽く擦るか、濡れたタオルで拭き取るだけで済みます。

ハードタイプの樹脂マウスパッドと合成素材マウスパッド

この種のマウスパッドは、ゲーマーが最もよく使用するものの1つであり、すばやく移動して正確にコントロールすることができます。さらに、プラスチック製のマウスパッドは、非常に滑らかで、制御が比較的安定しており、位置決めの精度が高いです 。 洗い方もとても簡単です。マウスパッドが汚れている場合は、直接水で洗い流してから涼しい場所に置いて乾かしてください。日光直射することはお勧めしません。

布製マウスパッド

布製のマウスパッドは、洗い方が最も難しいものの1つです。その理由は、マウスパッドの表面だけでなく、マウスパッドの内部にも汚れが浸透しています。最も簡単な洗い方は、マウスパッドをきれいな水にしばらく浸し、少量の洗剤を塗ってきれいにします。古い歯ブラシを使って軽くこすります。力を入れないでください。歯ブラシも柔らかい毛の古いものでなければなりません。そうしないと、マウスパッドが損傷します。 数回ブラッシングを繰り返すと、マウスパッドはきれいになり、基本的に元の感触を復元できます。 ただし、これの欠点は、もともと寿命が短いマウスパッドの寿命がさらに短くなることです。

マウスパッドの表面が布でできている場合は、湿らせた布またはシャンプーに浸したタオルを使用して、マウスパッドをそっと拭きます。 シャンプーは優しくて、肌やほとんどの生地にダメージを与えず、家庭のよくあるもので使用するのに便利です。
マウスパッドの表面がプラスチックで覆われている場合は、スプレータイプの家庭用クリーナーと布またはスポンジでマウスパッドを洗浄することをお勧めします。 食器洗い液やシャンプーも洗浄剤として使用できます。

3、マウスパッド上の洗剤を洗い流します。

4、マウスパッドについている水を落とします。

5、マウスパッドを完全に乾かします。 マウスパッドは、再利用する前に完全に乾かす必要があります。

ヒント

  • マウスパッドの表面材質が内側のスポンジから離れている場合、またはマウスパッドが汚れすぎて清掃できない場合は、新しいものと交換してください。
  • マウスパッドが乾くのを待っている間に、マウスとマウスパッドの下のデスクに粘着している汚れを取り除いてください。
  • デスクが木の材質の場合は、マウスが乾かす時間を延ばす必要があります。
  • マウスパッドの色があせるかどうかわからない場合は、最初にマウスパッドの一角を濡らして確認してください。
  • 濡れたマウスパッドの上にマウスを置かないでください。使用する前にマウスパッドを必ず乾かす必要があります。
  • 汚れても大丈夫な布やタオルでマウスパッドを拭いてください。

マウスパッドのメンテナンスに関する注意事項

1、洗浄時にブラシを使用しないでください。 (主に布製マウスパッドに)

2、洗濯機を使用せず、手で洗ってください。 (特に洗濯機は金属やプラスチックのマウスパッドを洗ってはいけません)

3、こすったり、ねじったり、こねたりしないようにしてください。

4、粉末洗浄剤などのアルカリ性の強い洗剤は使用しないでください。

5、清掃後は、吊るして乾かしたり、日光に当てたりしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です